■プロフィール

Anesth1975

Author:Anesth1975
麻酔科医です。

健診でIgA腎症が発覚。

医者が患者の立場になってみて初めてわかったこと、感じたことなどを綴っていこうと思います。

'13.12.10 腎臓内科初診
'13.12.17 腎生検目的で入院
'13.12.18 腎生検 
'13.12.21 退院 食事制限開始
'14.01.06 診断確定
'14.01.29 扁摘パルス目的で入院
'14.01.30 口蓋扁桃摘出
'14.02.05 パルス1クール開始
'14.02.12 パルス2クール開始
'14.02.19 パルス3クール開始
'14.02.21 退院 → 4週毎の外来受診
'14.11.04 食事制限解除
'14.12.02 寛解のお言葉を頂戴する
'15.01.27 外来受診8週毎に
'15.09.09 外来受診12週毎に

現在の処方 '14.12.02〜
 オルメテック(20mg) 1錠
 ノルバスク(5mg)1錠

■個別の連絡をご希望の方は以下のフォームをご利用ください

名前:
メール:
件名:
本文:

■クリック頂けると励みになります

にほんブログ村 病気ブログ IgA腎症へ


■ご訪問者数

since Feb.13, 2014

■ブロとも一覧
■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■ランキングに参加しています

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■リンク
11/5 外来受診 今更ですが・・・
月日が経つのは速いもので、最後の更新からいつの間にやら2ヶ月以上が過ぎてしまいました。

11/1に採血・採尿、11/5に外来受診がありましたのでそのご報告です。
前回の受診の時には、10/11に検査で10/15に受診する予定だったのですが、個人的な都合で変更してもらった結果3週間もずれてしまいました。今後も前回と同じ先生が診てくれるようで、その先生が土曜日に外来に出る日が11/5だったため、この日の受診となりました。

3週間も延びてしまいましたが、幸い薬は足りていました。今まで、12週毎(84日)の受診であっても薬は90日分ずつ処方されていたため、徐々に溜まってしまっていた薬を消費するためにはある意味好都合でした。

潜血 − (前回 −)
蛋白 − (前回 −)
尿比重 1.006
Cre 0.89 (前回 0.87)
BUN 10 (前回 8)
eGFR 76 (前回 78)

尿中蛋白 4
尿中Cre 52.82
蛋白/Cre比 約0.08

概ね問題ないのですが、やはり前回同様、GFRの低下が気になると。2015年は80台で推移していたのが今年は70台で安定してしまっているので、確かに低下しています。

かといって尿所見に潜血やタンパクが出ているわけでもないので、積極的な治療法があるわけでもない、とも。
そこで提案されたのは・・・。

続きは次回。
もったいぶる程のことでもないのですが、こうしておけば次回早めに更新せざるを得なくなるかと思いましてね(笑)。


スポンサーサイト



受診報告(寛解後) | 22:03:50 | トラックバック(0) | コメント(0)