■プロフィール

Anesth1975

Author:Anesth1975
麻酔科医です。

健診でIgA腎症が発覚。

医者が患者の立場になってみて初めてわかったこと、感じたことなどを綴っていこうと思います。

'13.12.10 腎臓内科初診
'13.12.17 腎生検目的で入院
'13.12.18 腎生検 
'13.12.21 退院 食事制限開始
'14.01.06 診断確定
'14.01.29 扁摘パルス目的で入院
'14.01.30 口蓋扁桃摘出
'14.02.05 パルス1クール開始
'14.02.12 パルス2クール開始
'14.02.19 パルス3クール開始
'14.02.21 退院 → 4週毎の外来受診
'14.11.04 食事制限解除
'14.12.02 寛解のお言葉を頂戴する
'15.01.27 外来受診8週毎に
'15.09.09 外来受診12週毎に

現在の処方 '14.12.02〜
 オルメテック(20mg) 1錠
 ノルバスク(5mg)1錠

■個別の連絡をご希望の方は以下のフォームをご利用ください

名前:
メール:
件名:
本文:

■クリック頂けると励みになります

にほんブログ村 病気ブログ IgA腎症へ


■ご訪問者数

since Feb.13, 2014

■ブロとも一覧
■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■ランキングに参加しています

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■リンク
5/19 外来受診
5/19に外来受診しました。

潜血 − (前回 −)
蛋白 − (前回 −)
Cre 0.79 (前回 0.85)
BUN 11 (前回 11)
eGFR 87 (前回 80)

すっかり安定して、特別に書くこともありません(良いことなのですが)。


火曜日の午前中は以前に勤めていた大学病院(腎症の治療もここでしました)の手術室の応援に行き、受診の日は検査と診察の時に抜けさせてもらって外来に行きます。昨日もいつものように大学病院に行きましたが、中学高校の同期でもある小児科医の同級生が留学から戻ってきており、10年以上ぶりに再会しました。

私は人付き合いが良い方ではないので、学生時代に仲の良かった友人というのは多くありません。上記の彼ともとくに仲が良かったわけではないのですが、この年になってみると同期だったというだけで妙に親近感が湧いてきて、お互いに「久しぶり!元気?」と和気藹々に言えるようになります。学生時代にはほとんど口もきいたことがなかったのに、医者になってから付き合いが始まった友人も結構います。

月並みな言い方ですが、友達というのは有難いものですね。

スポンサーサイト



受診報告(寛解後) | 17:22:45 | トラックバック(0) | コメント(0)