■プロフィール

Anesth1975

Author:Anesth1975
麻酔科医です。

健診でIgA腎症が発覚。

医者が患者の立場になってみて初めてわかったこと、感じたことなどを綴っていこうと思います。

'13.12.10 腎臓内科初診
'13.12.17 腎生検目的で入院
'13.12.18 腎生検 
'13.12.21 退院 食事制限開始
'14.01.06 診断確定
'14.01.29 扁摘パルス目的で入院
'14.01.30 口蓋扁桃摘出
'14.02.05 パルス1クール開始
'14.02.12 パルス2クール開始
'14.02.19 パルス3クール開始
'14.02.21 退院 → 4週毎の外来受診
'14.11.04 食事制限解除
'14.12.02 寛解のお言葉を頂戴する
'15.01.27 外来受診8週毎に
'15.09.09 外来受診12週毎に

現在の処方 '14.12.02〜
 オルメテック(20mg) 1錠
 ノルバスク(5mg)1錠

■個別の連絡をご希望の方は以下のフォームをご利用ください

名前:
メール:
件名:
本文:

■クリック頂けると励みになります

にほんブログ村 病気ブログ IgA腎症へ


■ご訪問者数

since Feb.13, 2014

■ブロとも一覧
■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■ランキングに参加しています

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■リンク
私の最近の仕事について
現在の職場に移ってからほぼ4ヶ月が経ちました。

以前まで勤めていた病院では手術後の患者さんの診察にあまり時間を割くことができず、病棟も何フロアにも分かれていて、自分が担当した患者さんの病室を回るだけでも結構な時間がかかりました。そのため、麻酔を担当しても手術後の診察は1〜2回行うのが限度でした。

いま勤めている病院は比較的小規模で病棟は2フロアのみ、しかも手術のために入院している患者さんは全員そのうちの1フロアに入院しています。そのため手術後の患者さんの状態も把握しやすい状況にあり、病棟を歩いているだけでもとても多くの情報が目に入ってきます。手術後の患者さんをよく観察することによって、わかってきたことがあります。

私は患者さんの「痛み」を取り除くことを仕事の最重要事項と位置づけています。とにかく痛みをとることに全力を注いできましたが、それがある程度満足できるものになると、次の問題が出てきました。「吐き気」または「嘔吐」です。これは全身麻酔の合併症の中でもかなり高頻度に起こるものなのですが、「痛み」が前面に出ている時にはあまり見られません(目立たない、といった方が正しいのかも知れません)。

その後、手術中の管理法を工夫することによって吐き気や嘔吐もかなり減ってきました。すると更なる課題が…。「動けないことによる痛み(とくに腰痛)」です。私が勤めている病院では整形外科の膝関節や股関節の手術が多く、手術後もひと晩は仰向けのままじっとしていることを強いられます。それによって手術による痛みとは別の痛みが出てくるようなのです。

「動けないことによる痛み」は、私も腎生検の時に身をもって経験したのでよくわかります。あれは本当にツラかった! 自分のIgA腎症の治療の中で一番辛かったのは何かと聞かれたら、おそらく腎生検後24時間の安静時間を挙げると思います。

「手術による痛み」「吐き気・嘔吐」「動けないことによる痛み」これらをすべて取り除くにはどうすれば良いか、これが今の私の課題です。


スポンサーサイト



麻酔科医として | 14:32:32 | トラックバック(0) | コメント(0)
9/9 外来受診
もう2週間すぎてしまいましたが、9/9の外来受診のご報告です。

潜血 − (前回 −)
蛋白 − (前回 ±)

12/172/203/184/155/136/107/88/59/9
蛋白定性+4+2+1+1+1--±-
尿中Cre112.04109.18112.7836.5371.14
蛋白/Cre比1.070.210.240.290.250.21
潜血定性+3-+2+2+2±±--
BUN91110656688
Cre0.980.730.920.900.760.750.770.740.77
eGFR699674769193909490

尿中クレアチニンの測定が2ヶ月に1回となっていることについて、主治医の先生に理由を訊いてみたところ、ここまで尿蛋白が少なくなってくると蛋白/Cre比の数値もあまりあてにはならないからなのだそうです。ただそれでも2ヶ月に1回測定するのは、もし今後腎症が再燃した際のために参考となる数値を残しておく必要があるから、だそうです。

潜血・蛋白ともにマイナスとなり、経過は良好なようです。
プレドニンがめでたく減量となり、5mg(隔日)です。順調なら次回10/7の受診でプレドニンは終了となる見込みです。

最近は仕事が終わって帰宅したらすぐに風呂に入り、子供と少し遊んで夕飯、食後も子供と遊んで子供が寝たら一緒に寝る、という生活パターンなもので、家でコンピュータの前に座る時間があまりありません。今日は珍しくひとりで留守番しているので、こうして久々にブログ更新しております。


受診報告(退院後〜寛解) | 15:26:52 | トラックバック(0) | コメント(1)