■プロフィール

Anesth1975

Author:Anesth1975
麻酔科医です。

健診でIgA腎症が発覚。

医者が患者の立場になってみて初めてわかったこと、感じたことなどを綴っていこうと思います。

'13.12.10 腎臓内科初診
'13.12.17 腎生検目的で入院
'13.12.18 腎生検 
'13.12.21 退院 食事制限開始
'14.01.06 診断確定
'14.01.29 扁摘パルス目的で入院
'14.01.30 口蓋扁桃摘出
'14.02.05 パルス1クール開始
'14.02.12 パルス2クール開始
'14.02.19 パルス3クール開始
'14.02.21 退院 → 4週毎の外来受診
'14.11.04 食事制限解除
'14.12.02 寛解のお言葉を頂戴する
'15.01.27 外来受診8週毎に
'15.09.09 外来受診12週毎に

現在の処方 '14.12.02〜
 オルメテック(20mg) 1錠
 ノルバスク(5mg)1錠

■個別の連絡をご希望の方は以下のフォームをご利用ください

名前:
メール:
件名:
本文:

■クリック頂けると励みになります

にほんブログ村 病気ブログ IgA腎症へ


■ご訪問者数

since Feb.13, 2014

■ブロとも一覧
■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■ランキングに参加しています

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■リンク
10/19 外来受診
10/15(火)に採血・採尿、10/19(土)に外来受診でした。

BUN 11.7
Cre 0.82
eGFR 81.4
尿潜血(−)
尿蛋白(−)

「GFRは80以上で正常ってことになるので、もう全く正常ですね。順調だと思います。」
とのこと。

私のeGFR値は70台後半〜80台前半を行ったり来たりしていますが、そもそもこのeGFRという値はクレアチニン値などをもとに算出している推定値です。そしてクレアチニン値の単位はmg/dl。その日たまたま水を多く飲んでいて血液が薄まっていれば、値は下がります。実際に私のクレアチニン値は、高く出る時と低く出る時で0.15程度の差があります。
クレアチニン値が0.15も動けばeGFR値も15程度変わってきます。

そのため私自身はeGFRが80を切っただの超えただのにはまったく興味はなく、長期的な推移を見守ることが大切だと思っているのですが、現在の担当医の先生は数値にこだわるようです。
まあもっとも、状態に変化がないせいで他に話題がないだけなのかもしれません。
なんだかんだいっても、数値が良いに越したこともありませんしね。なんにせよ経過は順調なようです。

次回は1/14(火)に採血・採尿、1/18(土)に受診です。


スポンサーサイト



受診報告(寛解後) | 21:51:56 | トラックバック(0) | コメント(0)
8/31 外来受診
8/31(土)は今年4回目の外来受診の日でした。
いつも通り、直前の火曜日(8/27)に仕事で病院を訪れた際に採血・採尿を済ませ、土曜日に外来受診です。

本来は3ヶ月に1回のペースでの受診なのですが、今年は8月末で既にに4回目。
というのも現在の私の主治医の土曜日外来は毎週開いているものではないため、外来担当日と私の予定を合わせようとすると、なかなか3ヶ月(12週)毎とはいきません。またシステムの関係で3ヶ月を超えた間隔での受診予約はできないため、どうしても間隔を短くせざるを得なくなります。

このブログで最後に受診報告をしたのは今年の1月でしたので、それ以降の結果を記しておきます。

2019.04.02
BUN 12.3
Cre 0.84
eGFR 79.2
尿潜血(−)
尿蛋白(−)

2019.06.11
BUN 14.7
Cre 0.88
eGFR 75.3
尿潜血(−)
尿蛋白(−)

2019.08.27
BUN 11.6
Cre 0.89
eGFR 74.4
尿潜血(−)
尿蛋白(−)

まあ相変わらずです。
家庭の事情で、土曜日の受診は毎回11:30の枠で予約しています。受診後は病院近くのいつものラーメン屋さんでお昼を食べて、その後電車に乗り、途中下車してこれまたいつものケーキ屋さんでおやつを買って帰宅。

次回は10/15に採血・採尿、10/19に受診。
上記と同じ理由で、1ヶ月半後になってしまいました。面倒だけど、まあ仕方ありません。


受診報告(寛解後) | 16:06:43 | トラックバック(0) | コメント(0)
1/5 外来受診
2019年の初投稿です。
今年もよろしくお願いします。

年末の12/25に採血・採尿、今日1/5に外来受診でした。

BUN 14.0
Cre 0.82
eGFR 81.9
尿潜血(−)
尿蛋白(−)

