■プロフィール

Anesth1975

Author:Anesth1975
麻酔科医です。

健診でIgA腎症が発覚。

医者が患者の立場になってみて初めてわかったこと、感じたことなどを綴っていこうと思います。

'13.12.10 腎臓内科初診
'13.12.17 腎生検目的で入院
'13.12.18 腎生検 
'13.12.21 退院 食事制限開始
'14.01.06 診断確定
'14.01.29 扁摘パルス目的で入院
'14.01.30 口蓋扁桃摘出
'14.02.05 パルス1クール開始
'14.02.12 パルス2クール開始
'14.02.19 パルス3クール開始
'14.02.21 退院 → 4週毎の外来受診
'14.11.04 食事制限解除
'14.12.02 寛解のお言葉を頂戴する
'15.01.27 外来受診8週毎に
'15.09.09 外来受診12週毎に

現在の処方 '14.12.02〜
 オルメテック(20mg) 1錠
 ノルバスク(5mg)1錠

■個別の連絡をご希望の方は以下のフォームをご利用ください

名前:
メール:
件名:
本文:

■クリック頂けると励みになります

にほんブログ村 病気ブログ IgA腎症へ


■ご訪問者数

since Feb.13, 2014

■ブロとも一覧
■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■ランキングに参加しています

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■リンク
これまでの経緯② 腎生検後~今日
退院後は普通に仕事をして、12/27で年内の業務はとりあえず終了。年末年始は嬉しい9連休。12/30に当直があった以外はのんびり過ごしました。

2014/1/6 
腎生検の結果と今後の治療方針を聞きに腎臓内科受診。診断はやはりIgA腎症。耳鼻咽喉科での扁桃摘出術と腎臓内科でのステロイドパルス、いわゆる扁桃パルス療法を提案され、即同意。1月中には始めてもらいたいと伝える。

1/7 
耳鼻咽喉科受診。1/29入院、1/30手術、術後経過が落ち着き次第腎臓内科へ転科という予定に。

1/9, 1/14
この病気は扁桃のみならず、口腔内の感染も原因になっている可能性があるらしいということで、親知らずを2本抜歯。腎臓内科の先生によれば抜歯は扁桃摘出より前にしておいた方が良いとのことだったので、左右立て続けの抜歯を敢行。その後2週間ほど痛みに悩まされることに…。


というわけで、明日入院です。

先月の腎生検も、そして今回も勤務先の病院での入院です。
明日は朝いつも通りに出勤して、仕事の合間に入院手続きをし、夕方頃に手術室での業務が落ち着いたら病棟に行って入院します。おそらくひと月ほどの入院生活になるでしょう。

入院中は治療の経過の他に、自分の気持ちや考えについても少しずつ記していくつもりです。


スポンサーサイト



発覚から治療への経緯 | 17:30:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
これまでの経緯① 発覚~腎生検
2013年秋の健診で尿蛋白2+, 潜血2+で要精密検査に。

太らない体質なのを良いことに今まで散々好き勝手に飲み食いをしてきたので、石でもできてしまったのかなと思って12月初旬に泌尿器科受診。超音波の結果、腎臓に石がありそうだとのこと。数日後に確認のCTを撮ってみたら石はナシ。しかも再検した尿は蛋白4+。

腎臓内科を紹介され、数日後に受診。慢性糸球体腎炎、とくにIgA腎症疑いで、腎生検をすることに。

12/17 手術室での業務が落ち着いたところでそのまま病棟に行って入院。

12/18 腎生検。

12/20 栄養指導。タンパク質50g/日、食塩6g/日までの食事制限を指示される。それでいてカロリーは減らしてはいけないという・・・。

12/21 退院。12/24から仕事に復帰(ちょうど21, 22, 23が3連休だったので少し休めました)。

退院後から減塩・低タンパク食生活が始まりました。続きは次回。




発覚から治療への経緯 | 23:20:17 | トラックバック(0) | コメント(0)