■プロフィール

Anesth1975

Author:Anesth1975
麻酔科医です。

健診でIgA腎症が発覚。

医者が患者の立場になってみて初めてわかったこと、感じたことなどを綴っていこうと思います。

'13.12.10 腎臓内科初診
'13.12.17 腎生検目的で入院
'13.12.18 腎生検 
'13.12.21 退院 食事制限開始
'14.01.06 診断確定
'14.01.29 扁摘パルス目的で入院
'14.01.30 口蓋扁桃摘出
'14.02.05 パルス1クール開始
'14.02.12 パルス2クール開始
'14.02.19 パルス3クール開始
'14.02.21 退院 → 4週毎の外来受診
'14.11.04 食事制限解除
'14.12.02 寛解のお言葉を頂戴する
'15.01.27 外来受診8週毎に
'15.09.09 外来受診12週毎に

現在の処方 '14.12.02〜
 オルメテック(20mg) 1錠
 ノルバスク(5mg)1錠

■個別の連絡をご希望の方は以下のフォームをご利用ください

名前:
メール:
件名:
本文:

■クリック頂けると励みになります

にほんブログ村 病気ブログ IgA腎症へ


■ご訪問者数

since Feb.13, 2014

■ブロとも一覧
■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■ランキングに参加しています

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■リンク
術前診察
少々ご無沙汰してしまいました。
ひと月に2回は更新しようと思っているものの、あっという間に1か月半が過ぎていました。1か月以上更新がないと表示されるスポンサー広告も現れてしまいました。

もう来週には12週に1回の受診があるのですが、受診報告の前に一度更新しておこうかと思います。
今回は麻酔科医の術前診察について。

常勤の麻酔科医が在籍する病院では通常、手術する患者さんに対して麻酔科医が術前診察というものを行います。その目的は我々麻酔科医が患者さんの状態を把握することと、患者さんに麻酔について理解していただくことです。私の知る限りでは、患者さんが入院した後、手術前日に術前診察を行っている施設が多いかと思います。

私の病院では現在、患者さんが入院する前に、主治医の外来を受診した日に麻酔科の「術前外来」もついでに受診していただくというシステムを取っています。こうしておくと少なくとも手術の数日前には患者さんの状態を知ることができますし、新たに合併症が見つかった際などには追加の検査を依頼することも可能になります(検査によっては手術前日だと間に合わないこともあり、最悪の場合は手術延期にせざるを得なくなる可能性もありますので。)。

気のせいかもしれませんが、2年半前に私自身が全身麻酔下に扁桃摘出手術を受けて以来、全身麻酔の説明をする際の説得力が増しているように思います。麻酔をかける立場と受ける立場の両方を経験しているので自信を持って説明できますし、患者さんの疑問や不安に対しても適切に対応できているように思います。

もっともひと言に麻酔と云っても種類は色々とあるわけで、私が経験したのはその一つに過ぎないのですが。

「百聞は一見に如かず」。まさにその通りだと思います。


スポンサーサイト



麻酔科医として | 00:05:22 | トラックバック(0) | コメント(0)