■プロフィール

Anesth1975

Author:Anesth1975
1975年2月生まれ 麻酔科医

健診でIgA腎症が発覚。

医者が患者の立場になってみて初めてわかったこと、感じたことなどを綴っていこうと思います。

'13.12.10 腎臓内科初診
'13.12.17 腎生検目的で入院
'13.12.18 腎生検 
'13.12.21 退院 食事制限開始
'14.01.06 診断確定
'14.01.29 扁摘パルス目的で入院
'14.01.30 口蓋扁桃摘出
'14.02.05 パルス1クール開始
'14.02.12 パルス2クール開始
'14.02.19 パルス3クール開始
'14.02.21 退院 → 4週毎の外来受診
'14.11.04 食事制限解除
'14.12.02 寛解のお言葉を頂戴する
'15.01.27 外来受診8週毎に
'15.09.09 外来受診12週毎に

現在の処方 '14.12.02〜
 オルメテック(20mg) 1錠
 ノルバスク(5mg)1錠

■個別の連絡をご希望の方は以下のフォームをご利用ください

名前:
メール:
件名:
本文:

■クリック頂けると励みになります

にほんブログ村 病気ブログ IgA腎症へ


■ご訪問者数

since Feb.13, 2014

■ブロとも一覧
■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■ランキングに参加しています

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
医学部入試「不正」問題に関する一考察
東京医科大学・順天堂大学医学部・昭和大学医学部と入学試験の「不正」が「発覚」し、そのうちの昭和大学は謝罪会見を行う事態となりました。
ここいらで幕引きかな〜と思っていたのですが、案の定、この問題に関する報道は沈静化の方向に向かっているように感じます。

今回の騒動の発端となった、東京医科大学の裏口入学については私も不正だと思います。しかしその後で次々と「発覚」した問題に関しては、私は不正だとは考えていません。おそらく違法性もないと思います。賛否両論あるかとは思いますが、「一定以上の学力を有し、採用する側から欲しいと思われる人材が合格する」というのが私の考えです。これは何も医学部に限ったことではなく、さらには大学に限ったことでもないと思います。

「募集要項に書いていない!」という声が多いようですが、では募集要項に「学力試験の点数順に最終合格者を決定する」と書いてあるのでしょうか?確認したわけではありませんが、そんな記載は絶対にないでしょう。

私立大学医学部の一次試験・二次試験は、プロ野球のペナントレースとクライマックスシリーズのようなものだと私は考えます。一次試験に合格する=ペナントレースで3位以内に入る、二次試験に合格する=クライマックスシリーズを勝ち抜く、ということです。ペナントレースで3位以内に入ればどのチームでもリーグの代表になる資格があり、しかし3チームとも平等というわけではなく、上位チームほど優遇措置があります。同様に、一次試験に合格すれば誰でも最終的な合格を手にする資格があり、しかし一次試験の高得点者ほど有利である、ということです。

私が不正とは思わない事柄については「不正」とカギ括弧をつけて表記しています。「発覚」についても同様です。別段、隠されていた事実ではないことがほとんどだからです。

そもそも本来、問題となったのは文部科学省の収賄でした。裏口入学という名の賄賂をもらったことが問題だったのです。それがいつの間にか話がすり替わり、私立大学医学部の「不正」入試にばかり注目が集まるようになりました。

私は国公立大学を含めた全ての医学部の入試で、多かれ少なかれある程度の操作は行われていると考えています(あくまで私見です)。ところがポツッポツッと数校だけが取り沙汰され、マスコミが騒ぎました。この一連の流れの中で、そのタイミングや大学名を見るにつけ、なんとも言えない不自然さを感じずにはいられませんでした。

日本国民がこの「不正」問題で騒ぐことによって、トクをするのは誰か?
ここに私の感じる不自然さに対する答えがあるように思います。

すべての「不正」が問題になれば、日本中の医学部が大混乱し、さらには日本の医療そのものの問題に発展しかねません。しかしそうなる前に、数校だけが槍玉にあがっただけで事態は沈静化に向かっています。これも何かを物語っているように感じます。


