■プロフィール

Anesth1975

Author:Anesth1975
麻酔科医です。

健診でIgA腎症が発覚。

医者が患者の立場になってみて初めてわかったこと、感じたことなどを綴っていこうと思います。

'13.12.10 腎臓内科初診
'13.12.17 腎生検目的で入院
'13.12.18 腎生検 
'13.12.21 退院 食事制限開始
'14.01.06 診断確定
'14.01.29 扁摘パルス目的で入院
'14.01.30 口蓋扁桃摘出
'14.02.05 パルス1クール開始
'14.02.12 パルス2クール開始
'14.02.19 パルス3クール開始
'14.02.21 退院 → 4週毎の外来受診
'14.11.04 食事制限解除
'14.12.02 寛解のお言葉を頂戴する
'15.01.27 外来受診8週毎に
'15.09.09 外来受診12週毎に

現在の処方 '14.12.02〜
 オルメテック(20mg) 1錠
 ノルバスク(5mg)1錠

■個別の連絡をご希望の方は以下のフォームをご利用ください

名前:
メール:
件名:
本文:

■クリック頂けると励みになります

にほんブログ村 病気ブログ IgA腎症へ


■ご訪問者数

since Feb.13, 2014

■ブロとも一覧
■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■ランキングに参加しています

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■リンク
今年最後の投稿です
今年の1月末に扁摘パルス目的で入院したのをきっかけに始めたこのブログ、治療の経過や気持ちの変化などを文字で残しておくことと、そして文章を書く練習をすることが目的でした。

2月にFC2ブログに引っ越してきて以来およそ10ヶ月が経ちましたが、予想以上に多くの方々にご覧いただいているようで驚いています。同じ病気を持つ同志の方々に、少しでもお役に立てていれば幸いです。

いま職場でこの投稿を書いていますが(業務は終了していますよ)、明日からは色々と動き回ることになりそうなのでこれが今年最後の投稿になるかと思います。皆様、今年1年お疲れさまでした。

よいお年をお迎えください。そして来年もよろしくお願いします。


スポンサーサイト



人として 患者として | 18:23:15 | トラックバック(0) | コメント(1)
病気を受け入れるということ
12/2の外来受診で、嬉しい嬉しい「寛解」という言葉を頂きました。

治療を始めた頃、もし寛解したら嬉しくて泣いてしまうかも知れないなと思っていました。

ところが実際に寛解と言われてみると、勿論ものすごく嬉しかったのですが、意外とあっさりとその言葉を受け止めていました。前回の投稿で記したように、あまりにも意外で唖然としてしまったからというのもあるかと思います。

あれから5日が経過しましたが、私の毎日は以前と同じように流れています。

自分なりにこの心境を分析してみて思ったのは、私はIgA腎症という病気をすでに受け入れており、この病気と共存して生きて行くことに対する覚悟がある程度できていたのではないかということです。

私は麻酔科医です。これまでの15年間、手術を受ける多くの患者さんと関わってきました。そして中には厳しい状況にある患者さんもたくさんいました。しかし手術の前日に麻酔の説明をしに行くと、そのほとんどの人達は冷静に私の話を聞いて下さり、「よろしくお願いします」と言ってくれました。それがどんな気持ちなのか想像ができずにいましたが、今は少しわかるような気がします。ヒトの強さというものを、漠然とではありますが感じています。

幸い私は大した苦労もしておらず、しかもたったの1年でここまで来てしまいました。ですのでこの投稿は、病気と戦う多くの人々に対して失礼な内容であるかもしれません。しかしこの経験は間違いなく私のこれからの仕事にプラスになると思います。



人として 患者として | 22:09:53 | トラックバック(0) | コメント(3)
12/2 外来受診 まさかの宣告
12/2(火)の外来受診のご報告です。

子供が保育園でもらってきたと思われるウィルス性腸炎が私にもうつってしまったようで、直前の土日はエラい目に遭いました。月曜日はどうにか仕事には行けたので、発症したのが週末だったのはラッキーでした。

12/2にはだいぶ回復していたものの本調子ではなかったため、少々不安な外来受診でした。

潜血 ± (前回 −)
蛋白 − (前回 −)

12/173/185/136/108/59/910/711/412/2
蛋白定性+4+1+1-±-+1-
潜血定性+3+2+2±--±-±
BUN9105688111011
Cre0.980.920.760.750.740.770.780.840.8
eGFR697491939490898286
(蛋白の定量値が測定感度以下となったため、蛋白/Cre比は時系列表から削除しました)

主治医「先生(私のこと)、イイですね!」
私  「そのようですねぇ。」
主治医「いまのところ完全寛解と言って良いと思います。」
私  「!!」

ビックリのひと言でした。

私  「こんなに早く良くなるとは思いもしませんでしたよ。」
主治医「うーん、これは人によります。」

左の方に記してある通り、腎臓内科に初診でかかったのが昨年の12/10。ちょうど1年で「寛解」のひと言にたどり着いてしまいました。
とんでもない量のタンパク質が尿中に排泄されている現実を目の当たりにした頃から、寛解という言葉までは望まないことにしていましたし、仮に行き着けるとしてももっともっと先のことだと考えていました。ですので、なんだか唖然としていましました。

応援して下さった方々に、そして誰よりも、支えてくれた妻に感謝。


受診報告(退院後〜寛解) | 23:50:10 | トラックバック(0) | コメント(0)