■プロフィール

Anesth1975

Author:Anesth1975
麻酔科医です。

健診でIgA腎症が発覚。

医者が患者の立場になってみて初めてわかったこと、感じたことなどを綴っていこうと思います。

'13.12.10 腎臓内科初診
'13.12.17 腎生検目的で入院
'13.12.18 腎生検 
'13.12.21 退院 食事制限開始
'14.01.06 診断確定
'14.01.29 扁摘パルス目的で入院
'14.01.30 口蓋扁桃摘出
'14.02.05 パルス1クール開始
'14.02.12 パルス2クール開始
'14.02.19 パルス3クール開始
'14.02.21 退院 → 4週毎の外来受診
'14.11.04 食事制限解除
'14.12.02 寛解のお言葉を頂戴する
'15.01.27 外来受診8週毎に
'15.09.09 外来受診12週毎に

現在の処方 '14.12.02〜
 オルメテック(20mg) 1錠
 ノルバスク(5mg)1錠

■個別の連絡をご希望の方は以下のフォームをご利用ください

名前:
メール:
件名:
本文:

■クリック頂けると励みになります

にほんブログ村 病気ブログ IgA腎症へ


■ご訪問者数

since Feb.13, 2014

■ブロとも一覧
■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■ランキングに参加しています

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■リンク
ステロイドパルス 2クール目7日目(内服のみ)
今日も内服のみです。

入院での扁摘パルス治療も終わりが見えてきました。3クール目のステロイド静注が終わったその日に退院することになりました。3日後の2/21(金)に退院決定です!最後のステロイドは午前中の早めの時間に投与し、終わり次第追い出されるようです(笑)。

扁桃摘出の直後はツラい思いもしましたが、腎臓内科に移ってからはステロイドによる副作用にもほとんど悩まされることはなく、快適な入院生活でした。身体を休め、いろいろなことを考え直すための貴重な時間だったと思います。こんな時間は一生のうちでももう二度とないかも知れません。終わってしまうと思うとちょっと淋しい…というのは不謹慎でしょうか。

でもやっぱり退院は嬉しいです
はやく子供を抱っこしたいです。きっと重くなってるんだろうなぁ



スポンサーサイト



テーマ:日記 - ジャンル:心と身体

パルス 2クール | 10:39:57 | トラックバック(0) | コメント(1)
2/17 検査結果・耳鼻咽喉科受診
蛋白定性(+2)
潜血反応定性(-)

おっ、潜血が消えました。

採血の結果は、腎機能関連ではBUN7, Cre0.79, eGFR88。その他は白血球が11800で多少高値である以外は概ね正常。

蓄尿蛋白の測定もありました。1195mg/day。まだまだ結構な数値ですが、減っていると思って良いのですかね。

推移を示します。
12/1012/181/72/52/102/142/17
蛋白定性+4+2+3+3+2+2+2
蛋白半定量1000100300300100100100
潜血反応定性+3+2+2+2+±-
潜血反応半定量0.750.150.150.150.060.03-
赤血球10-1910-1910-1950-9910-191-41-4
硝子円柱10-195-95-91-41-4-1-4
顆粒円柱1-4------

12/182/42/102/132/17
蓄尿量(ml)1600150013005501800
蛋白定量85.4111.2104.7246.166.4
蓄尿蛋白(計算値)13661668136113531195

今日は耳鼻咽喉科の外来受診もありました。
病理所見の結果としては、やはり術中に肉眼的に見られたのと同じように、病理学的にも扁桃炎の所見があったそうです。これが腎臓に悪さをしていた可能性があるとのことで、手術をしたのは正解だったようです。

光が見えるのは有り難いことです。
ゆっくり、あせらずに…。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

パルス 2クール | 21:16:41 | トラックバック(0) | コメント(2)
ステロイドパルス 2クール目6日目(内服のみ)
良い天気です。
今朝は早朝尿採取と採血がありました。