スポンサーサイト
麻酔科医として | 17:23:49 | トラックバック(0) | コメント(0)
IgA腎症患者としての私の近況
お久しぶりです。

8月上旬頃にひいた風邪が長引き、例によって咳だけがなかなか治らないという状況が続いていました。それに伴ってか、肩コリがひどくて時に頭痛が起こる始末。
体調が良くないけれど悪いというほどでもなく、仕事にも差し支えることはないけれど元気に働けるわけでもないという日々を過ごしていました。

できるだけ体を休めようと早く寝るよう努めていたら、ブログの更新がすっかりご無沙汰となってしまいました。
体調はようやく戻りました。


10/16に採血採尿、10/20に外来受診してきました。
昨年の1/21の受診(検査は1/10)以来、受診のご報告を全くしておりませんでしたので、まとめてご報告しておこうかと思います。

20172018
01/1003/2806/1309/1211/2802/1304/1707/1710/16
BUN1197.610.510.98.414.28.813.3
Cre0.860.900.820.840.820.880.880.750.90
eGFR7875.082.580.382.576.375.890.374.0
潜血--------
タンパク------±±-

とくに大きな変化はありません。
クレアチニン(Cre)の値は正常範囲内とはいえ若干高めで、糸球体濾過量(GFR)はCre値から計算で出る数字なので、こちらも正常〜軽度低下のあたりをウロチョロしている感じです。まあ問題ないでしょう。

先日の受診でも、主治医によれば「もう腎症の活動性は無いと言えるでしょう」とのことでした。
降圧薬の処方もずっと変わっていません。

日常生活ではIgA腎症のことはほとんど忘れており、食事の制限もしていません。
ただ減塩のクセはついたままで、調味料はあまりかけないようになりました。また、外食では味噌汁や漬物は半分残すことにしています。効果は微々たるものだと思いますが、心構えとして。


今年の夏、私の母方の祖父が97歳で他界しました。冬に患ったインフルエンザがきっかけとなって急に衰え、静かに世を去りました。かといって身体のどこかが悪いというわけでもなく、死因は「老衰」でした。
祖母ももう90歳ですが、まだまだ元気でシャキシャキしています。70年連れ添った祖父を喪って寂しそうではあるものの、介護から解放されたせいか体調は以前にも増して良くなっているように見えます。

祖父母のようにとまではいかないまでも、子供たちのためにもできるだけ長く元気でいたいと思います。



受診報告(寛解後) | 22:41:21 | トラックバック(0) | コメント(0)
東京医科大学の裏口入学事件を見て思うこと④-これで最後です-
いつの間にか1ヶ月のご無沙汰になってしまいました。
前回お約束した通り、この話題についての投稿は今回で最後にするつもりです。長くなってしまうと思いますが、よろしければお付き合いください。

件の話題も本来は汚職事件であったことなどすっかり忘れ去られ、マスコミの興味は「私立大学医学部合格者の男女比」にばかり向いているようですね。まったく呆れるばかりです。

検索エンジンで、「国立大学」「医学部」「男女比」あたりの単語で検索をかけてみてください。
国公立大学を含めても、男女比が1:1になっている医学部なんてごくごくわずかで、無いに等しいと言っても過言ではありません(東京女子医大はもちろん例外です)。例えば東京大学理科Ⅲ類ではおよそ8:2です。

私立医大→学費が高い→金持ちのボンボンの集まり といった発想で、私立医大の不祥事ともなればマスコミの格好の餌食なんでしょうが、この件に関しては国公立大学だって状況は変わらないのですよ。国も知らなかったはずはありません。そしてこの事実は、いままで隠されていたわけでもありません。

長年このような状況が続いている以上、当然そこには理由があるはずです。そこを論じることなく、ただ「男女差別だ!」と騒ぎ立てることにどれだけの意義があるのでしょうか?
海外と比較する論調も目にしますが、これも無意味です。そもそも外国と日本では医療の制度が違うからです。

この騒ぎもそのうち収束するのでしょう。しかし仮に収束せず、日本中の医学部で合格者の男女比が1:1になるようなことが本当に起これば、いずれ必ず問題が生じるだろうと私は考えます(詳しくは省きますが)。そしてその影響で不利益を被るのは、結局は患者(=国民)です。しかも問題が生じるとしてもそれは今すぐではなく、顕在化するのはさらに10年、20年先のことになるでしょう。つまり、本当に困るのは我々の子供たちの世代です。
マスコミはいったい、この国をどうしたいのでしょうか?


