■プロフィール

Anesth1975

Author:Anesth1975
麻酔科医です。

健診でIgA腎症が発覚。

医者が患者の立場になってみて初めてわかったこと、感じたことなどを綴っていこうと思います。

'13.12.10 腎臓内科初診
'13.12.17 腎生検目的で入院
'13.12.18 腎生検 
'13.12.21 退院 食事制限開始
'14.01.06 診断確定
'14.01.29 扁摘パルス目的で入院
'14.01.30 口蓋扁桃摘出
'14.02.05 パルス1クール開始
'14.02.12 パルス2クール開始
'14.02.19 パルス3クール開始
'14.02.21 退院 → 4週毎の外来受診
'14.11.04 食事制限解除
'14.12.02 寛解のお言葉を頂戴する
'15.01.27 外来受診8週毎に
'15.09.09 外来受診12週毎に

現在の処方 '14.12.02〜
 オルメテック(20mg) 1錠
 ノルバスク(5mg)1錠

■個別の連絡をご希望の方は以下のフォームをご利用ください

名前:
メール:
件名:
本文:

■クリック頂けると励みになります

にほんブログ村 病気ブログ IgA腎症へ


■ご訪問者数

since Feb.13, 2014

■ブロとも一覧
■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■ランキングに参加しています

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■リンク
手術 無事終了①
手術は無事終了しました。今はもう夜中ですが、妙に目が冴えてしまっています。睡魔はいずれやってくるでしょうから、無理に寝ようとも思いません。明日も明後日も眠る時間はいくらでもあります。


というわけで、麻酔科医が患者として全身麻酔・手術を受けたことの体験記です。

13:05頃に看護師さんが来て、13:30入室に決まったとのこと。昨日手術室の予定表を見たところでは私の手術は朝イチから数えて3件目でした。15:00くらいだろうと思っていたので、予想外の早さに少々慌てました。妻と母に入室時間をメールで伝え、トイレを済ませて、13:25に看護師さんに連れられて病棟を歩いて出発。

手術室に着いたら、毎週木曜日のマネジメントをしている後輩がちょうど入口にいて、入室が予定よりも早まった理由を説明してくれました。話しているうちに耳鼻咽喉科の術者の先生や麻酔科医も現れて、手術室の看護師さんに先導されてゾロゾロと手術場へ。

部屋に入ったら手術台に横たわり、血圧計や心電図を装着して麻酔開始。いつもは医者として麻酔をかけている自分が、今日は逆の立場です。なんとも複雑な気分でした。

麻酔担当医は予定通り、昨日自分が指名した後輩でした。先輩に全身麻酔をかけるなんて、あまり気分の良いものではないかも知れませんが、快く引き受けてくれました。本人には昨日まで黙っていましたが、手術することが決まったときから、麻酔は彼に頼もうとずっと決めていました。

点滴の管の途中にある三方活栓という部分から麻酔薬が血管内に注入されると、急激に意識が遠のきます…。

続きは後ほど。






スポンサーサイト



耳鼻咽喉科入院中 | 02:16:24 | トラックバック(0) | コメント(0)
気持ちの変遷①
まだ午前中。手術室からの呼び出しが来るまでにはまだまだ時間がありそうです。すでに左腕には点滴がつながっています。気分は至って平穏。

でも今の平穏な心持ちになるまでには、この2ヶ月くらいの間に何度もの気持ちの変化がありました。


健診の結果を見た頃
何の危機感もナシ。「せいぜい尿路結石だろう。ただうちは癌家系だし、癌だったら困るなぁ。」

泌尿器科受診した頃
「とりあえず癌ではなさそうで良かった。結石が疑われ、あぁやっぱりな。」
(結石でも充分に大ごとなのですが…。職業柄でしょうか。)

結石が否定され、腎臓内科受診を指示された頃
「ということは…慢性腎炎か…。これは困ったことになった。」
当然ながら病状に対するある程度の知識はもともとある上、病気のことを調べる資料は身近にいくらでもあります。色々な病気の可能性を考えました。内科受診するまでの数日間は、何をしていても上の空だったのを覚えています。何かの間違いであって欲しいとは思いながらも、腎臓を患っていることはほぼ確信していました。

腎臓内科でIgA腎症疑いと宣告された日
覚悟はしていたものの、やはりショックでした。仕事のあい間での受診でしたが、受診の後は仕事が全く手につかなくなってしまい、後輩に頼んで17時ぴったりに帰らせてもらいました。
家に入って妻と子供の顔をみた途端に涙が止まらなくなってしまいました。あの時は妻も相当つらかっただろうと思います。

腎生検目的で入院するまで
IgA腎症の確定診断はついていないものの、扁桃摘出・ステロイドパルスを受けることは確実だろうと考えていました。勤務先で診療を受けているので、当然ながら自分の検査結果もコンピュータで全て見ることができてしまいます。IgA腎症であった場合の病状の進行度まで予想できてしまい、それは決して良い予想ではありませんでした。
しかも入院…。腎生検での入院は1週間程度ですが、その後の治療目的の入院は1ヶ月ほどになるわけで、病気に対する恐怖だけでなく、入院に対する不安、さらには仕事への影響に対する不安に怯える日々でした。


長くなってきたので続きはまたいずれ。手術の後になりますかね。


テーマ:生きること - ジャンル:心と身体

人として 患者として | 12:06:23 | トラックバック(0) | コメント(0)
手術当日
今日は手術の日です。
もう早起きの必要はないのに、ほぼいつも通りの6時半に目が覚めました。

