■プロフィール

Anesth1975

Author:Anesth1975
麻酔科医です。

健診でIgA腎症が発覚。

医者が患者の立場になってみて初めてわかったこと、感じたことなどを綴っていこうと思います。

'13.12.10 腎臓内科初診
'13.12.17 腎生検目的で入院
'13.12.18 腎生検 
'13.12.21 退院 食事制限開始
'14.01.06 診断確定
'14.01.29 扁摘パルス目的で入院
'14.01.30 口蓋扁桃摘出
'14.02.05 パルス1クール開始
'14.02.12 パルス2クール開始
'14.02.19 パルス3クール開始
'14.02.21 退院 → 4週毎の外来受診
'14.11.04 食事制限解除
'14.12.02 寛解のお言葉を頂戴する
'15.01.27 外来受診8週毎に
'15.09.09 外来受診12週毎に

現在の処方 '14.12.02〜
 オルメテック(20mg) 1錠
 ノルバスク(5mg)1錠

■個別の連絡をご希望の方は以下のフォームをご利用ください

名前:
メール:
件名:
本文:

■クリック頂けると励みになります

にほんブログ村 病気ブログ IgA腎症へ


■ご訪問者数

since Feb.13, 2014

■ブロとも一覧
■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■ランキングに参加しています

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■リンク
学会参加
5/26(木)〜5/28(土)の3日間、福岡で開催された日本麻酔科学会に参加してきました。
日本の麻酔科学領域の学会では最大規模のもので、日本全国の麻酔科医が集結するため、この3日間はおそらく日本全国の病院で麻酔科や手術室が手薄になっていたことでしょう。

学会の楽しみといえば、仕事の一環であるという大義名分をもって(笑)、色々なところを旅行できる事です。
ところが近年この日本麻酔科学会は、開催都市が札幌・横浜・神戸・福岡に限定されてしまい、中でも横浜・神戸の頻度がかなり高くなっています。東京在住の私にとって、横浜で学会があっても別に楽しくありません。神戸もとても良いところですが、やはり何度も行っていれば感動も薄れてしまいます。

今回は久々の福岡ということで、楽しんで帰ってきました。とんこつラーメンも大好きですし。
もちろん肝腎の学会にもきちんと参加して、勉強してきましたよ。

大学病院に在籍していた頃は、とくに努力しなくても常に新しい知識や考え方に触れることができました。しかし一般病院で一人で麻酔科医をやっている今は、自分から学ぼうとしないと取り残されてしまい、井の中の蛙になってしまう怖れがあります(それでもおそらく業務に支障はないのですが)。

今回の学会は得るものも多く、有意義なものでした。
次回はもう少し続きを書こうと思います。


スポンサーサイト



麻酔科医として | 22:55:42 | トラックバック(0) | コメント(0)
5/17 外来受診
今日は受診の日でした。

潜血 − (前回 −)
蛋白 − (前回 −)
尿比重 1.016
Cre 0.84 (前回 0.88)
BUN 15 (前回 7)
eGFR 81 (前回 77)

尿中蛋白 8
尿中Cre 81.26
蛋白/Cre比 約0.1

順調です。ところが…。

主治医「先生、困ったことになっちゃたんですよ。」
私「?」
主治医「ウチの体制が変わることになりましてね。」
私「あぁ、じゃあ火曜日担当の先生がかわっちゃうんですね。」
主治医「いや、そうじゃなくて。火曜日の外来がね、なくなっちゃうんですよ。」

私は仕事の関係上、外来受診ができるのは平日だと火曜日午前に限られています。確かに困ったことになりました。紹介状をもらって病院を替えることも考えましたが、それも面倒です。

結局、受診日を土曜日にしてもらうことにしました。勤務先との契約上、私は土曜日は休日になっていますので全く問題ありません。
ただどうせ毎週火曜日午前はその病院に行っていますので(過去の記事参照)、受診日の直前の火曜日に採血・採尿は済ませてしまうということにしてもらいました。そうすれば土曜日の受診は短時間で済みます。

主治医「もう完全寛解してるので担当医が代わっても問題ないでしょう。」

完全寛解…。良い響きです。

というわけで、現在の主治医の診察は今日が最後になりました。
およそ2年半前に腎臓内科に初診でかかった時から診ていただいていた先生なので(入院中は別の主治医でしたが)寂しい感もありますが、大学病院というのはこんなもんです。

次回は7/26に採血・採尿、7/30に受診です。

受診報告(寛解後) | 23:52:04 | トラックバック(0) | コメント(0)