前置きが長くなりましたが、本題に移ります。
もしこの事件が明るみに出なかったら、裏口入学の彼はどうなったか? です。

ネットの書き込みなどを見ると「このまま医者になっていたらと思うと恐ろしい」というような意見が多いようですが、私は必ずしもそうは思いません。このように書くと怒る方も多いとは思いますが、しばらくお付き合いください。

ネットで流れている情報が本当なら、一次試験で10点の上乗せがあったということになります。二次試験では、少なくとも彼だけを優遇するような不正はなかったようです。
東京医大の一次試験は400点満点です。実際の試験問題を見ていないのでわかりませんが、400点満点中の10点とすると、小問2〜3題分程度でしょうか。つまりあと数問正解できていれば、不正な加点がなくても合格できるだけの学力はあったわけです。入学試験には運が作用する部分もあるでしょうから、もし彼の得意分野の出題がたまたま多ければ、普通に合格できた可能性もあるわけです。
ですので、学力そのものに大きな問題があったとは思いません。

ただし、入学後の試験や実習は決して楽ではありません。周りの同級生たちと同じようにやっていれば大抵は大丈夫なのですが、やはり真面目さや器用さや根気、あるいは「医者になりたい」という意思がないと容易に脱落します。
他の学部と違って選択科目なんてありません。小中学生のように全員がひとつの教室で、同じ時間割で授業を受けます。ひとつでも単位が足りなければ留年します。
実習では夜遅くなったり、レポートや宿直などで朝までかかることもザラでした(私の頃はです)。
国家試験は合格率こそ8〜9割ですが、だからといって簡単というわけではありません(時折マスコミのこういう論調を目にしますが、本当に腹が立ちます)。苦労して医学部に入学して卒業しても、これに合格できなければ全てパーになるのです。皆必死に勉強するからこそ、これだけの合格率になるのです。

私の印象では、医学部に入学しても数%〜1割程度は最終的に医者になれない学生が出ているのではないかと思います。

これもネットの情報ですが、件の彼はどうやら自分が裏口で合格できることを事前に知っていたフシがあり、センター試験の直前にも海外旅行を楽しんでいたとのこと。しかもそれを恥じることも隠すこともなく、ツイッターに堂々と載せていたことを考えると、性格に問題があると思わざるを得ません。そこで真面目に勉強していれば、問題なく合格できたかもしれないのに…。
このままの姿勢でいればどこかで脱落する可能性は高いと思いますし、個人的には脱落してほしいです(笑)。

それでももしこのまま在学し続けて進級・卒業・国家試験合格までたどり着けたとすれば、それなりの能力はあったということになりますし(すべて運だけで通過するのはまずムリです)、上記のように基本的な学力も悪くはないわけですから、医者として問題なくやっていけるのではないかと思います。
実名や顔までバレてしまっているこの状況に本人が耐えられれば、ですが。

まあ何れにしても、個人的には許せませんし、ゼッタイに関わりたくありませんけどね。
大学受験って、やる以上は全力でやらなければいけないものだと思っているもので。この辺りのことはまた別の機会にでも。

要するに、
「彼は学力はそれなりにあるようだ。もし今回の事件が明るみに出なかったとしても、医師免許取得までたどり着けたならば、結果的に医者としての能力はあったということになるだろう(私の個人的な感情は別として)。」
というのが私の考えです。

以上、これで終わり!


麻酔科医として | 23:37:35 | トラックバック(0) | コメント(0)
東京医科大学の裏口入学事件を見て思うこと③
ネットニュースを見ていると、「汚職事件」としての報道は影を潜め、入学試験のスキャンダルがクローズアップされるようになってきましたね。まあ、案の定です。
私立医科大学の入試スキャンダルなんて、マスコミにとっては格好の的でしょう。

多浪生不利に女性不利と、私が前回・前々回の投稿で触れた件が明るみ(?)に出てきて、「けしからん!」という論調が多数を占めているようです。
「(?)」と書いたのは、これらの内容は今まで広く知られていなかっただけで、別に隠されていたわけではないからです。私を含め私立大学医学部の関係者であれば多くの人間が知っていたことですし、口止めされているわけでもないので家族や友人にも普通に話します。医療とは全く無関係の人が知っていても、何ら不思議はなかったことなのです。

浪人生不利に関しては、国公立大学でもその傾向が見てとれる大学があります。例えば、この国の大学入試の最難関である東京大学理科Ⅲ類(≒医学部)の合格者は、現役生が毎年7割前後を占めます。8割の年もありました。
逆に、浪人生有利な国公立大学もあります。
現役 or 浪人による有利不利については、試験問題の難易度や出題傾向によって左右される部分も多いので、作為があるとは限らないのですが…。しかし視点を変えれば、現役生(あるいは浪人生)が合格しやすいような試験問題を作る、という時点で作為が働いているとも言えますよね。

こう考えると、公平と不公平の境界線を明確に定めるなんてことは不可能なわけです。
結局は「一定以上の学力を有し、かつ大学側が欲しいと思える人材」が合格するわけです。これは医学部に限ったことではないでしょう。

女性不利についての私の考えも、総論的には上記と同様です。
女性医師の待遇問題については私なりに持論がありますが、デリケートな問題なのでここでは書きません。ただ私の妻も医師ですし、女医さんを貶めるつもりは一切ありません。要はバランスの問題です。

この件に関してYahoo!ニュースのコメント欄を見て思うのは、「世の中の人々は現場のことがわかってないなあ」ということです(まあ当然なのですが)。そんな中で、ある女医を名乗る人物のコメントは非常に説得力があり、公平なものでした。詳細は省きますが、これを男性医師ではなく、女性医師が言っているというところに価値があります。
あるいは、今朝のテレビ番組での某女性タレント(女医)のコメントも、(内容の是非は別として)現場のことがわかっているからこそのものでした。正直なところ彼女のことはあまり好きではありませんが、ちょっと見直しました。ネットニュースで検索すれば読めると思います。

女性不利にせよ浪人生不利にせよ、一次試験の合格者については明確に点数で決定し、「二次試験においては本人の医師としての適性を総合的に判断し、合格者を決定した」と言ってしまえば文句はつけられないでしょう。
ただ今回、東京医科大学が女性や3浪以上の浪人生の点数を「減点していた」と発覚してしまったのは、やはりマズかったでしょうね。


さて、話を裏口入学の件に戻します。
ここ最近マスコミが流しているニュースに関しては、私にしてみれば「何を今さら?」と思うことばかりで、今まで何も知らなかった一般の方々を「私立医大、憎し!」へと煽り立てるのが目的であると思わざるを得ません。
ただ東京医科大学が行った「点数操作による裏口入学」に関しては、やはり著しく公平性を損なうものであると思います。

どうやら件の学生の点数操作は一次試験の段階で行われていたようで、一説には10点の上乗せをしたとか。
前回の投稿をお読みいただければと思いますが、やはり一次試験の点数を、一次試験合格発表の前に操作するのは明らかに「不正」だと考えます。しかももし10点の加点が本当だとすれば、結果的に数百人単位の受験生をゴボウ抜きしていた可能性があります。

もはや件の学生は、顔も名前も白日の下に晒されてしまい、このまま在学し続けるのは困難でしょう。
ではもし今回の件がバレなかったらどうなっていたか?
次回はその辺りの私の考えを述べて、この件は終わりにしようと思います。


