■プロフィール

Anesth1975

Author:Anesth1975
麻酔科医です。

健診でIgA腎症が発覚。

医者が患者の立場になってみて初めてわかったこと、感じたことなどを綴っていこうと思います。

'13.12.10 腎臓内科初診
'13.12.17 腎生検目的で入院
'13.12.18 腎生検 
'13.12.21 退院 食事制限開始
'14.01.06 診断確定
'14.01.29 扁摘パルス目的で入院
'14.01.30 口蓋扁桃摘出
'14.02.05 パルス1クール開始
'14.02.12 パルス2クール開始
'14.02.19 パルス3クール開始
'14.02.21 退院 → 4週毎の外来受診
'14.11.04 食事制限解除
'14.12.02 寛解のお言葉を頂戴する
'15.01.27 外来受診8週毎に
'15.09.09 外来受診12週毎に

現在の処方 '14.12.02〜
 オルメテック(20mg) 1錠
 ノルバスク(5mg)1錠

■個別の連絡をご希望の方は以下のフォームをご利用ください

名前:
メール:
件名:
本文:

■クリック頂けると励みになります

にほんブログ村 病気ブログ IgA腎症へ


■ご訪問者数

since Feb.13, 2014

■ブロとも一覧
■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■ランキングに参加しています

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■リンク
12/2 外来受診 まさかの宣告
12/2(火)の外来受診のご報告です。

子供が保育園でもらってきたと思われるウィルス性腸炎が私にもうつってしまったようで、直前の土日はエラい目に遭いました。月曜日はどうにか仕事には行けたので、発症したのが週末だったのはラッキーでした。

12/2にはだいぶ回復していたものの本調子ではなかったため、少々不安な外来受診でした。

潜血 ± (前回 −)
蛋白 − (前回 −)

12/173/185/136/108/59/910/711/412/2
蛋白定性+4+1+1-±-+1-
潜血定性+3+2+2±--±-±
BUN9105688111011
Cre0.980.920.760.750.740.770.780.840.8
eGFR697491939490898286
(蛋白の定量値が測定感度以下となったため、蛋白/Cre比は時系列表から削除しました)

主治医「先生(私のこと)、イイですね!」
私  「そのようですねぇ。」
主治医「いまのところ完全寛解と言って良いと思います。」
私  「!!」

ビックリのひと言でした。

私  「こんなに早く良くなるとは思いもしませんでしたよ。」
主治医「うーん、これは人によります。」

左の方に記してある通り、腎臓内科に初診でかかったのが昨年の12/10。ちょうど1年で「寛解」のひと言にたどり着いてしまいました。
とんでもない量のタンパク質が尿中に排泄されている現実を目の当たりにした頃から、寛解という言葉までは望まないことにしていましたし、仮に行き着けるとしてももっともっと先のことだと考えていました。ですので、なんだか唖然としていましました。

応援して下さった方々に、そして誰よりも、支えてくれた妻に感謝。


スポンサーサイト



受診報告(退院後〜寛解) | 23:50:10 | トラックバック(0) | コメント(0)
11/25 歯科治療
予定通り、11/25に歯科治療を受けました。

火曜日の午前中は大学病院にお手伝いに行く日なのですが、この日はお休みして普段の勤務先へ。着替えずに私服のまま歯科外来の待合室に座っていると、通りかかった何人かの患者さんに「先生!」と声をかけられてしまい、ちょっと気マズい感じです。

治療の細かい内容は省きますが、40分程度の小手術でした。
私がお願いしている歯科の先生はとても上手で紳士的で、医者の自分からみてもオススメできる先生です。毎回、局所麻酔の注射でもほとんど痛みを感じることはなく、今回の治療中も全くと言ってもいいほど辛くありませんでした。上の前歯の歯茎の治療なので口を大きく開く必要がなかったのもラクでした。

抗菌薬と鎮痛薬を処方してもらい、ついでに事前に自分で処方しておいた別の鎮痛薬も飲んで午後はいつも通り神奈川県某所の病院に行って麻酔業務。術後はしばらく痛いですよ、と言われていたものの、局所麻酔が切れても大して痛みはでてきませんでした。

その後も押したり洗顔や歯磨きをすると痛い程度で、現在まで鎮痛薬はほとんど必要としていません。ただ翌日くらいから、治療した右側の頬が視界の下の方に妙に見えるようになってきたので鏡をみたところ、右の頬全体が若干腫れていました。他人から見ても分からないレベルだとは思いますが、自分で見るととても変です。3日経った今でも治っていません。

