■プロフィール

Anesth1975

Author:Anesth1975
麻酔科医です。

健診でIgA腎症が発覚。

医者が患者の立場になってみて初めてわかったこと、感じたことなどを綴っていこうと思います。

'13.12.10 腎臓内科初診
'13.12.17 腎生検目的で入院
'13.12.18 腎生検 
'13.12.21 退院 食事制限開始
'14.01.06 診断確定
'14.01.29 扁摘パルス目的で入院
'14.01.30 口蓋扁桃摘出
'14.02.05 パルス1クール開始
'14.02.12 パルス2クール開始
'14.02.19 パルス3クール開始
'14.02.21 退院 → 4週毎の外来受診
'14.11.04 食事制限解除
'14.12.02 寛解のお言葉を頂戴する
'15.01.27 外来受診8週毎に
'15.09.09 外来受診12週毎に

現在の処方 '14.12.02〜
 オルメテック(20mg) 1錠
 ノルバスク(5mg)1錠

■個別の連絡をご希望の方は以下のフォームをご利用ください

名前:
メール:
件名:
本文:

■クリック頂けると励みになります

にほんブログ村 病気ブログ IgA腎症へ


■ご訪問者数

since Feb.13, 2014

■ブロとも一覧
■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■ランキングに参加しています

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■リンク
近況 仕事のこと
久々に受診報告以外での更新です

1/30の扁桃摘出施行の前日まで大学病院に勤め、2月と3月は入院・自宅療養、3/31付で大学を退職して4/1から別の病院に就職。…まではこのブログに記しました。

実はその後すぐに、複雑な事情で不本意ながら退職せざるを得なくなり(病気とは全く関係ありません)、慌ただしい就職活動を経て6/1からまた別の病院に勤務しております。就職活動自体は本当に慌ただしかったものの、順調に事は運び、再々就職先はすぐに決まりました。しかしやはり、実際に入職してみるまでは不安で落ち着きませんでした。また同じことの繰り返しになる可能性もあるわけですから…。

というわけで、ブログ更新もなんとなくなおざりになっておりました(←言い訳)。

詳細は省きますが、今回の件は世間の怖さを知る良い勉強になりました。

再々就職にあたり、自分の医師としての生き方を大きく転換する決心をしました。これまでは常に新しい技術や道具が揃う大規模な病院で仕事をしてきましたが、今後は規模の小さな病院で、ひとりひとりの患者さんとしっかりと向き合える環境で麻酔科医を続けることにしました。
いずれにせよいつかはこうするつもりでいたのですが、やはり環境を変えるというのは大きな決心が要るもので、なかなか動き出せずにいました。ですので良いきっかけになりました。

職場を移ってから1ヶ月少々経ちましたが、今の病院を選んで大正解でした。派手な仕事はありませんが大病院にいた時よりもはるかにやり甲斐があり、自分が必要とされていることが実感できて毎日が楽しいです。どうやら自分に向いていたようです。

またしてもひとつ、良い経験を積み上げることができました。

家族がいてくれて、好きな仕事があって。病気は治るかどうかまだわからないけれど、経過は良好だしおそらく寿命は全うできるでしょう。これで不満を言ったら罰があたりますよね。


スポンサーサイト



麻酔科医として | 01:02:10 | トラックバック(0) | コメント(0)
7/8 外来受診 — ステロイド減量 —
すっかり外来受診の報告だけのブログとなっておりますが…。

7/8の外来受診のご報告です。

潜血 ± (前回 ±)
蛋白 − (前回 −)

順調なようです♪

12/172/203/184/155/136/107/8
蛋白定性+4+2+1+1+1--
蛋白定量78.32327339<3
蛋白/Cre比1.070.210.240.290.25
潜血定性+3-+2+2+2±±
BUN911106566
Cre0.980.730.920.900.760.750.77
eGFR69967476919390

今回は尿中Cre値が測定されておらず、残念ながら推定一日尿蛋白量はわかりませんでした。もう落ち着いてきているから必要なしという主治医の先生の判断でしょうか。
そこで今回の推移表には尿中蛋白定量値(mg/dl)を加えてみました。これも蛋白や潜血の定量検査と同様、尿の濃さに影響される数値であるために若干信頼性には欠けるものの、感度未満という結果は素直に嬉しいです。
CreとeGFRも横這いで、このままいって欲しいものです。

予定通りのステロイド減量となりました♪
プレドニン20mg(隔日) → 10mg(隔日)

ところでこのブログをご覧の方々の中にはお気づきの方も多いと思いますが、BUN(尿素窒素)がずっと低値を示し続けています。表には示していないのですが、実は血清総蛋白もずっと正常値を下回り続けています。蛋白質の摂取量を制限しすぎなのかも知れません。

次回は8/5。

受診のご報告以外の私の近況も、近いうちに記したいと思っています。


受診報告(退院後〜寛解) | 00:44:44 | トラックバック(0) | コメント(2)