■プロフィール

Anesth1975

Author:Anesth1975
麻酔科医です。

健診でIgA腎症が発覚。

医者が患者の立場になってみて初めてわかったこと、感じたことなどを綴っていこうと思います。

'13.12.10 腎臓内科初診
'13.12.17 腎生検目的で入院
'13.12.18 腎生検 
'13.12.21 退院 食事制限開始
'14.01.06 診断確定
'14.01.29 扁摘パルス目的で入院
'14.01.30 口蓋扁桃摘出
'14.02.05 パルス1クール開始
'14.02.12 パルス2クール開始
'14.02.19 パルス3クール開始
'14.02.21 退院 → 4週毎の外来受診
'14.11.04 食事制限解除
'14.12.02 寛解のお言葉を頂戴する
'15.01.27 外来受診8週毎に
'15.09.09 外来受診12週毎に

現在の処方 '14.12.02〜
 オルメテック(20mg) 1錠
 ノルバスク(5mg)1錠

■個別の連絡をご希望の方は以下のフォームをご利用ください

名前:
メール:
件名:
本文:

■クリック頂けると励みになります

にほんブログ村 病気ブログ IgA腎症へ


■ご訪問者数

since Feb.13, 2014

■ブロとも一覧
■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■ランキングに参加しています

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■リンク
1月27日 外来受診
2015年初の投稿です。後れ馳せながら、今年もよろしくお願い致します。
つい最近年が明けたと思ったら、いつの間にか1月も末日ですね。

大晦日にひいた風邪が少々長引き、今月はいまひとつ体調が優れない日が続きました。ちょうどひと月が過ぎた今日になっても未だ咳が止まらず、困ったものです。

1/27に外来受診しました。
食事制限の解除から3ヶ月、寛解のお言葉を頂いてから2ヶ月経ちました。この日も風邪のおかげで本調子ではなく、検査結果が少々心配でしたが…。

潜血 − (前回 ±)
蛋白 − (前回 −)
Cre 0.84
BUN 10
eGFR 82

全く問題ない結果でひと安心。処方はそのままで、次回の受診は3/24。

主治医の先生によれば、最近エビデンスレベルの高い海外の学術誌に、扁摘パルス療法がIgA腎症の治療成績を有意に向上させるという内容の論文が掲載されたそうです。「こうして実際に先生(私のこと)の数値が良くなっているのを見ると、この治療をやって良かったと改めて思いますよ」とのこと。

そういや最近論文書いてないな、などとちょっと思ってしまいましたが…( ̄▽ ̄;)。

左の欄にも記してありますが、扁桃摘出を受けたのが昨年の1/30。その翌日にあたる今日(1/31)は、嚥下時の強烈な咽の痛みに苦しみ、食事もほとんど摂れなかったのを思い出します。辛い思い出ですが、やっておいて本当に良かったと思います。


スポンサーサイト



受診報告(寛解後) | 22:13:57 | トラックバック(0) | コメント(0)