■プロフィール

Anesth1975

Author:Anesth1975
麻酔科医です。

健診でIgA腎症が発覚。

医者が患者の立場になってみて初めてわかったこと、感じたことなどを綴っていこうと思います。

'13.12.10 腎臓内科初診
'13.12.17 腎生検目的で入院
'13.12.18 腎生検 
'13.12.21 退院 食事制限開始
'14.01.06 診断確定
'14.01.29 扁摘パルス目的で入院
'14.01.30 口蓋扁桃摘出
'14.02.05 パルス1クール開始
'14.02.12 パルス2クール開始
'14.02.19 パルス3クール開始
'14.02.21 退院 → 4週毎の外来受診
'14.11.04 食事制限解除
'14.12.02 寛解のお言葉を頂戴する
'15.01.27 外来受診8週毎に
'15.09.09 外来受診12週毎に

現在の処方 '14.12.02〜
 オルメテック(20mg) 1錠
 ノルバスク(5mg)1錠

■個別の連絡をご希望の方は以下のフォームをご利用ください

名前:
メール:
件名:
本文:

■クリック頂けると励みになります

にほんブログ村 病気ブログ IgA腎症へ


■ご訪問者数

since Feb.13, 2014

■ブロとも一覧
■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■ランキングに参加しています

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■リンク
一連の「コロナ騒ぎ」を見て思うこと
ご無沙汰しております。

世の中たいへんなことになっています。昨日、緊急事態宣言が正式に発効となりました。
東京都在住の私にとってもちろん他人事ではなく、入念に感染対策をしつつ仕事をしています。

この数ヶ月の一連の動きを、医者として、一般市民としてある程度冷静な目で見守ってきたつもりですが、マスコミの報道に対する「違和感」をずっと拭えずにいました。そして今、私の中では政府や安倍首相に対する不満よりも、マスコミに対する不満・怒りの方がはるかに大きくなっています。

彼らは自分たちにとって都合の良いことや、記事が売れるようなネタしか報道しません。昨今はインターネットという情報発信ツールが広く普及したおかげで昔よりはマシになっているのだとは思いますが、未だ新聞やテレビだけを情報源としている世代であれば簡単に騙せてしまいそうです。インターネットにしても、大手マスコミの発信するネットニュースもやはりひどいものです。

マスクは今や必需品となりましたが、感染がここまで大きくならなかった時期にはまだこれほどまでに必要なものではありませんでした。それなのに一部の心ない者たちが買い占めに走り、それを見て不安に駆られた人たちがさらに買いだめに走り、転売が横行し、挙げ句の果てに医療機関ですらマスクが足りなくなるという事態になってしまいました。
こうした状況の中で、マスク着用の正しい意義を啓蒙するような記事や放送がどれだけあったでしょうか?目にするのはお店の空になった棚や「売り切れました」の張り紙ばかりで、市民を不安に陥れるネタをただタレ流すだけだったように思います。

私は今の政府のやり方が必ずしも間違っているとは思いません。布マスクの配布についてもある程度の効果はあるのではないかと思っています。もちろんベストだとも思っていませんし、不満も大いにあります。

ただ批判するだけなら簡単です。
街頭インタビューにしても、例えば100人にインタビューすれば様々な意見が出てくるはずです。でもその中で政府に否定的な発言をした10人のコメントだけを繋ぎ合わせれば、「国民はみんな政府を否定してる!」というVTRの出来上がりです。

今回はこの辺で打ち切ろうと思いますが、最後にこの一連の騒ぎの中でとくに怒りをおぼえた報道について触れておきます。
↓コレです。
shimura.png

志村けんさんはヘビースモーカーで、過去に肺炎で入院したこともあります。
また大酒のみで、肝硬変の診断もされていました。肝硬変とは「肝臓病のなれの果て」とでもいうべき状態です。脂肪肝や肝炎ならばまだ治癒の見込みはありますが、肝硬変にまで進んでしまうと、壊れてしまった肝臓はもう治りません。さらに進行すれば肝臓癌になる可能性もあります。
はっきりいってハイリスクです。コロナウィルスでなく普通の風邪をこじらせただけでも、死んでしまっても不思議ではありません。これで「持病なし」とは、よくぞ言えたもんです。