もうすぐ忘年会シーズンです。早く治ってほしいもんです。



受診報告(退院後〜寛解) | 15:33:06 | トラックバック(0) | コメント(0)
11/4 外来受診 吉報
11/4に外来受診しました。
結論から先に言いますが、とても嬉しい日になりました。

潜血 − (前回 ±)
蛋白 − (前回 +)

前回の反省を踏まえ、膀胱を十分に満たしてから検査に臨みました(笑)。

12/173/185/136/108/59/910/711/4
蛋白定性+4+1+1-±-+1-
尿中Cre112.04112.7836.5371.14137.32
蛋白/Cre比1.070.210.290.250.210.20
潜血定性+3+2+2±--±-
BUN91056881110
Cre0.980.920.760.750.740.770.780.84
eGFR6974919394908982

主治医「いいですね!予定通り、プレドニンOFFにしましょう。ベネットもタケプロンも中止、と。血圧はどうですか?」
私  「110を切ることが多くなりました。」
主治医「じゃあノルバスクも半分で。ステロイド止めると血圧も下がるかも知れないので。」
私  「今後、食事はどうすれば良いでしょうか…。」
主治医「あぁ、もう気にしないで普通でいいです。」
私  「!!」

思いがけない返答に少々拍子抜けしましたが、嬉しい言葉をいただきました!

主治医「食事を戻せば貧血もBUNも正常化するでしょう。IgA腎症も、治る時代になったんですよね〜。」

ん?治ったってこと?
まあいいでしょう。いずれにせよ、再燃のリスクとつきあい続けることに変わりはありませんので。


受診から数日経ちました。制限がなくなって気楽になったものの、1年近く続けてきた食生活が身に染み付いてしまったようで簡単には変えられないようです。これからも、ほどほどにやっていこうと思います。



受診報告(退院後〜寛解) | 09:10:59 | トラックバック(0) | コメント(7)
歯科治療 追記
 先ほどの続きです。

手術は11/25に決定しました。

私の病院の歯科外来はとても繁盛していること、今回は通常の歯科治療よりも長時間の予約枠を必要とすること、そして私の仕事の都合という複数の要因があったため、ほぼ1ヶ月先の予定となりました。
術後の痛みが続くのは1週間程度とのことなので、忘年会シーズンには間に合いそうです。

痛いのは正直コワいですが、腎生検後の安静時間の痛みや、扁桃摘出直前に親知らずを立て続けに2本抜歯した時の痛み、扁桃摘出後の痛みに較べればきっと大したことはないでしょう(そう思いたい…)。

またご報告します!


受診報告(退院後〜寛解) | 22:40:59 | トラックバック(0) | コメント(2)
歯科治療
実は私は現在、歯科でも治療を受けています。

8月のある日に食事をしている際、噛んでいる時にガリッと砂を噛むような感触がありました。その後左下の奥歯に、歯で触れると明らかにわかる穴があいていました。

幸い私が勤めている病院には歯科・口腔外科もあるため、仕事のあい間に診てもらっています。その虫歯の治療は終わったのですが、もう1本虫歯を見つけられてしまい、「念のため口全体のレントゲンを撮っておきましょう」ということに。

そして一昨日、もう1本の虫歯の治療が終了した後でレントゲン写真を見せられ、上の前歯の歯根部に嚢胞ができているとの指摘を受けました。要するに、歯茎に感染があり膿がたまっているということです。通常は症状がなければ放置しておいても大丈夫なのだそうなのですが、何しろ私はIgA腎症です。もしかしたら、この嚢胞とも関連があるのかも知れません。思い切って治療をお願いすることにしました。

歯茎を切開して膿を掃除し、感染している歯根部の一部を切り取る手術をするそうで、外来で1時間程度で済むようです。先ほどもう一度レントゲンを撮り、その結果を診ていただいた上で日程を調整することになりそうです。これがIgA腎症と関係があるか否かはわかりませんが、治療が一歩前進する可能性が出てきたのは嬉しいです。

術後はそれなりに痛いらしいので、できれば忘年会シーズンに突入する前にやっつけてしまいたいと思っています。


受診報告(退院後〜寛解) | 12:03:42 | トラックバック(0) | コメント(2)
次のページ