■プロフィール

Anesth1975

Author:Anesth1975
麻酔科医です。

健診でIgA腎症が発覚。

医者が患者の立場になってみて初めてわかったこと、感じたことなどを綴っていこうと思います。

'13.12.10 腎臓内科初診
'13.12.17 腎生検目的で入院
'13.12.18 腎生検 
'13.12.21 退院 食事制限開始
'14.01.06 診断確定
'14.01.29 扁摘パルス目的で入院
'14.01.30 口蓋扁桃摘出
'14.02.05 パルス1クール開始
'14.02.12 パルス2クール開始
'14.02.19 パルス3クール開始
'14.02.21 退院 → 4週毎の外来受診
'14.11.04 食事制限解除
'14.12.02 寛解のお言葉を頂戴する
'15.01.27 外来受診8週毎に
'15.09.09 外来受診12週毎に

現在の処方 '14.12.02〜
 オルメテック(20mg) 1錠
 ノルバスク(5mg)1錠

■個別の連絡をご希望の方は以下のフォームをご利用ください

名前:
メール:
件名:
本文:

■クリック頂けると励みになります

にほんブログ村 病気ブログ IgA腎症へ


■ご訪問者数

since Feb.13, 2014

■ブロとも一覧
■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■ランキングに参加しています

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■リンク
腎生検入院の記憶 −施行後安静−
腎生検施行後の安静時間の記録です。

前日に看護師さんから、「終わった後は痛いと思うので、辛かったら言ってくださいね。」とは言われていました。しかし生検のテクニック自体は全てわかっていますし、そこから想像する限り、終わった後に強い痛みを発するとはどうしても思えないわけです。正直、大丈夫だろうと思っていました。ナメていたのです…

ちなみに尿道カテーテルを挿入するか否かは、私の判断に任せてくれました。仰向けのまま動かずに尿器に排泄することができるならば、入れなくても良いとのことでした。試しに前日にやってみたところ大丈夫そうだったので挿入はしませんでした。実際、仰向けのままだとうまく尿を排出できない人は多いらしいのですが、私は全く問題ありませんでした。


2013.12.18
15:00
腎生検が終わり、病室に戻りました。
その時点で姿勢は仰向け、左腰の下には圧迫止血のための砂嚢(要するに砂袋です)があてられ、粘着テープがガッチリ巻き付けられています。まずはこの姿勢で6時間安静です。最初は全く大丈夫でした。

17:00
見舞いにきていた妻が帰宅。その時もまだ余裕で手を振っていました。

それから間もなくして、徐々に痛みが出てきました。傷の痛みではなく、「動けないことによる痛み」です。

18:00
夕食です。仰向けのまま動けませんので、看護師さんが食べさせてくれます。それぞれが一口サイズになっている(「整形食」というそうです)おにぎり、魚の揚げ物と何かもう一品だったと記憶しています。受け持ち患者さんは他にもいるはずなのに、私ひとりのために時間を割いてくださるのを申し訳なく思いました。
食べた後に歯磨き。これももちろん仰向けのままです。水を口に含む時と吐き出す時は顔だけ横に向けます。さすが看護師さんは慣れたもので、周りを汚すことなく上手くできました。この頃は痛みは徐々に増しているものの、まだ普通に我慢できる程度でした。

痛みはどんどん増してきます。21:00に砂嚢を外してもらえるので、きっとその後はラクになるだろうと微かな期待を抱きながら耐えました。

21:00
砂嚢を除去。ほんの少しだけラクになりましたが、全然期待したほどではありませんでした。ここから翌朝までまだまだずっと仰向けのままです。痛みはさらに増します。ちょっとでもラクになろうと膝を立ててみたりしますが、看護師さんに見つかってはまた延ばします。

痛み止めは、極力使わないつもりでいました。
というのも、痛み止めを要求した場合にどんな薬がどれだけ投与されるのかが、この時点で私にはわかっていたのです。そして、恐らくそれだけでは十分な効果は得られないであろうこと、追加で使ってもらえるまでには4時間の間隔を空けなければならないことも…。ならば使ってみて期待外れになるよりは、極力使わずに我慢しようと思っていました。

