■プロフィール

Anesth1975

Author:Anesth1975
麻酔科医です。

健診でIgA腎症が発覚。

医者が患者の立場になってみて初めてわかったこと、感じたことなどを綴っていこうと思います。

'13.12.10 腎臓内科初診
'13.12.17 腎生検目的で入院
'13.12.18 腎生検 
'13.12.21 退院 食事制限開始
'14.01.06 診断確定
'14.01.29 扁摘パルス目的で入院
'14.01.30 口蓋扁桃摘出
'14.02.05 パルス1クール開始
'14.02.12 パルス2クール開始
'14.02.19 パルス3クール開始
'14.02.21 退院 → 4週毎の外来受診
'14.11.04 食事制限解除
'14.12.02 寛解のお言葉を頂戴する
'15.01.27 外来受診8週毎に
'15.09.09 外来受診12週毎に

現在の処方 '14.12.02〜
 オルメテック(20mg) 1錠
 ノルバスク(5mg)1錠

■個別の連絡をご希望の方は以下のフォームをご利用ください

名前:
メール:
件名:
本文:

■クリック頂けると励みになります

にほんブログ村 病気ブログ IgA腎症へ


■ご訪問者数

since Feb.13, 2014

■ブロとも一覧
■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■ランキングに参加しています

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■リンク
冷静沈着
自分という人間について記すと宣言したものの、なかなか実行できずにいました。
実際にやろうとすると、結構勇気が要ります。

他人から見て、私は「冷静沈着」な人物のようです。今まで多くの人からそのように言われてきたので、恐らくそうなのでしょう。
記憶の限りでは、小学生の頃からそう言われてきました。

それならばどんな時にでも慌てることがないのかといえば、実はそうでもありません。ただ、慌てているという表情が外に出ないのです。大人になってから気付いたことですが、私は喜怒哀楽の感情を一切表情に出さないという特技があります。きっと子供の頃からそうだったのだと思います。

大学病院に勤めていた頃は、月に5-6回は当直をしていました。大学病院ですから、夜中や休日でもとんでもない緊急手術が飛び込んでくることがあります。平日の日中であれば人手があるのですが、当直の時間帯は麻酔科医は私、若い医局員、研修医の3人だけ。この3人で、場合によっては2件の手術を同時進行でこなしていました。入ってくる手術によっては、本当にてんやわんやの事態になります。

そんな時は私も心の中では大慌てで心臓がバクバク言っているのですが、周りからは至って冷静に対処しているように見えているようです。

自分という人間について記すと宣言して以来、どんなことを書こうかとずっと考えてきました(それでもなかなか書けずにいますが…)。
色々と考えているうちに、この「感情を表情に出さない」という言葉が、とても重要なキーワードであることに気づきました。

続きはまたいずれ。


スポンサーサイト



私について | 01:06:02 | トラックバック(0) | コメント(5)