■プロフィール

Anesth1975

Author:Anesth1975
麻酔科医です。

健診でIgA腎症が発覚。

医者が患者の立場になってみて初めてわかったこと、感じたことなどを綴っていこうと思います。

'13.12.10 腎臓内科初診
'13.12.17 腎生検目的で入院
'13.12.18 腎生検 
'13.12.21 退院 食事制限開始
'14.01.06 診断確定
'14.01.29 扁摘パルス目的で入院
'14.01.30 口蓋扁桃摘出
'14.02.05 パルス1クール開始
'14.02.12 パルス2クール開始
'14.02.19 パルス3クール開始
'14.02.21 退院 → 4週毎の外来受診
'14.11.04 食事制限解除
'14.12.02 寛解のお言葉を頂戴する
'15.01.27 外来受診8週毎に
'15.09.09 外来受診12週毎に

現在の処方 '14.12.02〜
 オルメテック(20mg) 1錠
 ノルバスク(5mg)1錠

■個別の連絡をご希望の方は以下のフォームをご利用ください

名前:
メール:
件名:
本文:

■クリック頂けると励みになります

にほんブログ村 病気ブログ IgA腎症へ


■ご訪問者数

since Feb.13, 2014

■ブロとも一覧
■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■ランキングに参加しています

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■リンク
鼻中隔彎曲症 その2
前々回の鼻中隔彎曲症の記事について、続きを記しておきます。
「続きは次回。」などと期待させるようなことを書いておきながら、全然たいしたことではなくて恐縮ですが…。

アレルギー性鼻炎を想定した投薬は、4週間続けてみましたがやはり効果は感じられませんでした。

毎週火曜日の午前中はかつて在籍していた大学病院の手術室を手伝いに行っていますが、ある日たまたま手術室で耳鼻科医の後輩に会いました。彼は研修医時代に麻酔科を3か月研修しており、その時に私が指導したことがあります。

耳鼻科を受診した時のことを話し、どうしようかなぁと聞いてみたところ、「手術しましょうよ。僕がやりますよ!」と気軽に言いやがります。

まあ実際に頼むかどうかは別として詳しく聞いてみたところ、鼻中隔彎曲症の手術は最近は手術翌日に退院することもできるらしく、一泊入院で済ませることも可能なようです。私は麻酔科医なのでどんな手術をするかはわかっているのですが、これがなかなかエグい手術なんですよ(笑)。まあ全身麻酔下に行う手術なので手術中は何もわかりませんし、術後の痛みは実はあまり強くないようです。
一泊入院で済むのならば、例えば金曜日だけ仕事を休み、翌週はまた普通に仕事に戻ることができます。

聞くところによると、手術を受ければ劇的に鼻づまりが改善し、「世界が変わる」らしいです。

そういえば大学病院に在籍していた頃、ある芸能人の鼻中隔彎曲症手術の麻酔を担当したことがあります。手術前日に麻酔の説明に行った時、その人も「何十年も悩まされてきた鼻づまりから解放されます。楽しみです。」と話していたのがとても印象的でした。
全身麻酔をかける際は、人工呼吸のために気管挿管という手技を行う(ことが多い)のですが、この手技によってごく稀に歯が欠けてしまったり、声がかすれてしまったりすることがあります。この方は当時、ある連続ドラマに出演されていたのでとても心配でしたが、退院後テレビで拝見しても声がかすれている様子がなかったのでホッとしたものでした。

扁桃摘出を受けて以来、自身が全身麻酔を受けることに対するハードルはかなり低くなっていますので、心が揺れ始めています。


スポンサーサイト



鼻づまり | 23:27:44 | トラックバック(0) | コメント(0)
製薬会社MRさんに学んだプロ意識
鼻中隔彎曲症に関する続きを書くべきなのですが、今回は別の話題で更新します。

私は大学院を卒業しており、医学博士の学位を持っています。
通常、医師が博士号を取得する場合は自身の専門分野(私の場合は麻酔科学)に関する研究をして論文を書き、学位審査をパスするのが一般的なのですが、私は母校の基礎医学の教室に出向する機会を得て、そこで研究をして学位をもらいました。

「基礎医学」とは「臨床医学」の対義語で、生理学や薬理学など、直接患者さんを診療しない医学の分野を指します。

今日、その教室の年に1回の同窓会に出席してきました。
学長や医学部長などの偉い先生方がたくさんいらっしゃるパーティで、しかも私は正規の教室員ではなく、研究の期間だけ一時的に在籍しただけなので、どちらかというと「アウェー」な会です。しかし人との繋がりの大切さを感じる昨今、できるだけ参加するようにしています。

こういう「アウェー」な会に出席するとき、いつも思い出すことがあります。

もう何年も前のことになりますが、大学の麻酔科医局の忘年会でのことでした。
ホテルの宴会場を借りて行う会で、世間一般的な「忘年会」というよりは「立食パーティ」というイメージを持っていただければ良いかと思います。男性は皆スーツにネクタイです。そういう会ですから、麻酔科と関連のある製薬会社のMRさん(医薬情報担当者の意。専門知識を持った営業担当者といったところでしょうか)も多数参加してくれます。

その中でいつも仲良くしていただいていたMRさんに私が、
「こういう会に参加するのって、楽しくないですよね。仕事とはいえ大変ですね。」と言ったところ、こんな答えが返ってきました。

「楽しい楽しくないは私にとって関係ありません。参加するのが仕事である以上、黙って参加するだけです。ただ個人的には、〇〇大学麻酔科の忘年会はイヤな仕事ではありません。」

なんと表現すべきか、清々しさのようなものを感じました。

仕事をする理由は人によって色々あるとは思いますが、共通するのは自分や家族の生活を守るためではないでしょうか。そのために給料をもらっている以上、やるべき仕事は淡々とこなし、選り好みをすべきではありません。
今日の同窓会にしても、私が参加したのは、これが将来もしかしたら仕事に生きるかも知れないからです(もちろん懐かしい人たちに会えるというのもありますが)。

あまり気乗りのしない集まりに参加するとき、いつもこのMRさんのことを思い出します。
その後異動されてしまい何年も会っていませんが、今も年賀状のやり取りはしています。とても尊敬できる方でした。


麻酔科医として | 23:55:33 | トラックバック(0) | コメント(0)