■プロフィール

Anesth1975

Author:Anesth1975
麻酔科医です。

健診でIgA腎症が発覚。

医者が患者の立場になってみて初めてわかったこと、感じたことなどを綴っていこうと思います。

'13.12.10 腎臓内科初診
'13.12.17 腎生検目的で入院
'13.12.18 腎生検 
'13.12.21 退院 食事制限開始
'14.01.06 診断確定
'14.01.29 扁摘パルス目的で入院
'14.01.30 口蓋扁桃摘出
'14.02.05 パルス1クール開始
'14.02.12 パルス2クール開始
'14.02.19 パルス3クール開始
'14.02.21 退院 → 4週毎の外来受診
'14.11.04 食事制限解除
'14.12.02 寛解のお言葉を頂戴する
'15.01.27 外来受診8週毎に
'15.09.09 外来受診12週毎に

現在の処方 '14.12.02〜
 オルメテック(20mg) 1錠
 ノルバスク(5mg)1錠

■個別の連絡をご希望の方は以下のフォームをご利用ください

名前:
メール:
件名:
本文:

■クリック頂けると励みになります

にほんブログ村 病気ブログ IgA腎症へ


■ご訪問者数

since Feb.13, 2014

■ブロとも一覧
■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■ランキングに参加しています

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■リンク
7/30 外来受診
遅くなりましたが、受診の報告です。
今回は7/26(火)に採血・採尿、7/30(土)に受診でした。

今回から受診の曜日が替わったため、外来の担当医も別の先生になりました。大学病院の場合、土曜日の外来担当医は毎週交代で受け持っている可能性があるため、今後は毎回違う先生になるのかもしれません。

潜血 − (前回 −)
蛋白 − (前回 −)
尿比重 1.004
Cre 0.87 (前回 0.84)
BUN 8 (前回 15)
eGFR 78 (前回 81)

尿中蛋白 11
尿中Cre 32.82
蛋白/Cre比 約0.34

今までにも書きましたが、私は職員のIDで電子カルテを自分で見ることができるため、7/26の時点で検査結果は見ていました。
ん?蛋白/Cre比がちょっと上がったぞ? と気にしながらも、まぁこれくらいは誤差範囲かと思っていたのですが…。

7/30の受診。
担当医(私の顔を見るなり)「あ、先生でしたか!」

今回は若い先生です。正直なところ私は彼のことを知らなかったのですが、向こうは私のことを知っていたようです。同じ病院にいたわけですから見かけていたのかもしれませんし、彼が学生だった頃に実習などで関わったのかも知れません。

担当医「GFRが、下がってるんですかねぇ。」

気になることを言います。確かに寛解の言葉をいただいた頃は80台半ばで推移していましたが、昨年の12月以降はほぼ横這いですし、前回までの担当医(准教授の先生でした)は全く問題ないと言ってくれていたのに…。

まあ結局は「経過を見ていきましょう。」ということで終わりましたが。
私が(医者としては)目上の存在に当たるのでヘタなことは言えないと思ったのかも知れません。また若い医師ほど経験が浅い分、数値に頼ってしまうのはよくあることです。

個人的には心配していないのですが、少々イヤな気分が残りました。

次回は10/11(火)に採血・採尿、10/15(土)に受診です。


スポンサーサイト



受診報告(寛解後) | 01:32:57 | トラックバック(0) | コメント(0)