■プロフィール

Anesth1975

Author:Anesth1975
麻酔科医です。

健診でIgA腎症が発覚。

医者が患者の立場になってみて初めてわかったこと、感じたことなどを綴っていこうと思います。

'13.12.10 腎臓内科初診
'13.12.17 腎生検目的で入院
'13.12.18 腎生検 
'13.12.21 退院 食事制限開始
'14.01.06 診断確定
'14.01.29 扁摘パルス目的で入院
'14.01.30 口蓋扁桃摘出
'14.02.05 パルス1クール開始
'14.02.12 パルス2クール開始
'14.02.19 パルス3クール開始
'14.02.21 退院 → 4週毎の外来受診
'14.11.04 食事制限解除
'14.12.02 寛解のお言葉を頂戴する
'15.01.27 外来受診8週毎に
'15.09.09 外来受診12週毎に

現在の処方 '14.12.02〜
 オルメテック(20mg) 1錠
 ノルバスク(5mg)1錠

■個別の連絡をご希望の方は以下のフォームをご利用ください

名前:
メール:
件名:
本文:

■クリック頂けると励みになります

にほんブログ村 病気ブログ IgA腎症へ


■ご訪問者数

since Feb.13, 2014

■ブロとも一覧
■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■ランキングに参加しています

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■リンク
患者の家族
本日、私の母が手術を受けました(詳細は省きます)。
そして今日はたまたま私の職場では手術の依頼が入っていなかったため、一日お休みをいただいて朝から付き添いに行ってきました。

母が入院している病院はまだ建ってから間もない新しい病院で、とてもキレイです。しかも手術目的での入院の場合は無料で個室に入院させてくれるそうで、行ってみるとなかなか快適そうな病室です。

手術中は父と二人で病室で待ち、手術が終わって母が戻ってきた後もベッドのそばで座っていたわけですが、これがとても退屈…。しかも面会者用の椅子は木製の丸椅子しかなく、長時間座っているのはなかなか苦痛でした。

実は私の父も比較的大きな手術を受けたことがあるのですが、その際は当時の私の職場での手術で、私が自分で麻酔を担当しました。そのため、「手術を受ける患者を待つ家族」という立場を経験するのは今日が初めてでした。正直なところ、「自分で麻酔をかける方が良いな」と思ってしまいました(医者が自分の家族に対して手術をしたり、麻酔をかけたりするのには賛否両論あるのですが)。

「医者」「患者」に続いて、今回は「患者の家族」という立場を経験しましたが、同じ「手術」というイベントでも、立場が変わると当然ながら視点も全く違うのだなぁと実感した一日でした。


スポンサーサイト



人として 患者として | 00:21:06 | トラックバック(0) | コメント(0)
12/1 外来受診 脱水
12/1(火)は12週ぶりの腎臓内科受診でした。

いつもの火曜日と同じように、朝から元・職場に行き、7:50頃に到着。病院受付の再来機に診察券を通して手術室へ。
8:15から麻酔科でカンファレンス(朝礼みたいなもんです)。8:30から患者さんたちが手術室に入ってきて、それぞれ麻酔開始、私も後輩の麻酔を手伝います。
9:20頃、落ち着いたところで採血室に行って診察券を渡し、順番が来たら電話で呼び出してもらえるように頼んで再び手術室へ。通常ならこの頃には程よく膀胱が満たされているのですが…全然尿意がナイ。慌てて水をゴクゴク飲みますが…。

9:30頃に採血・採尿の順番が回ってきたと連絡が入り再び採血室へ。採血の後カップを渡されて採尿ですが…やっぱり尿意はイマイチ。採尿カップを持ったまま手術室に戻り、膀胱に尿がたまるのを待ちます。9:45頃だったでしょうか、さすがにもう提出しないとイカンかなと思い、尿意も出てきたのでトイレに行って採尿 − 明らかに色が濃い…。もう後戻りはできず、その濃い尿を提出してまた手術室へ戻ります。

20分ほど経ってから、手術室のコンピュータで自分の検査データをチェック。結果は…

潜血 − (前回 −)
蛋白 1+ (前回 −)
尿比重 1.038
Cre 0.91 (前回 0.80)
BUN 11 (前回 11)
eGFR 74 (前回 86)

蛋白が陽性になってしまいました(−_−;)。
しかし尿比重が正常範囲を超えて高値(尿が濃いということ)、クレアチニンも高めで、こりゃ脱水だわ。

10:30に腎臓内科外来から呼び出し。

主治医「先生(私のこと)、今日はどうしたんですかこの(尿の)比重!」
私「いやぁ、脱水になっちゃいましたねぇ」
主治医「これじゃ普通の人でもタンパク出ちゃいますよ!」

実はこの日は朝すこし寝坊してしまい、食べ物も飲み物もあまり口にしていなかったのです。脱水になれば水の排泄は減り、尿は濃くなります。定性検査というのは蛋白や潜血の「量」を測るものではなく「濃さ」を測るものなので、尿が濃くなれば当然これらも濃くなります。

主治医「他の所見は全く問題ないですし、大丈夫でしょう。今日の結果は参考値ということで」

まあ別に心配ではないのですが、あまり気分の良いものではありませんね。
オルメテック・ノルバスクの処方はそのまま。次回は同じく12週後の2/23。

同志の皆さま、検査当日の朝はくれぐれもお気をつけください。


受診報告(寛解後) | 23:33:46 | トラックバック(0) | コメント(4)