2013.12.19
0:00
とうとう耐えきれなくなりナースコール。鎮痛薬(+鎮静薬)を使ってもらいました。
点滴静注で投与され、30分くらいで痛みがラクになるとともに眠りにつきました…が…

2:00
また痛みで目が覚めます。
追加投与までには4時間空けるよう指示がでているので、次に使ってもらえるのはいちばん早くても4:00です。ダメモトでナースコールをしますが、やはり4:00までは使えないとのこと。ひたすら4:00まで耐えます。なんとかして眠ろうとしますが、痛くて眠れたものではありません。

4:00
待望の追加投与をしてもらいますが…

6:00
また痛みで目が覚めました。

朝食の8:00になれば上半身を30°だけ起こしてもらえることになっていたので、それに期待して耐えます。

8:00
朝食と歯磨き。この時に上半身を30°アップ。これは効果覿面でした。ここから安静解除になるまでこの姿勢でしたが、その間はあまり辛かった記憶はありません。

14:00
担当医の先生がきて超音波で確認。腎臓周囲の出血はおさまっていたようです。
遅めの昼食を摂った後、晴れて安静解除となりました。


ひとことで「痛み」と言っても、それは「キズの痛み」ばかりではなく色々な種類のものがあるということは知識として知ってはいましたが、それを身をもって経験することになりました。麻酔科医としてはやはり手術による傷の痛みばかりに注目してしまいがちですが、それだけではいけないのだということを学びました。

腎生検後の「動けないことによる痛み」と口蓋扁桃摘出後の「キズの痛み」、どちらの方が辛かったかと訊かれると甲乙つけ難いものがあります。痛みそのものであれば前者ですが、痛みが続く時間で云えば当然後者になるわけです。

また「鎮痛」というものについても改めて考えさせられました。それはまた機会があれば述べたいと思います。

長々と失礼いたしました。


スポンサーサイト



テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

腎生検 | 14:25:06 | トラックバック(0) | コメント(0)
腎生検入院の記憶 −腎生検−
2013.12.18 腎生検当日のことです。

担当医の先生の外来診療が終わり次第開始、ということで、おそらく15:00頃の開始になるだろうとのことでした。

生検の操作についての説明は前日に受けていました。おおまかにいうと下記のような感じです。
— 生検するのは左の腎臓。うつ伏せの状態で腰に超音波をあて、針を刺す場所を決めたら皮膚に局所麻酔の注射。その後エンピツの芯程度の太さの針を刺し、超音波画像を見ながら腎臓に針先を到達させ、パチンという音とともに組織を採取する。 —

腎生検自体を見たことはありませんでしたが、他の臓器で同じような手技で生検をするのは手術室でもよく見ますし、私自身も患者さんに神経ブロックを行う際に超音波画像を見ながら針を刺すことが多いので、やり方は容易に想像できました。痛みに関しても、局所麻酔をしてくれるとのことだったのでほとんど不安はありませんでした。

意外に早く、14:00すぎ頃にお呼びがかかりました。病室のベッドに横たわったまま、同じフロアにある処置室にガラガラと運ばれます。普段とは逆の立場。初めての経験です(笑)。

処置室に着いたらうつ伏せになり、背中を捲ります。先生方が道具の準備を始めます。うつ伏せになっている私からは見えません。我々もよく患者さんの腰や背中に麻酔の針を刺すことがありますが、その時の患者さんの気持ちが少しわかりました。見えないところで何かをしているというのは、決して気分の良いものではありませんね。

道具が整ったところで腰に消毒をして、布が被せられました。ヒンヤリした感触とともに超音波の機械があてられます。刺す場所が決まったら局所麻酔の注射。残念ながら、これはどうしても痛いです。とくに人間は皮膚を刺される時に強い痛みを感じますので、最初のチクッという痛みはなかなか避けられません。とはいっても細い針ですし、痛いのは一瞬ですので大したことはありません。この局所麻酔をいかに痛くないように行うかというのは、私がずっと追い求めているテーマでもあります。

そして生検の針が刺されます。痛みはありません。この時は一般的に「押されるような感覚」があるといいます。それを身をもって経験しました。確かに押されるような感覚です!人間の神経というのは、痛みを感じる神経は麻酔が効きやすく、触れられたり押されたりを感じる神経は麻酔が効きづらくできています。ですのでこのような現象が起きるわけです。