おかげさまで安定しています。


年末から元旦にかけては千葉の実家で過ごし、1/2〜3は妻の実家の人たちと熱海に1泊旅行にでかけました。
熱海に行くときはいつも車です。東名高速〜小田原厚木道路で小田原に出て、そこから海沿いに静岡県に入るのですが、神奈川県湯河原町と静岡県熱海市の県境のすぐ手前に回転寿司店があります。今回は寄りませんでしたが、ここは私にとってとても思い出深いお店です。
過去の投稿もご覧いただければと思いますが、IgA腎症の治療を受けていた当時、もうこれからずっとタンパク質と塩分は制限して生きていかなければならないものと諦めていました。しかし治療が奏功し、しかも思いの外早い時期に寛解に漕ぎ着けてしまいました。
寛解の言葉を聞いたのが2014年12月の外来受診の時で、その月の下旬に家族で熱海に出かけました。その時にお昼を食べに立ち寄ったのがこの回転寿司店で、あの時に食べたお寿司の美味しさは格別でした。

伊豆方面には毎年2〜3回は出かけますが、湯河原を通り抜けるたびにあの日のことを思い出します。


受診報告(寛解後) | 16:11:29 | トラックバック(0) | コメント(0)
IgA腎症患者としての私の近況
お久しぶりです。

8月上旬頃にひいた風邪が長引き、例によって咳だけがなかなか治らないという状況が続いていました。それに伴ってか、肩コリがひどくて時に頭痛が起こる始末。
体調が良くないけれど悪いというほどでもなく、仕事にも差し支えることはないけれど元気に働けるわけでもないという日々を過ごしていました。

できるだけ体を休めようと早く寝るよう努めていたら、ブログの更新がすっかりご無沙汰となってしまいました。
体調はようやく戻りました。


10/16に採血採尿、10/20に外来受診してきました。
昨年の1/21の受診(検査は1/10)以来、受診のご報告を全くしておりませんでしたので、まとめてご報告しておこうかと思います。

20172018
01/1003/2806/1309/1211/2802/1304/1707/1710/16
BUN1197.610.510.98.414.28.813.3
Cre0.860.900.820.840.820.880.880.750.90
eGFR7875.082.580.382.576.375.890.374.0
潜血--------
タンパク------±±-

とくに大きな変化はありません。
クレアチニン(Cre)の値は正常範囲内とはいえ若干高めで、糸球体濾過量(GFR)はCre値から計算で出る数字なので、こちらも正常〜軽度低下のあたりをウロチョロしている感じです。まあ問題ないでしょう。

先日の受診でも、主治医によれば「もう腎症の活動性は無いと言えるでしょう」とのことでした。
降圧薬の処方もずっと変わっていません。

日常生活ではIgA腎症のことはほとんど忘れており、食事の制限もしていません。
ただ減塩のクセはついたままで、調味料はあまりかけないようになりました。また、外食では味噌汁や漬物は半分残すことにしています。効果は微々たるものだと思いますが、心構えとして。


今年の夏、私の母方の祖父が97歳で他界しました。冬に患ったインフルエンザがきっかけとなって急に衰え、静かに世を去りました。かといって身体のどこかが悪いというわけでもなく、死因は「老衰」でした。
祖母ももう90歳ですが、まだまだ元気でシャキシャキしています。70年連れ添った祖父を喪って寂しそうではあるものの、介護から解放されたせいか体調は以前にも増して良くなっているように見えます。

祖父母のようにとまではいかないまでも、子供たちのためにもできるだけ長く元気でいたいと思います。



受診報告(寛解後) | 22:41:21 | トラックバック(0) | コメント(0)
1/21 外来受診
1/10(火)に採血・採尿、1/21(土)に受診でした。
季節外れの夏休みをいただき、1/14〜1/20で家族旅行に出かけていたため、検査と受診の間が11日もあいてしまいました。検査データ自体は1/10の時点ですでに自分で見てあったので、別に問題はないのですが。

潜血 − (前回 −)
蛋白 − (前回 −)
尿比重 1.002
Cre 0.86 (前回 0.89)
BUN 11 (前回 10)
eGFR 78 (前回 76)

特に変化なし、です。
飲水療法のせいで尿比重が異常低値になっておりますが…。

今までも何度か書いたかと思いますが、尿の潜血や蛋白というのは量ではなく濃さを測るものです。本来は潜血や蛋白がプラスになるべき病態であっても、飲水療法によって尿が薄くなることで、見かけ上マイナスになってしまう可能性もあるのではないかという心配があったので質問してみました。

「(尿が)薄くなっても、出ていればプラスになります。先生(私のこと)の場合は赤血球もゼロですし、まず大丈夫だと思います。」
とのことでした。

そういえば前回の受診報告で、飲水療法として1日2リットルの水を飲むように指示されたと書きましたが、3リットルの間違いでした…( ꒪⌓꒪)。かなりの量です。まあ頑張ってみます。

飲水療法が有効である理由についても話してくれましたが、なにぶん専門外なもので、細かい用語に自信がないのでここでは書かないことにします。今後論文を読み、私自身が理解できるようになった時に改めて紹介させていただきます。

処方は変わらず。次回は3/28(火)に採血・採尿、4/1(土)に受診です。


受診報告(寛解後) | 01:18:45 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