■プロフィール

Anesth1975

Author:Anesth1975
麻酔科医です。

健診でIgA腎症が発覚。

医者が患者の立場になってみて初めてわかったこと、感じたことなどを綴っていこうと思います。

'13.12.10 腎臓内科初診
'13.12.17 腎生検目的で入院
'13.12.18 腎生検 
'13.12.21 退院 食事制限開始
'14.01.06 診断確定
'14.01.29 扁摘パルス目的で入院
'14.01.30 口蓋扁桃摘出
'14.02.05 パルス1クール開始
'14.02.12 パルス2クール開始
'14.02.19 パルス3クール開始
'14.02.21 退院 → 4週毎の外来受診
'14.11.04 食事制限解除
'14.12.02 寛解のお言葉を頂戴する
'15.01.27 外来受診8週毎に
'15.09.09 外来受診12週毎に

現在の処方 '14.12.02〜
 オルメテック(20mg) 1錠
 ノルバスク(5mg)1錠

■個別の連絡をご希望の方は以下のフォームをご利用ください

名前:
メール:
件名:
本文:

■クリック頂けると励みになります

にほんブログ村 病気ブログ IgA腎症へ


■ご訪問者数

since Feb.13, 2014

■ブロとも一覧
■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■ランキングに参加しています

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■リンク
明日から新年度
明日から新年度ですね。
私も明日からまた仕事開始、新入職です。

退院から今日までの約40日間の休養期間は、特別に何かをしたわけでもありませんでしたが、とても貴重な時間でした。まだ6ヶ月の息子と毎日一緒に過ごせたのは幸せでした。こんな機会はもう二度とないかも知れません。

明日の午前中は新しい職場で入職式があります。学校を卒業したばかりの看護師さんや技師さんや事務職員の人達の中に混じって、39歳の自分も新入職員として出席します。こういうのは初めてなのでちょっと楽しみです。


スポンサーサイト



テーマ:日記 - ジャンル:心と身体

日常(退院後〜寛解) | 22:16:11 | トラックバック(0) | コメント(0)
新しい職場
今日は4月から勤める病院で、臨時のアルバイト医として勤務してきました。

今日一日働いてみた感じだと、なかなか良さそうな職場でした。設備やシステム面はしっかりしているし、新しい上司やスタッフともうまくやってゆけそうな気がします。休養期間が終わってしまうことのストレスはかなり軽くなりました。やっぱり、慣れない環境に対する不安が一番大きかったのかも知れません。
道具の場所や書類の書き方等を今日覚えることができたので、来週から即戦力として働けそうです。

夜は送別会第5弾。これで最後です。朝からたんぱく質ゼロに抑えたので、今晩も楽しんで来ようと思います。


テーマ:日記 - ジャンル:心と身体

日常(退院後〜寛解) | 17:07:09 | トラックバック(0) | コメント(2)
退院後1ヶ月経過
2/21の退院からもう1ヶ月が過ぎてしまいました。
4/1に仕事復帰するまでの約40日間の休養期間も、あっという間に終わってしまいそうで憂鬱になってきました

おかげさまで体調は至って良好です。
唯一の副作用ともいえる便秘も、もうすっかり解消してしまいました。便通はむしろ以前より快調かもしれません。仕事のストレスがない今だけかも知れませんが…。

先週の外来受診でノルバスクが増量となって以来、血圧のコントロールも良くなってきました。収縮期125以下、拡張期75以下を保っています。


新年度を迎えるに当たり、今日は久々にスーツを作りに行こうと思います。
夜は送別会第4弾です。



テーマ:日記 - ジャンル:心と身体

日常(退院後〜寛解) | 09:29:41 | トラックバック(0) | コメント(2)
腎臓内科受診
今日は退院後初の腎臓内科受診でした。

昨日の送別会では不覚にも少々飲み過ぎたようで、あまり体調の良くない状況での採血・採尿でしたが…。

潜血定性 2+
蛋白定性 1+
蛋白定量 23mg/dl(正常値は10以下)

