■プロフィール

Anesth1975

Author:Anesth1975
麻酔科医です。

健診でIgA腎症が発覚。

医者が患者の立場になってみて初めてわかったこと、感じたことなどを綴っていこうと思います。

'13.12.10 腎臓内科初診
'13.12.17 腎生検目的で入院
'13.12.18 腎生検 
'13.12.21 退院 食事制限開始
'14.01.06 診断確定
'14.01.29 扁摘パルス目的で入院
'14.01.30 口蓋扁桃摘出
'14.02.05 パルス1クール開始
'14.02.12 パルス2クール開始
'14.02.19 パルス3クール開始
'14.02.21 退院 → 4週毎の外来受診
'14.11.04 食事制限解除
'14.12.02 寛解のお言葉を頂戴する
'15.01.27 外来受診8週毎に
'15.09.09 外来受診12週毎に

現在の処方 '14.12.02〜
 オルメテック(20mg) 1錠
 ノルバスク(5mg)1錠

■個別の連絡をご希望の方は以下のフォームをご利用ください

名前:
メール:
件名:
本文:

■クリック頂けると励みになります

にほんブログ村 病気ブログ IgA腎症へ


■ご訪問者数

since Feb.13, 2014

■ブロとも一覧
■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■ランキングに参加しています

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■リンク
カップ麺を食べてみました
間食にレナケアーのカップ麺を食べてみました。
ちなみにカップラーメンは大好きです。

とんこつラーメン

麺   307kcal, タンパク質2.0g, Na242mg
スープ 42kcal, タンパク質1.8g, Na698mg
かやく 2kcal, タンパク質0.1g, Na1mg

減塩なので味は薄めですが、普通に美味しいです。

私の一日の塩分摂取量は6g(Naとして約2400mg)までですから、全部摂ってしまうと結構な塩分になってしまいます。でもスープは全部飲むわけではないので、実際にどの程度のスープが口に入っているのかを測ってみました。

作り方には380mlのお湯を注ぐとありますが、手に取った計量カップの目盛りが50ml刻みだったので、350mlのお湯で作りました。普通に食べて(スープをすすることはしないで)、残ったスープを計量カップに戻すとおよそ200mlでした。350ml中150mlのスープが口に入ったことになるので、スープとして18kcal, タンパク質約0.8g, Na約299mg。

麺とかやくは全部食べたとして合計327kcal, タンパク質2.9g, Na542mg(NaClとして約1.4g)。

たまの楽しみに食べるには良さそうです。


スポンサーサイト



テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

食事について | 21:28:47 | トラックバック(0) | コメント(0)
鼻づまりが改善♪
いま思えば子供の頃から、ずっと鼻づまりに悩まされてきました。
性格のせいもあるとは思いますが、鼻がつまっている状態というのがとにかく不快で、集中力も削がれてしまいます。

10年ほど前からは市販の点鼻スプレーが手放せなくなりました。カバンの中には常に1本、リビングに1本、寝室に1本、職場の机に1本という感じに常備していました。海外に行く時などは、不安で何本も買いだめしてスーツケースにつめていました。

とくにここ数年は毎晩1度は鼻づまりで目が覚め、朝起きた時も必ず鼻がつまっていました。仕事に影響がでても困るので、これもいずれどうにかしなければと思っていました。

ところが扁桃を摘出してからというもの、この鼻づまりが劇的に改善したのです。点鼻スプレーも1日1回使うかどうかといったところです。もともと鼻中隔に若干の彎曲があることは指摘されていたために原因はそれだと思い込んでいたのですが、どうやら扁桃炎が悪さをしていたと思って良さそうです。

退院して家に帰って来てから、私が点鼻スプレーを使わなくなったことに妻が驚いています。そしてこれは昨日初めて聞いたのですが、夜寝ている時の私はなんと口呼吸になっていたそうです(!)。それも治っているようです。

口呼吸、潜んでいた扁桃炎、そしてここ数年のうちにひどくなっていた鼻づまりと、すべてIgA腎症に繋がっていたのでしょう。

鼻づまりの改善で、生活の質は間違いなく良くなりました♪
何が幸いするかわからないものです。


テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

日常(退院後〜寛解) | 13:00:59 | トラックバック(0) | コメント(0)
6スポット治療
IgA腎症患者の同志の皆さんのブログでも多く登場するBスポット治療。
寛解の可能性が少しでも上がるならばと、私も退院したら受けてみたいと考えていました。

たまたま自宅の近くに施行しているクリニックがありました。そこで行っているのは「6スポット治療」というもので、Bスポット治療を発展させたものなのだそうです。何にせよ自宅に近いのは有り難いので、意を決して行ってみました。やはり痛いのは怖いですから…

問診票を記入して間もなく、診察室に呼ばれました。

IgA腎症であることとこれまでの経緯を説明した後に鼻から内視鏡を挿入され、鼻腔内から喉頭までを観察しました。画面に映るので私も観ていました。さすがは耳鼻科の先生、内視鏡の扱いが上手で、目的の場所を次々と映し出してゆきます。鼻に違和感はあるものの、さほど不快感はありませんでした。私もたまに患者さんに同じようなことをするのですが、これがなかなか難しいのです。

