■プロフィール

Anesth1975

Author:Anesth1975
麻酔科医です。

健診でIgA腎症が発覚。

医者が患者の立場になってみて初めてわかったこと、感じたことなどを綴っていこうと思います。

'13.12.10 腎臓内科初診
'13.12.17 腎生検目的で入院
'13.12.18 腎生検 
'13.12.21 退院 食事制限開始
'14.01.06 診断確定
'14.01.29 扁摘パルス目的で入院
'14.01.30 口蓋扁桃摘出
'14.02.05 パルス1クール開始
'14.02.12 パルス2クール開始
'14.02.19 パルス3クール開始
'14.02.21 退院 → 4週毎の外来受診
'14.11.04 食事制限解除
'14.12.02 寛解のお言葉を頂戴する
'15.01.27 外来受診8週毎に
'15.09.09 外来受診12週毎に

現在の処方 '14.12.02〜
 オルメテック(20mg) 1錠
 ノルバスク(5mg)1錠

■個別の連絡をご希望の方は以下のフォームをご利用ください

名前:
メール:
件名:
本文:

■クリック頂けると励みになります

にほんブログ村 病気ブログ IgA腎症へ


■ご訪問者数

since Feb.13, 2014

■ブロとも一覧
■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■ランキングに参加しています

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■リンク
鼻中隔彎曲症 その1
ご無沙汰してしまいました。

もうすでに数週間前のことになりますが、たまたま手術の予定がなくて時間的に余裕のある日があったので(だからと言って仕事がないわけではないのですよ。念のため(笑)。)、勤務先の病院の耳鼻咽喉科を受診しました。
私の病院には耳鼻科の常勤医は居らず、週に1日だけ非常勤の先生が外来を開いています。たまたまその日が耳鼻科の先生がいらっしゃる日だったので受診しました。

目的は鼻づまりの相談。以前の記事で、昔からずっと鼻づまりに悩まされてきたこと、扁桃摘出によってそれが改善したことは書きました。しかし改善したとはいえ、やはり症状がなくなったわけではなく、やはり毎朝目が覚めると鼻がつまっているという状況は続いていました(夜中に目覚めることがなくなっただけでも大幅な改善でしたが)。
比較的手が空いている日に、耳鼻科の先生がいらっしゃる曜日だったのでふと思い立って受診してみました。

鼻鏡でひと目覗くなり「つまるのは左ですね?」と言われ、まさにその通り。私より若い医師ですが、この先生は信用できそうだと思いました。

言われたのは、
・ 鼻中隔彎曲症である
・ 残念ながら役に立てそうもない
・ 解決するには手術をするしかない
・ 一応アレルギー性鼻炎も疑って薬を2週間分処方するが期待しないで欲しい。
という内容でした。

普通、ここまでハッキリ言われると凹んでしまいそうですが、向こうも私が医者であることをわかっていたのでこのように伝えたのでしょう。私自身もストレートに言ってもらえてむしろスッキリしました。

この話は少々続きがあります。続きは次回。


スポンサーサイト



鼻づまり | 21:00:33 | トラックバック(0) | コメント(2)