今日で39歳になりました。日本人男性の平均寿命が80歳弱ですから、ちょうど折り返し点あたりでしょうか。
健康であることを当たり前のことと思い、また老いというものなど考えることもなく生きてきた自分にとって、今回の病気は色々なことを考え直すための良いきっかけだったのだと思います。昨日、小学校時代の恩師からメールで「一病息災」という言葉を頂きました。まさにその通りだと思います。平均寿命まで生きるとして残り半分、愛する家族のためにもしっかりと生きていきたいと思います。

今日は耳鼻咽喉科の外来受診があるようです。


テーマ:日記 - ジャンル:心と身体

パルス 2クール | 08:56:21 | トラックバック(0) | コメント(1)
ステロイドパルス 2クール目5日目(内服のみ)
良い天気です。

昨夜は、入院以来いちばんよく眠れました。22:00頃眠りについて、4:30に一度目覚めましたがまたすぐに眠ったようで、7:30に起床です。

でも、眠ってしまったのをちょっと後悔。起きてテレビをつけてみたら、なんと葛西選手が銀メダル!しかも中継の解説はあの原田氏だったとか。同年代の葛西選手は今回のオリンピックでは私の一番の注目選手でしたので、リアルタイムで観るべきでした…。

私はどんなスポーツでも、スゴい数字を残す選手よりも、地味ながらも長く活躍し続ける選手が好きです。野球で言えば、レギュラーでなくても守備固めや代走などだけで10年15年とプロの世界で生き続けるような人たち。私は巨人ファンですので、最近で言えば鈴木尚広選手あたりでしょうか。

葛西選手は41歳にしてオリンピック出場、しかも7回目。これだけでもただのスゴさではありません。冬期五輪では世界一です。惜しくも銀メダルでしたが、表彰台での笑顔を見て、本当に良かったなと思いました。思わず涙がでてしまいました。本人はまだこれからも金メダルを目指すとのこと。体力の続く限り、必要とされる限り、いつまででも頑張って欲しいと思います。

さて私事ながら、明日は私の39回目の誕生日です。そして今日は小学校1,2,5,6年生の時に担任だった恩師の誕生日。1日違いなので忘れることはありません。私の人生に、間違いなく多大なる影響を与えてくれたひとりです。30年たった今でも、当時の先生の言葉が蘇ってくることが多々あります。
なかなかお会いできませんが、年賀状とお誕生日メールは欠かさないようにしています。今から文面を考えます。



テーマ:日記 - ジャンル:心と身体

パルス 2クール | 08:49:05 | トラックバック(0) | コメント(0)
2/14 尿検査結果
昨日の尿検査の結果です。蛋白(+2), 潜血(±)。

私は自分の職員IDで検査結果を自由に見ることができてしまいます。担当医もおそらく私が勝手にデータを見ているのを知ってか、とくに結果の説明はしてきません(笑)。内科医的な解釈なども聞いてみたいのですけどね。同じ事象であっても、麻酔科医と内科医とではその捉え方がかなり違うものなんですよ。

担当医は3人ついてくれているのですが、3人とも年齢が私より下で、そのうち若い2人は彼らがかつて麻酔科研修をしたときに私が直接指導したことがあるという…(笑)。やりづらいのかも知れませんね。

推移を示します。記載のないものは正常範囲内です。
12/1012/181/72/52/102/14
蛋白定性+4+2+3+3+2+2
蛋白半定量1000100300300100100
潜血反応定性+3+2+2+2+1±
潜血反応半定量0.750.150.150.150.060.03
赤血球10-1910-1910-1950-9910-191-4
硝子円柱10-195-95-91-41-4-
顆粒円柱1-4-----

潜血は減っていると思って良いですかね。

一喜一憂はしないつもりですが、ちょっとだけ、喜ぶことにします。



テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

パルス 2クール | 11:42:27 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