時系列は以下の通り。
12/171/72/52/102/132/172/203/18
BUN9510101071110
Cre0.980.810.820.840.710.790.730.92
eGFR6986858399889674
WBC7800590094001030018800118001780010200
Glu1241011979112481107108

12/1012/171/62/52/102/142/172/203/18
蛋白定性+4+4+2+3+2+2+2+2+1
蛋白/Cr比1.071.120.21
潜血定性+3+3+2+2+±--+2
硝子円柱20-2910-191-41-4-1-45-9-
顆粒円柱1-4-------

Cre, eGFRは以前から乱高下していたので気にしません。飲み過ぎた翌朝で脱水傾向にあったことも事実ですし。まぁ気分の良いものではありませんが。
潜血はやはり陽転しています。入院中に陰転したのはステロイド大量投与の効果だったのでしょう。
尿蛋白は減ったと思ってよさそうです。推定1日尿蛋白量(g)を示す蛋白/Cr比で見ると劇的に改善しているように見えます。ただここまで変化していると、却って疑わしく思えてきます。次回以降の測定値を見るまで判断は保留ですかね。

次回の受診は4/15。
プレドニンは現状維持のまま続行。
血圧のコントロールがあと一歩ということで、ノルバスクが2.5mgから5mgへと増量になりました。

とりあえず良くなってはいるようで、ひと安心です。



テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

受診報告(退院後〜寛解) | 16:32:17 | トラックバック(0) | コメント(0)
3/5健康診断 結果
3/5に受けた雇い入れ時健康診断の結果が郵送されてきました。

尿蛋白 1+
尿潜血 2+

…。良いんだか悪いんだか。
退院時は潜血は陰性化してたのになぁ。蛋白は減っていて良いのですが。

測定項目が少ないので蛋白も潜血も定性のみです。血液検査でもBUNやCreは測定していません。
なんとも言えませんね。

ちなみに今日は退院後初の腎臓内科受診です。


テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

受診報告(退院後〜寛解) | 06:58:03 | トラックバック(0) | コメント(0)
今日はアルバイト
今日はとある透析クリニックの管理を臨時で引き受けています。

以前から透析管理の仕事はたまに引き受けていたのですが、こうして自分が腎臓を患ってみると、カルテを見る目も変わってきます。

夜は送別会第3弾。最もオフィシャルな(?)送別会です。
夕食に備えて日中はたんぱく質・ナトリウムを抑え込むつもりでいたのですが、クリニックが昼食を出してくれる様子。食べないわけにもいかないのでどうしたものか。
食材を選んで、ほどほどに頂くことにします。


テーマ:日記 - ジャンル:心と身体

日常(退院後〜寛解) | 11:20:07 | トラックバック(0) | コメント(0)
低たんぱくパン 試作第3号 ~挫折
試作第2号の反省をもとに、第3号に挑戦。

レシピは基本的には第2号のものを踏襲し、砂糖を25.5gから30gに、ドライイーストを3gから4gにそれぞれ増量。低たんぱく米は冷凍庫から出してすぐのものを使いましたが、水は冷水ではなく熱湯を使用しました。

さぁどうだ!?
写真 1 写真 2

やっぱりダメです。正直、期待してたんだけどなぁ…。

膨らみは前回と同様でした。
食べてみても食感は同様でしたが薫りはかなり強くなっており、どうやら発酵は促進したようです。

前回の反省から今回は発酵を促進させる方法を考え、実際に促進したようですが、それでもパンは膨らみませんでした。

やはり低タンパク米では無理なのでしょうか。別の手を考えた方が良さそうです。


テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

食事について | 01:13:46 | トラックバック(0) | コメント(0)
ディズニーリゾート
親子3人でミラコスタに1泊してきました。

昨年後半から今まで妻の産休・長男誕生・病気発覚・2度の入院と事件続きで、その間にあったそれぞれの誕生日やクリスマスにお祝いらしいことをしていなかったし、平日に休めるチャンスもそうそうあるものではないので、思い切って贅沢してきました。息子にとっては初のお泊り旅行です。

子供が小さいので今回はアトラクションには拘らず、パークやホテルの雰囲気を楽しもう!、という感じで出かけました。1日目はディズニーシー、2日目はディズニーランドへ。

ミラコスタの客室からディズニーシーを見下ろす優越感はなかなかのものでした。
IMG_1448-1.jpg

閉園後のディズニーシー。
DSC00525-1.jpg

ディズニーランドでパレード。
IMG_1484-1.jpg

楽しい2日間でした。


テーマ:日記 - ジャンル:心と身体

日常(退院後〜寛解) | 00:09:36 | トラックバック(0) | コメント(2)
低たんぱくパン 試作第2号
初回の成功に味をしめ、調子に乗って第2号です。
GOPANのマニュアルに載っている「小麦なしお米食パン」の白米を低たんぱく米にそっくり置き換えてみることに。塩は前回同様1gにしました(マニュアルでは5g)。

 1/25越後米粒 230g
 水 230g
 砂糖 25.5g
 オリーブオイル 10g
 グルテンフリー米粉パン用ミックス粉 60g
 ドライイースト 3g

ネットで検索してみた限りでは、低たんぱく米では代用できないようです。しかしわかっていても自分で確かめてみなければ気が済みません。失敗しても、出来栄えを見る事でなにか改良法が見つかるかも知れません。逆にもし成功すればタンパク質4g弱の食パンができることになります。

さて…。
IMG_1319.jpg IMG_1320.jpg

…失敗です

全然膨らんでいません。そして粉が混ざっておらず、白いものが見えます。
薫りは香ばしいパンそのものなのですが。
食べてみると…うん、餅に近いです(笑)。不味くはありません。「どこかの国の主食です」みたいに紹介されたら、「ふーん」と頷いてしまうかもしれません。どうせ餅ならと、トースターで焼いて砂糖醤油をつけて食べてみたら結構イケました(笑)。

敗因を考えます。なぜ膨らまないのか?
・低タンパク米だから
これはしかたがありません。
・冷凍保存してあった米をそのまま使った
材料を変えずに膨らませようとするならば、発酵を促進させるしかなさそうです。イーストに活発に働いてもらうにはある程度の温度が必要です。冷凍庫から出した直後の米を使ってしまったのが失敗に繋がったかもしれません。粉がうまく混ざらなかったのも、このせいかもしれません。

では次回はどうするか?
・水ではなくお湯を使う
言うまでもなく、温度を上げるためです。
・ドライイーストを増やす
発酵が促進するかもしれません。
・砂糖を増やす
砂糖はイーストの栄養分となるため、増やす事で発酵を促進させることができるようです。ただ増やし過ぎは逆効果とも。


あと約束事を決めました。
・どんなものが出来ても、必ず全部食べること。
・次のパンを作るのは、出来たパンを全部食べきってから。


第3号につづきます。


テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

食事について | 00:59:23 | トラックバック(0) | コメント(0)
送別会 第2弾
昨日は送別会第2弾でした。
今回は整形外科の同級生による企画です。整形外科医との飲み会は毎回大騒ぎになるので心して行ってきました(笑)。

日中は3/17の締切が迫っている確定申告の書類作りに追われたおかげであまりお腹も空かず、タンパク質も塩分もほとんど摂らずに臨むことができて安心でした。

気づいたのですが、どうやら1ヶ月弱の入院生活(=断酒生活)のせいで、アルコールに弱くなったようです(笑)。いつものノリで飲んでいたら何かおかしい…。翌日は仕事をする日なのでこれはイカンと思い、途中からセーブ。事なきを得ました。

整形外科や麻酔科の面々に加えて心臓外科の同級生も来てくれて、楽しい会でした。我々くらいの年齢で大学病院にいると、そろそろ次の人生を考え始めます。残っている同級生もだんだん減ってきて、ついに自分が去る番になりました。

今のところ送別会は第5弾まで予定があります(笑)。有り難いことです。


テーマ:日記 - ジャンル:心と身体

日常(退院後〜寛解) | 00:00:53 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