■プロフィール

Anesth1975

Author:Anesth1975
麻酔科医です。

健診でIgA腎症が発覚。

医者が患者の立場になってみて初めてわかったこと、感じたことなどを綴っていこうと思います。

'13.12.10 腎臓内科初診
'13.12.17 腎生検目的で入院
'13.12.18 腎生検 
'13.12.21 退院 食事制限開始
'14.01.06 診断確定
'14.01.29 扁摘パルス目的で入院
'14.01.30 口蓋扁桃摘出
'14.02.05 パルス1クール開始
'14.02.12 パルス2クール開始
'14.02.19 パルス3クール開始
'14.02.21 退院 → 4週毎の外来受診
'14.11.04 食事制限解除
'14.12.02 寛解のお言葉を頂戴する
'15.01.27 外来受診8週毎に
'15.09.09 外来受診12週毎に

現在の処方 '14.12.02〜
 オルメテック(20mg) 1錠
 ノルバスク(5mg)1錠

■個別の連絡をご希望の方は以下のフォームをご利用ください

名前:
メール:
件名:
本文:

■クリック頂けると励みになります

にほんブログ村 病気ブログ IgA腎症へ


■ご訪問者数

since Feb.13, 2014

■ブロとも一覧
■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■ランキングに参加しています

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■リンク
手術室は寒い!
新年度になりましたね。
もうすぐ生後8か月になる下の娘も保育園通いが始まりました。まだ数日しか経っていないのにすっかり順応しているようで、さすがは下の子です。

東京はだいぶ暖かくなってきて、桜も散り始めています。

しかし…私の主戦場の手術室は、年中冬です。今日も寒かった!

手術室に入る時は通常、スクラブスーツと呼ばれる、テレビドラマでもよく見る青や緑などの上下に着替えます。実際に手術を行う医師は、その上に清潔なガウンを着ます。そして手許(我々は術野と呼びます)は無影灯と呼ばれるライトを複数使って照らすため、方々から明るい光を浴びる格好になります。私は術者側の立場になったことはほとんどないのでよくわからないのですが、これが結構暑いらしいのです。

そのため、手術室の空調はどうしても低い温度に設定することになります。
さらにこれはなぜなのかわかりませんが、多くの病院の手術室で、我々麻酔科医の立つポジションには空調の風がもろに当たる構造になっています。

実は私、結構な寒がりです。IgA腎症も寛解しているとはいえ、風邪だってひかないに越したことはありません。

手術室ではスクラブスーツは素肌に着るのが普通ですが、私はユニクロのヒートテックを着込み、さらにもう一枚タートルネックのTシャツを着て、その上にスクラブを着ています。スクラブのズボンの下にもヒートテックのタイツを穿いています(格好悪いかもしれませんがどうせ見えなければOKですよね)。

さらにさらに。それでも寒い時があるので、手術室の私のロッカーには貼るタイプの使い捨てカイロを常備しています。これをTシャツの首筋近くに貼ると、なかなかの暖かさになります。一日中手術室に籠もるような日にはこれが必要になります。ちなみに今日も貼りました(笑)。

私ほどの防寒をするのは異常だと思いますが、手術室は寒いというのは入ったことがある人であれば共通の見解だと思います。

ちょっとしたウラ話でした。


スポンサーサイト



麻酔科医として | 22:38:27 | トラックバック(0) | コメント(0)