針先が目的の場所に達したらパチンという音とともに針が飛び出し、生検です。腎臓自体に痛覚はありませんので、痛みは全くありません。本当にただパチンという音がするだけです。これが3回あって終了。

針を抜き、もう一度超音波をあてたところ、どうやら腎臓から少々出血しているとのこと。まぁ針を刺したわけですしね。10分ほどでしょうか、うつ伏せのまま腰を強く圧迫されます。その後仰向けとなり、左腰に砂嚢(要するに砂の入った袋です)をあてられ、再びベッドのままガラガラと病室へ帰室。

運ばれている途中で、お見舞いに来てくれた妻に会いました。15:00くらいに始まると思って来てみたらすでに終わっていたと(笑)。まぁ妻も同業者ですので、別に心配はしていなかったようですが。
病室に戻ったのがちょうど15:00頃でした。終わってひと安心…。

と思ったら、ここからが始まりだったのです…(; ̄Д ̄)。

続きはまた。


テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

腎生検 | 16:36:06 | トラックバック(0) | コメント(0)
腎生検入院の記憶 −ダイジェスト−
もう2ヶ月ほど前の話になりますが、腎生検で入院した時のことを記憶が消えないうちに記しておこうと思います。
長くなりそうなので何回かに分けて書きます。

12/17に入院、12/18腎生検、12/21退院でした。
12/10に腎臓内科を初診で受診して1週間後に入院という半ば強引なスケジュールだったのは、それが仕事への影響を最小限に抑えるための最善の選択だったからです。

2013.12.17
日中は普通に仕事をして、ある程度業務が落ち着いたら入院することになっていました。病棟にはとくに連絡もせず、夕方くらいに入院すればよいかなと構えていたのですが…。
15:00頃に私の院内用PHSに腎臓内科の先生から連絡が入り、「そろそろ入院できませんか?」と。あわてて入院手続きをとり、仕事の格好のまま手ぶらで病棟へ。担当の看護師さんから急いで検査をまわるよう云われ、レントゲン撮影、心電図、採血、採尿と大急ぎ。検査入院だからと、甘くみていました。今から思えば迷惑な患者だったと思います。
病室に戻ってからスケジュールの説明や同意書のサインなどの事務的な手続き。落ち着いたところで手術室に置きっぱなしになっていた自分の荷物を取ってきて、それから患者用のパジャマに着替えて晴れて入院患者になりました(笑)。夕飯を食べた後、ベッドでゴロゴロしながら本を読んで早めに就寝。

2013.12.18 (〜19)
腎生検当日です。15:00頃になる予定でした。14:00すぎにお呼びがかかり、ベッドのまま検査室へ。処置が終わって15:00に病室に戻ったら、妻が来ていました。そこから24時間の地獄が始まりました。妻は17:00頃に帰宅。そのころはまだ余裕だったのですが…。21:00までは穿刺部に砂嚢をあてられたまま仰向け、その後砂嚢を外して翌8:00まで仰向け、8:00からは上半身を30°だけ起こしてもらえてそのまま仰向け、14:30に超音波で止血を確認、晴れて安静解除。とにかくツラかったです。
腎生検とその後の安静期間の詳細は次回以降に書きます。

2013.12.20
病院内であれば出歩きはフリー。自由に動けることの有り難さを実感。
出血も問題はなさそうなので翌日退院の予定に。退院後も1ヶ月くらいは再出血のリスクがあるとのことでした。次回の外来受診は1/6に予約。

2013.12.21
午前中に退院となりました。妻がクルマで迎えに来てくれました。
会計を済ませ、医療保険申請用の診断書の申し込みをして帰宅。

ちょうど12/21, 22, 23が3連休だったのでのんびり過ごし、12/24から仕事に復帰しました。
その後しばらくは再出血予防を理由にすべての力仕事を拒否し(笑)、ごくごく若干の痛みをたまに感じる以外はとくに合併症もありませんでした。

ではまた後ほど。



テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

腎生検 | 13:08:37 | トラックバック(0) | コメント(0)