■プロフィール

Anesth1975

Author:Anesth1975
麻酔科医です。

健診でIgA腎症が発覚。

医者が患者の立場になってみて初めてわかったこと、感じたことなどを綴っていこうと思います。

'13.12.10 腎臓内科初診
'13.12.17 腎生検目的で入院
'13.12.18 腎生検 
'13.12.21 退院 食事制限開始
'14.01.06 診断確定
'14.01.29 扁摘パルス目的で入院
'14.01.30 口蓋扁桃摘出
'14.02.05 パルス1クール開始
'14.02.12 パルス2クール開始
'14.02.19 パルス3クール開始
'14.02.21 退院 → 4週毎の外来受診
'14.11.04 食事制限解除
'14.12.02 寛解のお言葉を頂戴する
'15.01.27 外来受診8週毎に
'15.09.09 外来受診12週毎に

現在の処方 '14.12.02〜
 オルメテック(20mg) 1錠
 ノルバスク(5mg)1錠

■個別の連絡をご希望の方は以下のフォームをご利用ください

名前:
メール:
件名:
本文:

■クリック頂けると励みになります

にほんブログ村 病気ブログ IgA腎症へ


■ご訪問者数

since Feb.13, 2014

■ブロとも一覧
■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■ランキングに参加しています

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■リンク
低たんぱくパン 試作第3号 ~挫折
試作第2号の反省をもとに、第3号に挑戦。

レシピは基本的には第2号のものを踏襲し、砂糖を25.5gから30gに、ドライイーストを3gから4gにそれぞれ増量。低たんぱく米は冷凍庫から出してすぐのものを使いましたが、水は冷水ではなく熱湯を使用しました。

さぁどうだ!?
写真 1 写真 2

やっぱりダメです。正直、期待してたんだけどなぁ…。

膨らみは前回と同様でした。
食べてみても食感は同様でしたが薫りはかなり強くなっており、どうやら発酵は促進したようです。

前回の反省から今回は発酵を促進させる方法を考え、実際に促進したようですが、それでもパンは膨らみませんでした。

やはり低タンパク米では無理なのでしょうか。別の手を考えた方が良さそうです。


スポンサーサイト



テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

食事について | 01:13:46 | トラックバック(0) | コメント(0)
低たんぱくパン 試作第2号
初回の成功に味をしめ、調子に乗って第2号です。
GOPANのマニュアルに載っている「小麦なしお米食パン」の白米を低たんぱく米にそっくり置き換えてみることに。塩は前回同様1gにしました(マニュアルでは5g)。

 1/25越後米粒 230g
 水 230g
 砂糖 25.5g
 オリーブオイル 10g
 グルテンフリー米粉パン用ミックス粉 60g
 ドライイースト 3g

ネットで検索してみた限りでは、低たんぱく米では代用できないようです。しかしわかっていても自分で確かめてみなければ気が済みません。失敗しても、出来栄えを見る事でなにか改良法が見つかるかも知れません。逆にもし成功すればタンパク質4g弱の食パンができることになります。

さて…。
IMG_1319.jpg IMG_1320.jpg

…失敗です

全然膨らんでいません。そして粉が混ざっておらず、白いものが見えます。
薫りは香ばしいパンそのものなのですが。
食べてみると…うん、餅に近いです(笑)。不味くはありません。「どこかの国の主食です」みたいに紹介されたら、「ふーん」と頷いてしまうかもしれません。どうせ餅ならと、トースターで焼いて砂糖醤油をつけて食べてみたら結構イケました(笑)。

敗因を考えます。なぜ膨らまないのか?
・低タンパク米だから
これはしかたがありません。
・冷凍保存してあった米をそのまま使った
材料を変えずに膨らませようとするならば、発酵を促進させるしかなさそうです。イーストに活発に働いてもらうにはある程度の温度が必要です。冷凍庫から出した直後の米を使ってしまったのが失敗に繋がったかもしれません。粉がうまく混ざらなかったのも、このせいかもしれません。

では次回はどうするか?
・水ではなくお湯を使う
言うまでもなく、温度を上げるためです。
・ドライイーストを増やす
発酵が促進するかもしれません。
・砂糖を増やす
砂糖はイーストの栄養分となるため、増やす事で発酵を促進させることができるようです。ただ増やし過ぎは逆効果とも。


あと約束事を決めました。
・どんなものが出来ても、必ず全部食べること。
・次のパンを作るのは、出来たパンを全部食べきってから。


第3号につづきます。


テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

食事について | 00:59:23 | トラックバック(0) | コメント(0)
GOPAN購入〜試作第一号
低タンパク&減塩のパンを自分で作れないものかと、入院中からずっと買おうかどうか迷っていたホームベーカリーを思い切って購入しました。

