■プロフィール

Anesth1975

Author:Anesth1975
麻酔科医です。

健診でIgA腎症が発覚。

医者が患者の立場になってみて初めてわかったこと、感じたことなどを綴っていこうと思います。

'13.12.10 腎臓内科初診
'13.12.17 腎生検目的で入院
'13.12.18 腎生検 
'13.12.21 退院 食事制限開始
'14.01.06 診断確定
'14.01.29 扁摘パルス目的で入院
'14.01.30 口蓋扁桃摘出
'14.02.05 パルス1クール開始
'14.02.12 パルス2クール開始
'14.02.19 パルス3クール開始
'14.02.21 退院 → 4週毎の外来受診
'14.11.04 食事制限解除
'14.12.02 寛解のお言葉を頂戴する
'15.01.27 外来受診8週毎に
'15.09.09 外来受診12週毎に

現在の処方 '14.12.02〜
 オルメテック(20mg) 1錠
 ノルバスク(5mg)1錠

■個別の連絡をご希望の方は以下のフォームをご利用ください

名前:
メール:
件名:
本文:

■クリック頂けると励みになります

にほんブログ村 病気ブログ IgA腎症へ


■ご訪問者数

since Feb.13, 2014

■ブロとも一覧
■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■ランキングに参加しています

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■リンク
歯科治療 追記
 先ほどの続きです。

手術は11/25に決定しました。

私の病院の歯科外来はとても繁盛していること、今回は通常の歯科治療よりも長時間の予約枠を必要とすること、そして私の仕事の都合という複数の要因があったため、ほぼ1ヶ月先の予定となりました。
術後の痛みが続くのは1週間程度とのことなので、忘年会シーズンには間に合いそうです。

痛いのは正直コワいですが、腎生検後の安静時間の痛みや、扁桃摘出直前に親知らずを立て続けに2本抜歯した時の痛み、扁桃摘出後の痛みに較べればきっと大したことはないでしょう(そう思いたい…)。

またご報告します!


スポンサーサイト



受診報告(退院後〜寛解) | 22:40:59 | トラックバック(0) | コメント(2)
歯科治療
実は私は現在、歯科でも治療を受けています。

8月のある日に食事をしている際、噛んでいる時にガリッと砂を噛むような感触がありました。その後左下の奥歯に、歯で触れると明らかにわかる穴があいていました。

幸い私が勤めている病院には歯科・口腔外科もあるため、仕事のあい間に診てもらっています。その虫歯の治療は終わったのですが、もう1本虫歯を見つけられてしまい、「念のため口全体のレントゲンを撮っておきましょう」ということに。

そして一昨日、もう1本の虫歯の治療が終了した後でレントゲン写真を見せられ、上の前歯の歯根部に嚢胞ができているとの指摘を受けました。要するに、歯茎に感染があり膿がたまっているということです。通常は症状がなければ放置しておいても大丈夫なのだそうなのですが、何しろ私はIgA腎症です。もしかしたら、この嚢胞とも関連があるのかも知れません。思い切って治療をお願いすることにしました。

歯茎を切開して膿を掃除し、感染している歯根部の一部を切り取る手術をするそうで、外来で1時間程度で済むようです。先ほどもう一度レントゲンを撮り、その結果を診ていただいた上で日程を調整することになりそうです。これがIgA腎症と関係があるか否かはわかりませんが、治療が一歩前進する可能性が出てきたのは嬉しいです。

術後はそれなりに痛いらしいので、できれば忘年会シーズンに突入する前にやっつけてしまいたいと思っています。


受診報告(退院後〜寛解) | 12:03:42 | トラックバック(0) | コメント(2)
10/7 外来受診 … 一歩後退
10/7の受診の報告です。

いつも4週間毎に火曜日の午前中に、今年3月まで勤めていた大学病院の腎臓内科で診てもらっています。その関係もあって毎週火曜日の午前中はその病院の手術室業務を手伝っており、受診の日は採血採尿・診察の順番が回ってきたところで内線で呼び出してもらっています。

8:15に業務開始、8:30から手術の患者さんが順次入室してきて麻酔導入を手伝い、9:30頃に落ち着いたところで採血室に行って診察券を提出。この時間は採血も混んでいるので(それでもせいぜい10分程度の待ち時間ですが)、呼び出しをお願いして一旦手術室に戻ります。

そこでなぜか…トイレに行ってしまいました。用を足している最中に「あ、このあと採尿じゃん!?」と気付いてもあとの祭り。

10分足らずで呼び出しがかかり、採血のあと採尿。やっぱり出ません。どうにか少しだけ出た尿を提出。この尿、濃くないか?イヤな予感です。

10:40頃、今度は内科外来から呼び出し。その結果は…

潜血 ± (前回 −)
蛋白 + (前回 −)

12/172/203/185/136/108/59/910/7
蛋白定性+4+2+1+1-±-+1
尿中Cre112.04112.7836.5371.14137.32
蛋白/Cre比1.070.210.290.250.210.20
潜血定性+3-+2+2±--±
BUN91110568811
Cre0.980.730.920.760.750.740.770.78
eGFR6996749193949089

一歩後退してしまいました。主治医に上記のことを話すと、「あ〜濃縮されちゃったかもしれませんねぇ」との返事。
念のため、ステロイド内服を1ヶ月延長することに。データ自体は気にならないのですが、今日でステロイドが終了になると思い込んでいただけに少々ヘコみました。実は6月頃からニキビもひどくなっていたということもあり…。

尿の濃縮のせいなのか、それとも本当に悪くなっているのか(たいした変化ではないので心配はしませんが)わかりませんが、まあ仕方がありません。次回からトイレのタイミングには要注意ですね。


受診報告(退院後〜寛解) | 12:24:25 | トラックバック(0) | コメント(0)