近頃は定期的な通院歴がなかったそうなので、短絡的にこの記者は「持病なし」だと思ったのでしょうが大間違いです。
志村けんが亡くなった! → 通院してない!? → ってことは持病なしだ! → これはネタになるぞ! といった感じの浅薄な思考で記事にしてしまったのでしょう。
この記事を見た人は「持病がなくてもコロナに感染したら死んじゃうんだ!」と思ってしまうわけで(もちろんそういう例もあるでしょうが)、結局不安を煽るばかりのこの記事の罪は大きいと思います。こうなると、志村さん以外の「持病なし」の報道もすべて疑わしくなってしまい、何が本当なのかわからなくなってしまいます。
ちなみに志村さんの持病については、インターネットでちょっと検索すればだれでも知ることができる程度の情報です。

この記事は今でもネット上で見ることができます。

志村けんさん、大好きでした。
私は最近はあまりテレビを見なくなりましたが、子供の頃からたくさんの笑いを届けていただきました。とてもショックな出来事でした。


スポンサーサイト



人として 患者として | 12:52:54 | トラックバック(0) | コメント(0)
明日、手術です
以前の投稿にも書きましたが、明日7/3、鼻の手術を受けに行ってきます。

明日と、その3日後の7/6にももう一度手術を受けます。
1回目(明日)は鼻中隔彎曲症の手術で、2回目は「後鼻神経切断術」という手術を受けます。
明日から4日間は休暇をいただきました。

全身麻酔や手術に関しては全くといって良いほど心配していないのですが、気懸りなのは明日の手術終了後から2回目の手術を受ける時まで、鼻に詰め物をされてしまうことです。その詰め物にはストローのような管が通っていて、手術直後は鼻は塞がらないようなのですが、結局出血によって塞がってしまうため、鼻では全く呼吸ができない状態になってしまうのだそうです…。

手術の日程を決める際、その期間をできるだけ短くしたいと伝えたところ最短で中2日と言われ、その結果として今回のような日程になったという経緯があります。

2回目の手術の後も1週間詰め物をされてしまうのですが、それは辛いものではないようです。

明日は朝8時にクリニック前で父と待ち合わせして、受付を済ませます。
手術の後の回復室で過ごす時間も含め、お昼頃にはすべて終了するようです。その後父の運転する車で千葉の実家に行き、7/8の日曜日までは実家でゴロゴロしながら過ごすことにします。

今晩0時から絶食、明日の朝6時から絶飲食になります。
妻と子供達は向こうの実家に行っているので、これからひとりで夕飯を食べに出かけることにします。
「最後の晩餐」は何にしようかな…。


人として 患者として | 20:57:35 | トラックバック(0) | コメント(0)
医療費控除
今回は、以前の投稿で軽く話題に挙げた「医療費控除」について触れようかと思います。
よくご存知の方にとっては釈迦に説法となってしまいますが、お許しを。

また話をわかりやすくするため、以下の内容には少々不正確な部分もあるのですが、そこはスルーでお願いしますね。

この病気の同志の方であれば、医療費控除という言葉はよくご存知かと思います。1年間に支払った医療費のうち10万円を超えた分は所得から控除できる、というものです。
要するに税金が戻ってくる(or安くなる)わけですが、果たしていくら戻ってくるのでしょうか?

仮に、1年間に30万円の医療費を支払ったとします。
この場合、10万円を引いた残りである20万円が医療費控除の対象となります。

かといって20万円がまるごと戻ってくるわけではありません。いくら戻ってくるかは、その人の所得税率によって変わってきます。
所得税率は、課税所得が195万円以下の場合が5%、195万円を超え330万円以下で10%、同様に695万円以下で20%、900万円以下で23%、1800万円以下で33%、4000万円以下で40%、4000万円超で45%です。
よく勘違いされるのは、例えば課税所得が330万円だと所得税が33万円なので手取りが297万円、課税所得340万円だと所得税が68万円となり手取りが272万円となってしまい、稼いでいる方が損をする、というものですが、これは間違いです。税率20%となるのは330万円を超えた10万円の部分だけですから、所得と手取り収入で大小が逆転することはありません。

仮に課税所得(「課税所得」と「給与収入」はまた別物です。ややこしくなるので別の機会に。)が400万円の人が年間30万円の医療費を支払ったとすると、20万円が控除の対象となり、つまり課税所得が380万円となります。所得税率が20%なので、20万×0.2=4万円が戻ってきます。

実は安くなるのは所得税だけではありません。住民税も安くなります。
住民税は前年の所得によって決まり、税率は10%です。通常の給与所得者であれば、翌年の6月分から1年かけて、毎月均等に給与から天引きされています。
野球選手が大幅減俸となった際に、翌年の税金が大変だ、とよく言われるのはこれです。
中日の松坂投手は昨年の年俸が4億円、今年が1500万円と推定されています。前述の通り、住民税は前年の所得の10%が課されますので、今年支払う住民税は4000万円となり、今年の年俸よりも大きな額になってしまうわけです。

30万円の医療費を支払った場合、20万円が所得から控除され、住民税はその10%つまり2万円安くなります。

前置きが長くなりましたが、課税所得400万円の人が年間30万円の医療費を支払った場合、所得税4万円プラス住民税2万円の合計6万円の減税となります。

長くなったので今回はこの辺で。


人として 患者として | 22:23:24 | トラックバック(0) | コメント(0)
大腸内視鏡④
6/9に、結果説明を聞くために受診してきました。

予想された通り、良性腫瘍でした。
4mm程度の腺腫で、断端陰性でした。

「断端陰性」とは切り取った標本の端っこに腫瘍細胞が無かったという意味で、もしこれが陽性の場合、腫瘍が取りきれていないということになります。
良性とはいえ10mmを超えてくると癌化する可能性もあるため、取っておいて良かったでしょうと。
まあとりあえずひと安心です。

ただこの歳で(良性とはいえ)腫瘍が見つかった以上、今後もできる可能性は高いので、1年後くらいにもう一度検査した方が良いとのこと。その時になにも見つからなければ、以降はもっと間隔をあけても大丈夫でしょうと云われました。

というわけで、また来年に行くことになりそうです。


人として 患者として | 00:12:30 | トラックバック(0) | コメント(4)
大腸内視鏡③
クリニックで受付を済ませると、更衣室に案内されました。着替えを指示され、服や手荷物はすべて鍵のかかるロッカーに入れるのですが、検査後しばらくは安静の時間があるため、暇つぶしのためのスマホは持っていても良いと言われました。
私は運転中以外はあまり音楽を聴きませんし、スマホ自体あまりいじらないのですが、安静時間がどの程度になるのかもわからないので一応持っておくことにしました。あと念のために鼻づまり用の点鼻スプレーも…。

その後左腕の血管に鎮静薬を投与するための針を留置され、
IMG_1123.jpg
数分後にいよいよ検査室へ。初めての鎮静下の内視鏡検査に興味津々で、不安は全くありませんでした。

横向きに寝かされ、左腕から3種類の薬剤(それらが何であるかは全て教えてもらっています)を投与されますが、全然眠くなりません。検査中も起きていて、画面もずっと見ていた(ように思えました→後述)のですが、辛さは全くありませんでした。途中でポリープがひとつ見つかり、「取っておきますね〜」と言われ、切った瞬間のことも憶えています。

しばらくして検査終了。拮抗薬(鎮静薬の作用を打ち消す薬)を投与され、腕の針が抜かれます。

起き上がると少しフラつく感じがあり、看護師さんに支えてもらいながら歩いて別室へ。
快適なリクライニングチェアに座り、しばらく休憩。20分ほど休んだ後に更衣室で着替え。

その後外来診察室に呼ばれました。「どうでしたか?」と訊かれ「ハイ、快適でした!」。
術中に撮影した内視鏡写真を見ながら、おそらくは良性のポリープ(私の目から見ても良性に見えました)を取ったこと、良性とは云っても癌化する可能性があるので取って良かったであろうことを説明されました。

ポリープを取ったため5日間は禁酒するよう云われ、会計を済ませて帰ってきました。

帰り道…。
よくよく思い返してみると、検査中ずっと起きていたつもりだったものの、ところどころの記憶が曖昧であることに気づきました。例えばカメラが入ってきた瞬間や、それが抜かれた時のことを憶えていません。また実際にかかった時間の割には、あまりにも速く終わったように感じます。
おそらくは起きていたのでしょうが、クスリの作用によってそれを憶えていないのだと思います(健忘作用といいます)。

検査などで鎮静薬を投与する場合、完全には眠らせずに会話はできる程度の意識を保ち、且つ不快がない状態にするのが良いとされます。それを身をもって体験することができました。
鎮静薬の使い方についても、いずれ機会があれば触れようかと思います。

2週間後の6/9(土)に、取ったポリープの病理所見(要するに良性か悪性か)の説明を受けにもう一度受診する予定です。


人として 患者として | 00:11:54 | トラックバック(0) | コメント(1)
次のページ