■プロフィール

Anesth1975

Author:Anesth1975
麻酔科医です。

健診でIgA腎症が発覚。

医者が患者の立場になってみて初めてわかったこと、感じたことなどを綴っていこうと思います。

'13.12.10 腎臓内科初診
'13.12.17 腎生検目的で入院
'13.12.18 腎生検 
'13.12.21 退院 食事制限開始
'14.01.06 診断確定
'14.01.29 扁摘パルス目的で入院
'14.01.30 口蓋扁桃摘出
'14.02.05 パルス1クール開始
'14.02.12 パルス2クール開始
'14.02.19 パルス3クール開始
'14.02.21 退院 → 4週毎の外来受診
'14.11.04 食事制限解除
'14.12.02 寛解のお言葉を頂戴する
'15.01.27 外来受診8週毎に
'15.09.09 外来受診12週毎に

現在の処方 '14.12.02〜
 オルメテック(20mg) 1錠
 ノルバスク(5mg)1錠

■個別の連絡をご希望の方は以下のフォームをご利用ください

名前:
メール:
件名:
本文:

■クリック頂けると励みになります

にほんブログ村 病気ブログ IgA腎症へ


■ご訪問者数

since Feb.13, 2014

■ブロとも一覧
■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■ランキングに参加しています

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■リンク
学会参加 続き
前回に引き続き、学会の話を少々。

以前の記事で書きましたが、私は日本麻酔科学会より、麻酔科指導医という資格を認定されています。経験年数や試験の結果などによって認定医→専門医→指導医とランクアップする仕組みになっており、私の場合は専門医と指導医を両方持っているという形になっています。

近年、麻酔科だけに限らず全ての領域において、この「専門医」という資格のあり方が大きく変わろうとしています。
麻酔科専門医に関して言えば、これまでは一度専門医を取得してしまえばその後は5年毎に一定回数の学会出席があれば資格の更新が可能だったのですが、今後はそうもいかなくなります。学会への出席に加えて実際の麻酔科医としての業務の実績や、特定の講習会への出席などが義務付けられるようになりました。

先日の学会の中でも講習会があり、これまでの私は一切興味を示さなかった分野の内容のものもありましたが、出席が義務付けられてしまっているのでやむなく幾つか受講してきました。

内容について書こうとするとキリがなくなりますので詳細は省きますが、今まで全く興味のなかったものでも、聞いてみると意外に面白いと思えるものがありました。漠然としか捉えていなかったものでも、実際に聞いてみると実は非常に科学的な理論が成り立っていたりして、「なるほど」と思わされてしまうようなものもありました。

やはり食わず嫌いはよくありませんね。
実際にはなかなか難しいですが、視野は広く持つに越したことはないのだと思います。


スポンサーサイト



麻酔科医として | 23:02:21 | トラックバック(0) | コメント(2)