■プロフィール

Anesth1975

Author:Anesth1975
1975年2月生まれ 麻酔科医

健診でIgA腎症が発覚。

医者が患者の立場になってみて初めてわかったこと、感じたことなどを綴っていこうと思います。

'13.12.10 腎臓内科初診
'13.12.17 腎生検目的で入院
'13.12.18 腎生検 
'13.12.21 退院 食事制限開始
'14.01.06 診断確定
'14.01.29 扁摘パルス目的で入院
'14.01.30 口蓋扁桃摘出
'14.02.05 パルス1クール開始
'14.02.12 パルス2クール開始
'14.02.19 パルス3クール開始
'14.02.21 退院 → 4週毎の外来受診
'14.11.04 食事制限解除
'14.12.02 寛解のお言葉を頂戴する
'15.01.27 外来受診8週毎に
'15.09.09 外来受診12週毎に

現在の処方 '14.12.02〜
 オルメテック(20mg) 1錠
 ノルバスク(5mg)1錠

■ご訪問者数

since Feb.13, 2014

■クリック頂けると励みになります

にほんブログ村 病気ブログ IgA腎症へ

■ブロとも一覧
■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■ランキングに参加しています

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■リンク
冷静沈着
自分という人間について記すと宣言したものの、なかなか実行できずにいました。
実際にやろうとすると、結構勇気が要ります。

他人から見て、私は「冷静沈着」な人物のようです。今まで多くの人からそのように言われてきたので、恐らくそうなのでしょう。
記憶の限りでは、小学生の頃からそう言われてきました。

それならばどんな時にでも慌てることがないのかといえば、実はそうでもありません。ただ、慌てているという表情が外に出ないのです。大人になってから気付いたことですが、私は喜怒哀楽の感情を一切表情に出さないという特技があります。きっと子供の頃からそうだったのだと思います。

大学病院に勤めていた頃は、月に5-6回は当直をしていました。大学病院ですから、夜中や休日でもとんでもない緊急手術が飛び込んでくることがあります。平日の日中であれば人手があるのですが、当直の時間帯は麻酔科医は私、若い医局員、研修医の3人だけ。この3人で、場合によっては2件の手術を同時進行でこなしていました。入ってくる手術によっては、本当にてんやわんやの事態になります。

そんな時は私も心の中では大慌てで心臓がバクバク言っているのですが、周りからは至って冷静に対処しているように見えているようです。

自分という人間について記すと宣言して以来、どんなことを書こうかとずっと考えてきました(それでもなかなか書けずにいますが…)。
色々と考えているうちに、この「感情を表情に出さない」という言葉が、とても重要なキーワードであることに気づきました。

続きはまたいずれ。


スポンサーサイト
私について | 01:06:02 | トラックバック(0) | コメント(0)
麻酔科医が麻薬を所持していた事件について
今晩はとある診療所にて、内科医として当直勤務しております。
先ほどテレビを見ていたら、埼玉県の病院の麻酔科医が医療用麻薬を不法所持して逮捕されたという報道を観ました。

「フェンタニル」という麻薬を手術中に自身に注射しているところを目撃されて発覚し、カバンの中からも注射器に入ったフェンタニルが発見されたとか。

フェンタニルという薬は強力な鎮痛作用を持ついわゆる「麻薬」で、麻酔科医は非常に多用します。手術中の管理や手術後の鎮痛のためにはとても重宝する薬剤で、我々麻酔科医にとってなくてはならない薬といっても過言ではありません。鎮痛作用が主ですが、鎮静作用や呼吸抑制作用も併せもちます。
注射薬と貼付薬がありますが、我々が多用するのは注射薬です。

麻薬の管理・投与は麻薬取締法という法律で厳格に規定されており、また麻薬を投与するには医師免許だけではなく「麻薬施用者」の免許が必要になります(医師であれば都道府県知事に申請することで得られます)。

注射薬の麻薬を使用する場合、ガラス容器(アンプルといいます)から注射器に移してから用い、空になったアンプルも捨ててはいけません。注射器に移した麻薬も余った分は残しておき、所定の伝票に使用量と残量を記載して、注射器に残った残液と空アンプルとともに薬局(この場合は病院内の薬剤を扱う部署の意)に返却しなければなりません。

ではこの麻薬を不正に持ち出すことは可能なのか?と問われれば、残念ながら答えはイエスとなってしまいます。麻酔記録に記載された投与量と、伝票に記載された投与量・残量、注射器に残った残液、この3者に矛盾がなければ問題にならないのです。つまり実際の投与量よりも多く投与したことにして記録を記載し、その分を別の注射器に入れてポケットに入れてしまえば、もうわかりません。ましてや無色透明・無臭の液体ですから、それが麻薬であると確認する術はほぼありません。

ネットニュースに寄せられたコメントを見ていると、「患者に投与せずに自身に使っていたなんて、その患者は十分な麻酔をかけてもらえなかったのではないか」と考える方が多いようですが、おそらくそれはないでしょう。患者さんには十分な量を投与しつつ、さらに多く投与したことにしたと考えた方が自然です。