それから顔面のレントゲンを撮り、もう一度診察室へ。簡単な説明の後、いよいよ6スポット治療です。まず鼻からでした。左右それぞれの鼻の穴に細い金属の棒が差し込まれ、奥の方でグリグリ。イタいです涙がでました。プールで鼻に水が入った時の痛みに似ています。抜いた棒の先にはうっすらと血の色がついているのを見せられました。そして今度は口から綿棒を差し込んで奥の方でグリグリを3回。これは痛みというよりはオエッとなるのが辛かったです。

終わってみての感想は、痛かったけれど我慢できないほどではない、といったところでしょうか。

初めのうちは頻繁にやった方がよいとのことだったので、今ならばちょうど時間もあるし、週に2回のペースで通ってみようと思います。


テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

受診報告(退院後〜寛解) | 00:42:03 | トラックバック(0) | コメント(3)
今日のお昼はマック♪ ポテト「塩抜き」に挑戦
今日は午後から外出なのでお昼も外で。

大好きなマクドナルドに行ってやろうと決めていました



ビッグマックなどを食べたいところですが、タンパク質含有量を考えるとやはりここは普通のハンバーガーで。ポテトは入院中に知った「塩抜き」に挑戦。ドリンクはコーラ。カロリー確保のため、もうゼロコーラなんか頼めません(笑)。

ポテト塩抜きは味気ないのかなと想像していましたが、これが意外と美味しい!ちょっと待たされますが、確実に揚げたてにありつけるのがメリットですね。温かいうちにいっきに食べてしまうのがコツと言えそうです。

合わせて869kcal、タンパク質17.6g、食塩1.5g(ポテトを0と仮定して)。

朝は低タンパクパンのトーストとコーヒーだけにしていおいたので260kcal、タンパク質0.5g、食塩0.07g(コーヒー、マーガリンは含まず←ほぼゼロと考えて良いかと)。

朝昼で1000kcal以上達成。
まだタンパク質30g以上、食塩4g以上の余裕があるので夕飯も普通に食べられそうです。

ほどほどにでも、美味しい物が食べられることに感謝。


テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

食事について | 11:57:59 | トラックバック(0) | コメント(2)
副作用 その後
ステロイドパルスでの入院中にでた副作用を挙げると以下のようになります。


1. 血糖値上昇
2. 白血球値上昇
3. 血圧上昇
4. 不眠
5. 便秘(気味)
6. 味覚障害
7. 手の震え(ごくわずか)


1, 2に関しては検査データ上のもので、とくに症状があったわけでもなく、今はもう問題ないのでしょう。

3に関しては降圧薬を内服しているものの、やはり若干高値を示す傾向があります。次の外来受診までに毎日定期的に測定し、主治医に報告した方がよさそうです。

4に関しては入院中はかなり手強かったのですが、もう完全に治ってしまいました(笑)。

5はまだ今ひとつですが、ほんの少しだけ、良くなっている気もします。

6。これは意外にまだあるようです。今日も普通に食事をしている限りは全く気づかなかったのですが、先ほど風呂上がりに氷菓子を食べたら、あまり味がなく若干の苦みを感じます。まあこれくらいは気にするほどのことでもありません。

7。これも若干残っているような気がしました。1ヶ月も入院していたので書かなくてはいけない書類も結構たまっていて、今日の日中に片付けたのですが、やはり文字が書きづらい感じがします。手が震えるというほどではありませんが、しっかり力を入れて書かないと、文字が泳いでしまうような感覚があります。これも別に困るような程度ではありません。単に腕の筋力が落ちているだけという可能性も…。


今回、この程度の副作用で済んだのはラッキーでした。

多くの方が経験するムーンフェイスや、私はもともとニキビが多い方なのでそれがひどくなること、あとアラフォー男としては抜け毛を心配していたのですが、幸いにしてどれも現れませんでした。ニキビに関しては警戒して洗顔を頻繁にしたせいもあってか、却って良くなっているくらいです(笑)。

あまり参考にならない記事で恐縮です。



テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

日常(退院後〜寛解) | 23:10:14 | トラックバック(0) | コメント(0)
ベジップス
しょっぱいおやつが欲しい時に、ベジップスは強い味方。
写真

緑は165kcal、タンパク質1.4g、ナトリウム55mg
赤は192kcal、タンパク質1.1g、ナトリウム12mg

発売当初は売り切れ店が続出したとか。

塩の味もちゃんとするし、なによりも美味しいです。ビールにもぴったりです


テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

食事について | 06:37:35 | トラックバック(0) | コメント(2)
低タンパク食品
退院日に合わせて注文しておいた低タンパク食品たちが到着。
20140221235030adc.jpg 

しばらくは家にいる日が多いので、食べ較べてみます。


テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

食事について | 23:51:31 | トラックバック(0) | コメント(0)
退院しました → ラーメン屋へ♪
身支度を済ませ、11:00頃に退院しました。病棟のみなさんには本当にお世話になりました。

予定通りにその足でラーメン屋へ。11:00開店でもうやってる!ラッキー。

そしてこれも予定通り、つけ麺注文です。
2014022123530848b.jpg 

減塩のために味薄め、カロリーアップのために油多めをチョイス。初めて味薄めを注文してみましたが、本当に薄味です。これはイイですね。でも油断せず、スープは極力つけないように。チャーシューと海苔はガマンです。

ごちそうさま!

もうすぐ迎えが来ます。


テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

日常(退院後〜寛解) | 12:08:16 | トラックバック(0) | コメント(0)
食事制限について 続き
これが入院中最後の更新になるかと思います。
まだ9時前ですが、もう最後のステロイド点滴が始まっています。早く出てけってことですかね(笑)。

昨夜の続きです。

iPadのメモ画像。こんな感じで記録しています。
例えば1月7日。
14022101.jpg

いちばん上には3食以外で飲み食いしたものを入力しています。この日は飲み物ばっかりですね。
カロリーを摂らなければいけないので、飲み物は基本的に甘いものばかりです。私は甘いもの好きなので、甘味の制限がないのは有り難いです。ジュースは忙しい時でも手軽に摂れる貴重なカロリー源。とくにりんごジュースはタンパクもナトリウムも微量しか含まないので優秀だと思います。缶のりんごジュースを箱で買っています。

朝食は家で低タンパクパンのトーストと飲み物、野菜。
昼食は妻に用意してもらったおにぎり2個(普通の米でふりかけご飯)と野菜少々。少ないですが、平日はお昼を食べる時間が一定せず、座って食べているような余裕はまずないので意外とこれで済んでしまいます。あとはあい間あい間にジュースでカロリー補給です。

日中の入力を妻が見て、決定したこの日の夕食はオムライスですかね(笑)。

私は夕食後のコーヒーが大好きで、デザートも大好きです。その日の計算の結果で、食べても大丈夫そうなお菓子などを選んで食べています。

一日2000kcal以上摂るように言われているので、夕食以外で1000kcal以上摂るのを目標にしています。私は朝昼はあまり食べず、夕食をたくさん食べるのが好きなので、これくらいがちょうどよいです。


そして1月11日。この日は病院に泊まる日でした。
14022102.jpg
スイートポテトなんかもおやつには良いですよね。

この日はお昼を低タンパク食にしたようです。病院内のコンビニには低タンパク食が充実していて、とても助かっています。
夜はラーメン屋に行っていますね。スープは極力摂らないようにします。


私の現在の制限は、タンパク質50g/day, 食塩6g/day(Naとして約2400mg/day)です。そしてカロリーは2000kcal以上。
おおざっぱに、夕食前までの摂取量をタンパク20g以内(できれば10g以内)、食塩2g以内に抑えれれば、夕食はよほどのことをしなければ普通に食べられるのではないかと考えています。どうしても夜は外食せざるを得ないことが多いですからね。昨日の栄養士さんも、それで良いと言ってくれました。

こんな感じでやっていました。
今日からまたスタートです。


テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

食事について | 09:34:07 | トラックバック(0) | コメント(0)
ステロイドパルス 3クール目3日目(今日で退院♪)
おはようございます。

昨夜は結構眠れてしまいました。たぶん1:00頃に眠りについて、6:30に起床です。ステロイド点滴中でちゃんと眠れたのは初めてです。身体も慣れてくるのでしょうかね(もう今さらですが)。

この24日間は、いろいろと得るものが多い入院生活でした。いったん立ち止まって過去を振り返り、そしてこれから先の心構えを決め、もう一度歩み直すための小休止でした。平均寿命で言えばちょうど半分くらいですしね。扁摘術後の数日間は痛みに悩まされたものの、ステロイドパルスの期間中は体調もむしろ良すぎたくらいで、これも本当にラッキーでした。

終わってしまうと思うと淋しさも少々ありますが、やっぱり退院は嬉しいです♪


今日はひとつ、楽しみにしていることがあります。それは、退院したら病院近くのラーメン屋に行くこと
妻が昼頃に迎えに来てくれることになっているのですが、おそらく午前中に退院してしまいます。支払いなどを済ませた後、待っている間に久々の味を堪能しようと思います。もちろん、食事制限のことは忘れません。ラーメンを食べる時は極力つけ麺を選び、できるだけスープはつけないようにして食べることにしています。場合によってトッピングは残します。今日はお昼に食べるので、夕食のことも考えて、卵とチャーシューは無しにしておきましょう(笑)。妻も了承済です。

そして…
24日ぶりに子供に会える
生後5ヶ月を過ぎ、最近ますます成長しているらしいです。大きくなったろうなぁ。待ってろよ


テーマ:日記 - ジャンル:心と身体

パルス 3クール | 07:34:51 | トラックバック(0) | コメント(2)
次のページ