■プロフィール

Anesth1975

Author:Anesth1975
麻酔科医です。

健診でIgA腎症が発覚。

医者が患者の立場になってみて初めてわかったこと、感じたことなどを綴っていこうと思います。

'13.12.10 腎臓内科初診
'13.12.17 腎生検目的で入院
'13.12.18 腎生検 
'13.12.21 退院 食事制限開始
'14.01.06 診断確定
'14.01.29 扁摘パルス目的で入院
'14.01.30 口蓋扁桃摘出
'14.02.05 パルス1クール開始
'14.02.12 パルス2クール開始
'14.02.19 パルス3クール開始
'14.02.21 退院 → 4週毎の外来受診
'14.11.04 食事制限解除
'14.12.02 寛解のお言葉を頂戴する
'15.01.27 外来受診8週毎に
'15.09.09 外来受診12週毎に

現在の処方 '14.12.02〜
 オルメテック(20mg) 1錠
 ノルバスク(5mg)1錠

■個別の連絡をご希望の方は以下のフォームをご利用ください

名前:
メール:
件名:
本文:

■クリック頂けると励みになります

にほんブログ村 病気ブログ IgA腎症へ


■ご訪問者数

since Feb.13, 2014

■ブロとも一覧
■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■ランキングに参加しています

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■リンク
嬉しかったこと 〜6スポット治療にて〜
先日6スポット治療のために耳鼻科クリニックを受診した際のこと。

先生「ウチのこと、患者さんに紹介して下さいました?」
私「??。いえ…。」

先生は私が医者であり、麻酔科を専門にしていることをご存じです。てっきり私は医者としての自分に対する質問だと思ってしまいました。大学病院に勤務していた頃の私はペインクリニック外来も担当していましたが、耳鼻科の開業医さん宛に紹介状を書いた覚えはありませんし、外来を受け持っていたのももう半年以上前の話です。

先生「昨日IgA腎症の初診の方が来て、麻酔科の先生に紹介されたと仰っていたので…。」
私「??……!!」

以前にこのブログのコメント欄で私の通うクリニックについてご質問いただき、その後数回メールでやりとりさせて頂いた方のことを思い出しました。

私「もしかして…◯歳くらいの△性(性別)ですか?」
先生「そうです!」

きっとあの方なんだろうな〜と思い、お役にたてたなら良かったな〜と少し嬉しくなりました。


そしてつい先ほど、前回の記事のコメント欄に、その方からメッセージをいただきました。やはりその通りでした!

私もかつて、IgA腎症が発覚した頃や入院していた頃に(もちろん今現在もですが)同じ病気を持つ方々のブログを拝見し、色々な情報や希望をもらったことを思い出しました。自分も少しは役に立てたのなら、幸いなことです。

顔も名前も存じ上げないけれど同じ病気を持つ同志がいて、同じクリニックで治療を受けている — 何だか不思議で、そして嬉しくもあります。



スポンサーサイト



受診報告(退院後〜寛解) | 01:57:12 | トラックバック(0) | コメント(2)
8/5 外来受診 まぁこんなもんでしょう
8/5の外来受診の報告です。

潜血 − (前回 ±)
蛋白 ± (前回 −)

一進一退に見えますね。

12/172/203/184/155/136/107/88/5
蛋白定性+4+2+1+1+1--±
尿中Cre112.04109.18112.7836.5371.14
蛋白/Cre比1.070.210.240.290.250.21
潜血定性+3-+2+2+2±±-
BUN9111065668
Cre0.980.730.920.900.760.750.770.74
eGFR6996747691939094

定性検査というのは尿の濃さの影響を受けますので、今回の表にはその目安として尿中クレアチニン値を示してみました。この数値が高いほど尿が濃いとお考え下さい。IgA腎症で治療中の方々には釈迦に説法かとは存じますが、尿中蛋白値を尿中クレアチニン値で除したもの(上表の「蛋白/Cre比」)が一日の蛋白排泄量の推定値です。

6/10に蛋白定性が初めてマイナスを示しましたが、尿は薄かったということです。前回の7/8は尿中Cre値の測定がありませんでしたが、私自身の印象ではやはり薄い尿でした。外来受診の日は尿が出ないといけないという意識が働いてしまい、つい水を飲む量が増えてしまうようです。

結局、尿蛋白の量は3月から変わっていないと言えそうです。楽観的な考えは極力排除するつもりでおりますので、この辺りが限界なのかもな、と思うようにします。それでも治療前に較べれば劇的な改善ぶりです。表にはありませんが、蛋白/Cre比が1.7程度あったこともありましたから…。0.2以上で異常値と判断されますから、スゴい数字でした。

ただ今回は尿が濃かったのにも関わらず、潜血がマイナスになったのは好材料でした。炎症自体は良くなっているのだと思います。

ステロイドは予定通り、あと1ヶ月は現状維持です。

この1ヶ月の間は歓送迎会や納涼会といった飲み会が多かったので、その影響が出るか出ないか、今回の検査結果にはとても興味がありました。結果的には大丈夫そうだということがわかり、安心しています。

これからも、普段はしっかり節制・楽しむ時には遠慮なく楽しむ!、の方針でいこうと思います


受診報告(退院後〜寛解) | 18:02:14 | トラックバック(0) | コメント(2)