麻酔科医である自分が患者として手術室に入り、全身麻酔を受ける日が来るなんて、想像もしていませんでした。手術室の中で自分がされること全て(もちろん眠っている間のことも)わかっているせいか、とくに不安はありません。麻酔も手術も、自分自身が信頼している医師がやってくれるので安心です。

手術は朝イチから数えて3件目。午後になるのは間違いないでしょう。

長い一日になるのかな。


耳鼻咽喉科入院中 | 07:19:02 | トラックバック(0) | コメント(0)
入院しました
もう病室でブログを書いています。

治療や入院に対する怖れや不安などもうとっくに通り越した気でいましたが、やはり昨夜はあまり眠れませんでした。自分にも繊細さはあるようです。

今朝は普通に出勤して仕事をしました。午前中の少し空いた時間に入院手続きを済ませて病棟へ。スタッフに必要書類を渡して、「何かあったら手術室へ電話ください」と伝えて仕事に戻りました。
夕方近くに手術室が落ち着いてきたら入院しようと思っていたら、こういう日に限って忙しくて抜けられない!結局18時頃になってから荷物を抱えて病棟へ。遅くなったのにも関わらず、スタッフは快く対応してくれました。この辺りは職場の病院で治療を受けることのメリットでしょうか。

明日の午後、麻酔科医である自分が、全身麻酔をかけられて手術を受けます。
木曜日に予定されている手術の麻酔担当医の割り振りは、水曜日に手術室のマネージャーを務めている私の仕事です。私の手術の麻酔担当は信頼できる後輩に頼みました。術中~術後の鎮痛薬については私が自分で考えて、その通りに投与するように指示してあります。明日は私が考えた鎮痛法の効果を、この身をもって体験することになります。果たしてどうなるのか…。

今晩は本を読んだりテレビを観たりして、のんびり過ごそうと思います。気持ちは意外なほどに落ち着いています。



耳鼻咽喉科入院中 | 20:08:07 | トラックバック(0) | コメント(0)
入院前 最後の夜
明日(いやもう今日ですが)、入院です。

職業柄すべてわかっているので、全く不安はありません。強いて言えば、まだ4ヶ月の長男にしばらく会えなくなるのが淋しい…。

それよりも明日の仕事が心配。毎週水曜日は私が手術室のマネジメントをしています。明日は手術が沢山つまっていて、かなり忙しくなる模様。ある程度仕事が落ち着いたら入院するつもりですが、果たして何時になるのやら。

実を言うと、今の勤務先はもともと今月末で退職する予定でした。ですので明日は今の病院で仕事をする最後の日でもあります。状況が状況なだけに感慨深いものはあまり無いのですが、最後まで頑張って働こうと思います。


扁摘パルス 入院前 | 01:00:53 | トラックバック(0) | コメント(0)
これまでの経緯② 腎生検後~今日
退院後は普通に仕事をして、12/27で年内の業務はとりあえず終了。年末年始は嬉しい9連休。12/30に当直があった以外はのんびり過ごしました。

2014/1/6 
腎生検の結果と今後の治療方針を聞きに腎臓内科受診。診断はやはりIgA腎症。耳鼻咽喉科での扁桃摘出術と腎臓内科でのステロイドパルス、いわゆる扁桃パルス療法を提案され、即同意。1月中には始めてもらいたいと伝える。

1/7 
耳鼻咽喉科受診。1/29入院、1/30手術、術後経過が落ち着き次第腎臓内科へ転科という予定に。

1/9, 1/14
この病気は扁桃のみならず、口腔内の感染も原因になっている可能性があるらしいということで、親知らずを2本抜歯。腎臓内科の先生によれば抜歯は扁桃摘出より前にしておいた方が良いとのことだったので、左右立て続けの抜歯を敢行。その後2週間ほど痛みに悩まされることに…。


というわけで、明日入院です。

先月の腎生検も、そして今回も勤務先の病院での入院です。
明日は朝いつも通りに出勤して、仕事の合間に入院手続きをし、夕方頃に手術室での業務が落ち着いたら病棟に行って入院します。おそらくひと月ほどの入院生活になるでしょう。

入院中は治療の経過の他に、自分の気持ちや考えについても少しずつ記していくつもりです。


発覚から治療への経緯 | 17:30:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
これまでの経緯① 発覚~腎生検
2013年秋の健診で尿蛋白2+, 潜血2+で要精密検査に。

太らない体質なのを良いことに今まで散々好き勝手に飲み食いをしてきたので、石でもできてしまったのかなと思って12月初旬に泌尿器科受診。超音波の結果、腎臓に石がありそうだとのこと。数日後に確認のCTを撮ってみたら石はナシ。しかも再検した尿は蛋白4+。

腎臓内科を紹介され、数日後に受診。慢性糸球体腎炎、とくにIgA腎症疑いで、腎生検をすることに。

12/17 手術室での業務が落ち着いたところでそのまま病棟に行って入院。

12/18 腎生検。

12/20 栄養指導。タンパク質50g/日、食塩6g/日までの食事制限を指示される。それでいてカロリーは減らしてはいけないという・・・。

12/21 退院。12/24から仕事に復帰(ちょうど21, 22, 23が3連休だったので少し休めました)。

退院後から減塩・低タンパク食生活が始まりました。続きは次回。




発覚から治療への経緯 | 23:20:17 | トラックバック(0) | コメント(0)
はじめまして
タイトルの通り、IgA腎症という病気になってしまった医者です。麻酔科医をやっています。

治療の経過や自分の思いを文字に残しておこうと、ブログに初挑戦することにしました。

よろしくお願いします。


扁摘パルス 入院前 | 12:58:36 | トラックバック(0) | コメント(0)