パナソニックの「GOPAN」です。ネットショップで購入、翌々日に届きました。
写真 3

説明書のレシピやネット上の多くの先輩方のレシピを参照し、低タンパクパン試作第一号は下記の材料で作ることに。

 低タンパクごはん(1/25越後米粒を炊飯したもの) 170g
 グルテンフリー米粉パン用ミックス粉(グリコ製) 200g
 マーガリン 30g
 塩 1g
 砂糖 30g
 コーヒーフレッシュ 2個
 水 120ml
 ドライイースト 3g

もうはっきり言ってダメでもともと、無茶苦茶なレシピです。パンを膨らませるのはグルテンとイーストです。本来ならグルテンを含んだ小麦粉を使うところを、タンパク質を減らすためにグルテンを含まない米粉で代用しようという無謀(笑)。そして減塩のため、味に重要な塩も強引に1gにしてしまいました。もしこれが成功すれば、ざっと1斤あたりタンパク質13g, 塩1g強の食パンができることになります。

金曜日の夜に材料を投入し、朝7:00に焼き上がり予約をセットして就寝。

土曜日7:00起床。恐る恐る蓋を開けると…。
写真 4写真 5写真 6

なんと
膨らみは普通のパンに較べれば劣るものの、ちゃんとパンになっています。食べてみるとこれがなかなか美味い膨らみが悪い分モッチリ感があって、味も甘みが良い感じです。
結局、朝と昼で全部食べきってしまいました。朝昼2食でタンパク質13g, 塩1gならまあ許容範囲でしょう。米で作っているからか、あるいはただの自己満足のせいか、腹持ちも良い気がします。

写真 7

俄然ヤル気がでてきました(笑)。
課題はタンパク質をさらに減らすこと、かつ如何にして膨らませるか、です。市販のタンパク調整食パンと同等とまではいかなくても、タンパク質はまだまだ減らしたいところです。そして塩もさらに減らすとどうなるか、試してみようと思っています。そもそも根本的に、パンがどのようにして出来上がるのかを理解しなければならなそうです。

こういうの、好きなんですよ


テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

食事について | 01:35:04 | トラックバック(0) | コメント(6)
エネルギー補給ゼリー 飲み較べ
今朝の記事でエネルギー補給用ゼリーのことを書いたことで、くだらないことを思いつきました。
飲み較べ(食べ較べ?)です。

家には2種類のゼリーが箱買いして置いてあります。あと定番のウィダーinゼリーをコンビニで買ってきました。
写真
左から
1. ウィダーinゼリー エネルギーイン(森永製菓)
2. Enersupply Jelly(ジャスティス)
3. クイックエイド プラスエネルギー(富永食品)

まず価格。Amazonで購入すると、
1. 6個で998円(166.3円/個) ちなみにコンビニでの買値は209円でした
2. 30個で3563円(118.8円/個)
3. 30個で2980円(99.3円/個)
やはり安い方が良いですよね。価格では3>2>1の順で優秀です。

栄養成分は
1. 熱量180kcal, タンパク質0, 脂質0, 炭水化物45g, ナトリウム43mg
2. 熱量180kcal, タンパク質0, 脂質0, 炭水化物45g, ナトリウム55.2mg
3. 熱量180kcal, タンパク質0, 脂質0, 炭水化物47g, ナトリウム65mg
ほぼ同等ですね。ナトリウムの量が若干違います。塩分は少ないに越したことはないので、1>2>3の順で優秀ということになるでしょうか。

味はどれもマスカット味です。ここからはあくまで私の主観です。
味自体は1>2=3か、しいて言えば1>2>3でしょうか。
食感は1>2>3です。1はプルンとした感じでゼリー感が強く、3つの中で一番「食べている」感覚に近いです。3は一番ドロッとしていて、2は中間です。この辺は好みですね。

結局、ウィダーinゼリーがいちばん美味しいという結果に(笑)。まあでも3つともそれほど差があるわけではなく、どれでも問題ありません。
くどいようですが、あくまで私個人の主観ですよ。


テーマ:ダイエット・美容・健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

食事について | 16:44:30 | トラックバック(0) | コメント(0)
ポテチ
こんなのを買ってみました。

写真が少々見づらいですが「堅あげポテト ブラックペッパー」。小袋が4連。
写真 1

栄養成分もこれなら充分許容範囲内です。
写真 2
1袋あたり76kcal, タンパク質0.8g, ナトリウム55mg。

ポテトチップスは一度開けると空になるまで食べないと気が済みませんよね?
大きい袋を開けて、塩やタンパクを気にしながら食べて途中で止める辛さを考えたら(笑)、こちらの方が健全です。

塩味も充分。こうして減塩に慣れてしまうと、かつては何であんなに濃い味ばかり食べていたんだろう、と思ってしまいます。


テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

食事について | 23:54:38 | トラックバック(0) | コメント(6)
次のページ