持ち出そうと思えば持ち出せる麻薬ですが、そんなことをしようなんて思ったこともありませんし、とてもではありませんが自分に射ちたいとは思いません。なぜ自分に射とうと思うのか、理解ができません。

こういう事件が起こると、我々善良な(?)医療従事者まで疑いの目で見られてしまいます。
まったく迷惑な話です。


麻酔科医として | 23:22:23 | トラックバック(0) | コメント(0)
42歳
3日すぎてしまいましたが、2月17日は42回目の誕生日でした。
私はFaceBookを利用していますが、多くの友人からおめでとうと言ってもらえるのは、この歳になっても悪い気はしませんね。

誕生日当日は妻がケーキを用意してくれました。3歳の長男は誕生日というものがまだ理解できていないと思いますが、一緒にローソクを消して、ケーキを食べて大喜びです。

この季節になると、扁摘パルスで入院していた頃のことを思い出します。あれから3年が経ちました。39歳の誕生日を病室で迎えたものでした。職員として入院したおかげで個室に入れてもらえて、不謹慎ながら楽しい入院生活でした。
ステロイドを点滴する日は全く眠くならず、毎晩のようにソチオリンピックを観ていたものでした。そして来年はまた冬季オリンピックの年ですね。月日の経つのは速いものです。


日常(寛解後) | 19:29:07 | トラックバック(0) | コメント(0)
1/21 外来受診
1/10(火)に採血・採尿、1/21(土)に受診でした。
季節外れの夏休みをいただき、1/14〜1/20で家族旅行に出かけていたため、検査と受診の間が11日もあいてしまいました。検査データ自体は1/10の時点ですでに自分で見てあったので、別に問題はないのですが。

潜血 − (前回 −)
蛋白 − (前回 −)
尿比重 1.002
Cre 0.86 (前回 0.89)
BUN 11 (前回 10)
eGFR 78 (前回 76)

特に変化なし、です。
飲水療法のせいで尿比重が異常低値になっておりますが…。

今までも何度か書いたかと思いますが、尿の潜血や蛋白というのは量ではなく濃さを測るものです。本来は潜血や蛋白がプラスになるべき病態であっても、飲水療法によって尿が薄くなることで、見かけ上マイナスになってしまう可能性もあるのではないかという心配があったので質問してみました。

「(尿が)薄くなっても、出ていればプラスになります。先生(私のこと)の場合は赤血球もゼロですし、まず大丈夫だと思います。」
とのことでした。

そういえば前回の受診報告で、飲水療法として1日2リットルの水を飲むように指示されたと書きましたが、3リットルの間違いでした…( ꒪⌓꒪)。かなりの量です。まあ頑張ってみます。

飲水療法が有効である理由についても話してくれましたが、なにぶん専門外なもので、細かい用語に自信がないのでここでは書かないことにします。今後論文を読み、私自身が理解できるようになった時に改めて紹介させていただきます。

処方は変わらず。次回は3/28(火)に採血・採尿、4/1(土)に受診です。


受診報告(寛解後) | 01:18:45 | トラックバック(0) | コメント(0)
自分を客観的に評価する
なんだか妙なタイトルになってしまいました。

このブログを始めておよそ3年が経ちました。このブログの一番の目的は、「記録を残すこと」です。

そして記録を残したいと思った理由は、
①当時の自分もIgA腎症の先輩方のブログがとても参考になり、そして大きく力づけられたことから、自分も誰かの役に立ちたいから
②自分の気持ちや考え方を目に見える形で残したいから
でした。

①については現在GFRの数値に不安があるものの、とりあえず寛解に漕ぎつけたので、ほぼその目的は果たしたと考えています。同じ病気で悩む方々にとって、運よく寛解してしまった人間の自慢話など読んでも面白くないだろうと思うのです。実はこれは、ブログの更新頻度が下がってしまった理由の一つでもあります。

そこで②です。
諸先輩方にに比べればまだまだ若輩者ですが、ここまで生きてきて、或いは医者として社会人として17年間働いてきて、自分がどういう人間なのかということが徐々にわかってきました。ただそれは漠然としたものなので、今後はその断片について、思いついたときに文章にして記してみようかと思います。その都度思いつきで書くつもりですので、企画倒れになるかも知れません。私のブラックな部分に言及せざるを得なくなるかも知れないため少々勇気が要りますが、よろしければご覧ください。


その手始めとして、今回のタイトルについて。
自分の能力・性格・立場などを客観的に評価するということは、とても大切なことだと思っています。自分の良い部分も悪い部分もある程度は理解しておかないと、行動を誤る怖れがあります。良い部分に関しては大いに自信を持って良いと思いますし、悪い部分についても冷静に受け止めるべきでしょう。

自分の能力を過信して虚勢を張る人と関わるのは言うまでもなく不快ですし、逆に能力があるにも関わらず自分を卑下してばかりいるような人は、他人から見ればイヤミでしかありません。

常に謙虚な姿勢を保ちながら、傲慢にならず、卑下もしないというバランス感覚が必要なのだと思います。
ただ残念ながら、私がそれを実践できているかどうかを評価するのは他人ですので、私は一生それを知ることはできないのですよね(笑)。



麻酔科医として | 00:24:40 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad