■プロフィール

Anesth1975

Author:Anesth1975
1975年2月生まれ 麻酔科医

健診でIgA腎症が発覚。

医者が患者の立場になってみて初めてわかったこと、感じたことなどを綴っていこうと思います。

'13.12.10 腎臓内科初診
'13.12.17 腎生検目的で入院
'13.12.18 腎生検 
'13.12.21 退院 食事制限開始
'14.01.06 診断確定
'14.01.29 扁摘パルス目的で入院
'14.01.30 口蓋扁桃摘出
'14.02.05 パルス1クール開始
'14.02.12 パルス2クール開始
'14.02.19 パルス3クール開始
'14.02.21 退院 → 4週毎の外来受診
'14.11.04 食事制限解除
'14.12.02 寛解のお言葉を頂戴する
'15.01.27 外来受診8週毎に
'15.09.09 外来受診12週毎に

現在の処方 '14.12.02〜
 オルメテック(20mg) 1錠
 ノルバスク(5mg)1錠

■個別の連絡をご希望の方は以下のフォームをご利用ください

名前:
メール:
件名:
本文:

■クリック頂けると励みになります

にほんブログ村 病気ブログ IgA腎症へ


■ご訪問者数

since Feb.13, 2014

■ブロとも一覧
■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■ランキングに参加しています

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■リンク
常に「考える」ことが大切
NHK BSの「球辞苑」という番組をご存知でしょうか?
プロ野球関係の情報バラエティなのですが、毎回あるキーワードを決めて、それについて議論・検証してゆくという番組です。そのキーワードにはなかなかマニアックなものも多く、「ファースト」「悪球打ち」「テキサスヒット」などなど。
毎年オフシーズンに放送されるので、今季も3月末で最終回となりました。

私は野球が好きなので毎回ビデオに録りためてあるのですが、たまる一方でなかなか観る時間がありません。それを最近になって何本か観ることができました。
毎回現役の名選手や往年の名手たちがその回のテーマについて語るわけですが、それを聴いていると、一瞬一瞬のプレーの中でもいろいろなことを考えていることがわかり、驚かされます。そして普段からあらゆる場面を想定し、それに合わせた練習をしています。名手と呼ばれる人たちは、常に考えているのです。
プロ野球選手というのはその全員がズバ抜けた身体能力の持ち主なわけです。その中で優れた成績を残す人たちというのは、頭もものすごく良いのだということがわかります(中には超人的な身体能力のみで成績を残しているように見える人もいますが)。先日現役引退したあのイチロー氏も、高校時代は学業の成績もトップクラスだったと聞きます。

相手投手・打者の特徴・性格や、右利きor左利き、アウトカウント・ボールカウント、得点差、ランナーがいるかいないか・どこにいるか・ランナーの脚の速さ、守備位置、控え選手は誰がいるか……などなど挙げればキリがありませんが、その場その場のあらゆる条件や状況を考えつつ次の行動を決める姿を見て、これは自分の仕事にも通じるものがあるなと思いました。

手術で麻酔をかける場面で言えば、手術の術式、検査データや合併症といった患者の術前状態、外科医の技術・性格、ついている看護師の技量、患者の性格、手元にある薬剤や道具の種類、部屋のレイアウト、などなど。手術終了後に一般病棟に戻るのか、集中治療室に行くのか、それとも日帰り手術か。その日の手術室のスケジュールによって、麻酔にゆっくり時間をかけられるのか、それともスピード重視か。手術が長引いて夜勤帯に入ってしまった場合には、緊急検査の結果が出るタイミングや、輸血が到着するまでの時間が通常より遅くなる可能性も考慮。今後も再び手術を受ける可能性が高い患者の場合には、次回のためにもできるだけイヤな思い出を残さないように。
こちらも挙げればキリがありませんが、いろいろな条件を考えて計画を立て、そして手術中は刻一刻と変化する状況に合わせて軌道修正しつつ、麻酔を遂行してゆきます。

ただ最近は薬剤にしても機械・道具にしても、とても良いものがどんどん開発されているおかげで麻酔が簡単になり、あまり考えなくても麻酔がかけられてしまいます。とりあえず眠らせて、手術中は起きることも動くこともなく、手術が終わったら目を覚まして病室に帰せばいい、というのが目的であれば、極端な言い方をすれば誰でもできます。そのせいかほんの1,2年の経験だけで一人前になった気になって、鼻高々になっている若い麻酔科医もチラホラ見かけます。
このように書くとマイナスなイメージを抱かれると思いますが、「どの病院でどんな麻酔科医にあたっても、ある一定レベル以上の安全な麻酔を誰でも受けることができる」と考えれば、とても良いことであるとも言えます。

しかし考えて麻酔をかける修行をしていないと、突然の大出血や急変といった不測の事態や、環境の変化(器具の故障や、設備が不充分な病院に行った時など)には対応できなくなってしまいます。要するに、応用がきかなくなります。
昔に比べて麻酔が格段に簡単・安全になった昨今では、稀に遭遇する不測の事態にどう対処するかによって、麻酔科医の評価が決まると言っても過言ではないと思います。

私は幸いにも厳しい環境で修行をスタートし、いろいろな経験をさせてもらったおかげで、どんな環境でも仕事をこなす自信はつきました。今月から医者として20年目のシーズンに入りましたが、おかげさまでいろいろなところから仕事の依頼をいただき、本当に有難いかぎりです。若い頃はキツくて、楽な環境に逃げ出したいといつも思っていましたが、我慢してよかったなと今では思えます。

あらゆる行動において「考える」という過程をはさむことによって、得られるものは意外と多いのだと思っています。


スポンサーサイト
麻酔科医として | 22:21:35 | トラックバック(0) | コメント(0)
医者は魅力ある職業か?③
ネット上の医者専用サイトの掲示板などを見ていると、「給料が安い」と不満ばかり言っているコメントを非常に多く見かけます。まあもっとも満足している人はわざわざコメントなんかしないでしょうから、不満ばかりが目立つのかもしれません。

医者が「給料が安い」と言って「ウソをつく」場合には、それをウソだと分かっている場合と、ウソであることに気づいていない場合があると前回書きました。
これは個人的な考えですが、本気で自身の給料が安いと思っている医者は、親もまた医者である人が多いのではないかと思っています。医者の子が医者になるパターンが多いのは周知の事実です。
子供の頃から恵まれて育っていればそれが当たり前となり、自身が恵まれているということに気づけないのだと思います。そして子供の頃から医者になることを使命づけられていれば、他の職業のことなど理解できないでしょう。給料が安い安いと言いながら、普通にベンツやBMWに乗っていたりするものです。

私は中学・高校時代(中高一貫校でした)の友人との繋がりが今でも強く、全員集まれば8人程度になる仲間と年に3〜4回は飲みに集まります。その中にも一人、医者の子で自分も医者という友人がいるのですが、その彼もやはり仕事がキツいだの給料が安いだのといつも他の仲間に吹聴しまくっていました。
何年か前に私も彼もそれぞれの母校の大学病院で仕事をしていた頃、そろそろ大学を退職して再就職しようかな〜なんて話になったことがありました。
その時の彼のセリフ。
「でもさ〜、クリニックの雇われ院長なんかになったところで、たったの1500万ぽっちだぜ〜。」
この時、(気のせいかも知れませんが)場の雰囲気が一瞬おかしくなったのを感じました。

「医者の給料なんてたかが知れてる」「他の仕事をした方がもっと稼げる」…医者どうしの会話ではよくある論調です。
たしかに、どんなに優れた医師であっても5000万や1億といった超高額の年収を手にするのは至難の技でしょう。とはいえ、あるサイトによれば医師の平均年収は1477万円だそうです。これだけの年収を手にできる人が、この日本にどれだけいるでしょうか?一般社会では、非常に優秀な人が20年30年とキャリアを重ねて、やっとそこまで達するかどうか、といったレベルの金額でしょう。
しかし医師の場合、これは平均値ですから、単純に計算すれば働いた年数×1477万円の生涯所得が得られるわけです。医師免許さえ持っていれば、医師としてさほど優秀ではなくても、勤務態度があまり良くなくても、この程度は十分に稼げてしまいます。

5000万や1億といった年収を稼ぎたいのであれば、あるいは稼げるだけの才能があるならば、たしかに医者になるべきではないでしょう。しかしそれが可能なのはごく少数の限られたほんのひと握りの、いや、ほんのひとつまみの、常人離れした才能の持ち主だけです。

「他の職業についたほうが稼げる」と言っている医者を見ると、「ふーん、あなたはスゴい才能に恵まれているんだね〜」と皮肉を言ってやりたくなります。


麻酔科医として | 20:35:21 | トラックバック(0) | コメント(0)
医者は魅力ある職業か?②
前々回の投稿の続きです。

我々医師がどれほどの収入を得ているかについては、いろいろなところで紹介されているのでそちらをご覧いただければと思います。中には「?」と思わざるを得ないような統計もありますが、一般と比較して高収入であることは確かです。

お医者さんと話す機会があったら、「医者って給料良いんですか?」と訊いてみてください。
多くの医師はNOと答えると思います。

ハイ、それはウソです。間違いなくウソです。
ただし、ウソだと自覚して言っている場合と、本気でそう思って言っている場合がありそうです(この辺りは次回以降で)。

私が医者になった頃は、薄給で暮らす若い医師も多くいました。実際、私も最初にもらった月給は4千円でした。その後も半年ほどは月収が10万円もありませんでした。しかしごく一時期だけのことです。しかも最近は初期研修制度が整備され、免許を得たばかりの研修医でも一般の初任給並みの収入は確保されています。研修先によってはかなり高額な給与を支払う病院もあるようです。

話を戻します。では、NOである理由は何でしょうか?一部を除き、実際に得ている収入は一般に比べて高額であるのは確かなわけですから、労働と収入のバランスが吊り合わないということが理由にされます。
具体的には
・激務だから
・勤務時間が長い、休みが少ないから
・人命を預かっているから
・失敗が許されないから
・常に勉強し続けなければならないから
といったところでしょうか。

どれも言っていることは正しいとは思います。しかし、これらは医師だけの特別なことなのでしょうか?
たしかに忙しいですし、勤務時間も長くなることが多いです。しかし、今どきはどの職業でもさほど変わらないのではないでしょうか?

人命を預かっている?たしかにその通りです。でもそれが医師の仕事なのですから当然です。メーカーがモノを作るように、商社が商品を売るように、運転手さんが乗り物を運転するように、我々医師は病気を治すのです。

失敗が許されない?そんなの当たり前です。逆に、失敗が許される仕事なんてあるんですか?と訊きたくなります。

常に勉強し続けなければならない?これも当たり前です。例えば、営業マンが取引先のキーマンの趣味について調べるように、職人さんが如何にすれば良いものを作れるかと腕を磨くように、スポーツ選手が練習をするように、医者は自身の仕事のために勉強するのです。勉強だけがなぜ特別なのでしょうか?

我々日本人は、お金を儲けるということに対して、あるいは儲けている人に対して、嫌悪感を抱くようです。
江戸幕府が儒教を奨励して商業を「士農工商」の最下位に位置づけ、お金を稼ぐことが賤しいことであるように印象づけた影響が今でも残っているのでしょうか?徳川家康以前は、織田信長も豊臣秀吉も「お金」を重視していました。江戸時代にも田沼意次という、非常に経済センスに優れた政治家が登場しますが、不運にも飢饉により失脚してしまい、後に儒教信奉者たちによって悪徳政治家のレッテルを貼られてしまい現在に至ります。

歴史の話をすると止まらなくなるのでこの辺りにして…。

何が言いたいかというと、医者側は「稼いでいる」と言ってしまうと悪い印象を持たれてしまうのでそれをハッキリとは言わず、そして一般の人たちは「お医者さんは激務で失敗が許されない職業だから…」と無理に理由づけすることによって医師が高収入であることを容認しているのではないか、ということです。

今回はこの辺で。
この話はもうしばらく続けることにします。


麻酔科医として | 21:36:21 | トラックバック(0) | コメント(0)
1/5 外来受診
2019年の初投稿です。
今年もよろしくお願いします。

年末の12/25に採血・採尿、今日1/5に外来受診でした。

BUN 14.0
Cre 0.82
eGFR 81.9
尿潜血(−)
尿蛋白(−)

おかげさまで安定しています。


年末から元旦にかけては千葉の実家で過ごし、1/2〜3は妻の実家の人たちと熱海に1泊旅行にでかけました。
熱海に行くときはいつも車です。東名高速〜小田原厚木道路で小田原に出て、そこから海沿いに静岡県に入るのですが、神奈川県湯河原町と静岡県熱海市の県境のすぐ手前に回転寿司店があります。今回は寄りませんでしたが、ここは私にとってとても思い出深いお店です。
過去の投稿もご覧いただければと思いますが、IgA腎症の治療を受けていた当時、もうこれからずっとタンパク質と塩分は制限して生きていかなければならないものと諦めていました。しかし治療が奏功し、しかも思いの外早い時期に寛解に漕ぎ着けてしまいました。
寛解の言葉を聞いたのが2014年12月の外来受診の時で、その月の下旬に家族で熱海に出かけました。その時にお昼を食べに立ち寄ったのがこの回転寿司店で、あの時に食べたお寿司の美味しさは格別でした。

伊豆方面には毎年2〜3回は出かけますが、湯河原を通り抜けるたびにあの日のことを思い出します。


受診報告(寛解後) | 16:11:29 | トラックバック(0) | コメント(0)
医者は魅力ある職業か?
これまで述べてきたように、医学部の「不正」入試の報道には呆れるばかりです。しかしこの問題もかなり沈静化し、また入学試験のシーズンが近づいてきました。

一連の騒ぎは文科省官僚の子息が東京医科大学に裏口入学していたことに端を発しているわけですが、そもそもこういった問題が起こるのは、やはり医学部が「魅力ある場所」であることが前提になっているのは間違いないでしょう。
「医学部に入学する」ことと「将来医者になる」ことはほぼイコールですので、医学部が人気があるということは即ち医者が人気職業であると言えます。

もしお医者さんと話す機会があったら、「医者って良い職業ですか?」と訊いてみてください。
おそらく、多くの医師はその質問に対して否定的な答えを言うと思います。

しかし、それはウソです。少なくとも私はそう考えます。
私は、そのような質問をされた時はいつも「ハイ」と答えます。まあ尤も状況にもよりますが、少なくとも「NO」と答えることはありません。

医者の子供が医者になるパターンが多いのは、あまりにもよく知られている事実です。
考えてもみてください。もし自身の職業が「悪い」職業であったら、子供を同じ職業に就かせたいと思いますか? あるいは、子供が自分と同じ職業を目指すことに賛成しますか?

私は医者の子供ではありませんし、自分の子供を積極的に医者にしようとも考えていません。しかしもし将来、本人たちが医師を目指したいと言いだすことがあれば、喜んで応援してやりたいとも思っています。私も妻も医者ですから、そうなる可能性は十分にあります。

これは私自身が医者になってみてわかったことですが、いわゆる2世が多い職業は「おいしい」職業であると考えて間違いないと思います。医者、政治家、芸能人、などなど。もちろん私は医者以外の職業のことはわかりませんが、政治家や芸能人というのはよほど魅力的な商売なんだろうな、と想像してしまいます。

ただ医者の場合、医学部への入学試験と医師国家試験の2つの関門を突破する必要がありますので、子供を医者にしたいと思っても、思うようにいかないケースも多く見かけます。

「魅力的な職業」であることの条件として重要なのは、やはり収入でしょうか。
次回以降はその辺りについて私の考えを述べたいと思います。

麻酔科医として | 23:32:43 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad