■プロフィール

Anesth1975

Author:Anesth1975
麻酔科医です。

健診でIgA腎症が発覚。

医者が患者の立場になってみて初めてわかったこと、感じたことなどを綴っていこうと思います。

'13.12.10 腎臓内科初診
'13.12.17 腎生検目的で入院
'13.12.18 腎生検 
'13.12.21 退院 食事制限開始
'14.01.06 診断確定
'14.01.29 扁摘パルス目的で入院
'14.01.30 口蓋扁桃摘出
'14.02.05 パルス1クール開始
'14.02.12 パルス2クール開始
'14.02.19 パルス3クール開始
'14.02.21 退院 → 4週毎の外来受診
'14.11.04 食事制限解除
'14.12.02 寛解のお言葉を頂戴する
'15.01.27 外来受診8週毎に
'15.09.09 外来受診12週毎に

現在の処方 '14.12.02〜
 オルメテック(20mg) 1錠
 ノルバスク(5mg)1錠

■個別の連絡をご希望の方は以下のフォームをご利用ください

名前:
メール:
件名:
本文:

■クリック頂けると励みになります

にほんブログ村 病気ブログ IgA腎症へ


■ご訪問者数

since Feb.13, 2014

■ブロとも一覧
■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■ランキングに参加しています

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■リンク
6/10 外来受診 — 朗報 —
6/10は外来受診の日でした。

ついに…!

潜血 ± (前回 +2)
蛋白 − (前回 +1)

蛋白が陰転、潜血が±に!!

12/172/203/184/155/136/10
蛋白定性+4+2+1+1+1-
蛋白/Cre比1.070.210.240.290.25
潜血定性+3-+2+2+2±
BUN91110656
Cre0.980.730.920.900.760.75
eGFR699674769193

ただし、あくまで定性検査なんですよね〜。
上の表には示していませんが、今回は尿中Cr値が過去の測定値よりもかなり低値を示していました(前回112.78、今回36.53)。つまり、今回は尿が薄かったということです。定性検査というのはあくまでその時の尿における「濃度」で結果が決まりますので、例えば水をガブ飲みして尿を薄めれば、意図的に良い結果を作り出すことも不可能ではないわけです。実際のところ、一日の尿蛋白量の推定値である蛋白/Cre比はほぼ横這いです。

とはいえ、やはり気分は良いですよね。
また5/13の結果におけるCreの低下とeGFRの上昇が、これはどうやら本物であったと考えて良さそうで、嬉しい情報でした。

主治医の先生からも、「期待していた通りの効果がでてきていますね」とのお言葉を頂戴しました♪

処方は予定通り、あと4週間は現状維持です。

次回は7/8。次の検査結果が楽しみです。
楽しみに待てるだけでも幸せなんでしょうね。


スポンサーサイト



受診報告(退院後〜寛解) | 01:11:56 | トラックバック(0) | コメント(0)