麻酔科医として | 23:24:57 | トラックバック(0) | コメント(2)
東京医科大学の裏口入学事件を見て思うこと②
前回のつづきです。
繰り返しますが、ここで述べることには私の憶測が多く含まれます。真偽のほどは定かではない様々な噂を吟味して、私なりの考え方に整理したものです。本当かどうかはわかりません。

前回、入学辞退者がでた場合に補欠合格を誰にするか決める際には、点数以外の部分が影響してきてもおかしくはないと書きました。しかしこれは補欠合格ばかりでなく、正規合格者を選ぶ際にもあり得ることだと思います。どんなに高得点をとっていても、◯浪以上している受験生は合格させない大学がある、なんて話を聞いたこともあります。試験の点数と合格順位が入れ替わる可能性は十分にあると思います。

ただこういう操作ができるのは、2次試験の段階でしょう。1次試験(学力試験)は明確な点数が出てしまうので、ここで操作を加えるのは困難でしょうし、それをやったら明らかに「不正」だと思います。1次試験で何人程度の合格者を出すかは予め決まっているはずなので、それに近い人数になるようにボーダーラインが設定されます。このボーダーラインを少し下げるくらいの操作はできるかもしれません。特定の受験生の点数に下駄を履かせるのは「不正」ですが、合格基準点を決めるのはあくまで大学側の裁量です。人数の制約がある以上、大きく下げるのは難しいと思いますが。

2次試験は通常は面接と小論文ですから、なかなか点数化できるものではありません。逆に言えば、どうにでも点数を決められるということです。
私立大学である以上、大学側にとって都合の良い学生を集めたいと思うのはある意味当たり前なわけです。これを「不正」と言ってしまうと、他学部でのスポーツ推薦や、最近増えているAO入試などは成り立たないでしょう。さらには一般的に私立大学医学部の学費は高額ですから、親にそれを支払えるだけの経済力を求めるのも当然です。

ここで言いたいのは、私立大学医学部合格のためにいわゆる「コネ」を使うにしても、1次試験に合格できるだけの学力がなければ意味がないということです。
「私立大学の医学部なんて、金持ちのバカ息子が行くところだ」と思っている方は今でも多いようです。しかし最近は空前の医学部人気と、学費を下げる大学も増えてきている影響で(それでも十分に高額なのですが)、かなりの難関です。大学受験の情報誌などによれば、最低でも早慶の理工学部と同等程度とされています。はるか昔まで遡れば、そういう時代もあったと聞きますが…。

今回の事件で私が興味を持っているのは、問題となった「加点」がどの段階で行われ、何点の上乗せであったかということです。
ネットニュースを調べた限りではあまり定かではないものの、1次試験で加点していた疑いがあるようです。今後の報道に注目したいと思います。

意外に誤解されがちなのは、今回の事件はあくまで「汚職事件」だということです。
文部科学省の(元)局長が逮捕されましたが、容疑は「収賄」です。息子を裏口入学させたから逮捕されたわけではなく、文科省の幹部として大学に便宜を図った見返りとして、「接待」を受けたから逮捕されたのです。
どうやら私立大学の場合、裏口入学は必ずしも違法行為ではないようですね。もちろん、だからと言って今回の裏口入学を擁護する気は全くありません。この辺りのことはまた次回以降で。

正直にお話ししておくと、私自身も某私立大学を卒業しています。
両親は医者ではなく、親戚にも医者はいません。比較的余裕のある家庭で育ちましたが決してお金持ちではなく、私も当然ながら国公立大学を目指していました。
私が高校3年生だった当時、学費が比較的安く、うちの家庭でもどうにか手が届きそうな私立大学がわずかながらありました。それらの大学であれば受けても良いと両親の許しを得て、大学受験に臨みました。
国公立の医学部であればどこでも良かったので、少しでも受かる可能性が高い所を狙おうと、かなり遠方の(今では飛行機で行くのが当たり前の)地方国立大学を2校受験しました。しかし結局は一歩及ばず、唯一合格した私立大学に入ることになります。両親には本当に迷惑をかけました。

ではまた次回。


麻酔科医として | 00:20:37 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。