■プロフィール

Anesth1975

Author:Anesth1975
麻酔科医です。

健診でIgA腎症が発覚。

医者が患者の立場になってみて初めてわかったこと、感じたことなどを綴っていこうと思います。

'13.12.10 腎臓内科初診
'13.12.17 腎生検目的で入院
'13.12.18 腎生検 
'13.12.21 退院 食事制限開始
'14.01.06 診断確定
'14.01.29 扁摘パルス目的で入院
'14.01.30 口蓋扁桃摘出
'14.02.05 パルス1クール開始
'14.02.12 パルス2クール開始
'14.02.19 パルス3クール開始
'14.02.21 退院 → 4週毎の外来受診
'14.11.04 食事制限解除
'14.12.02 寛解のお言葉を頂戴する
'15.01.27 外来受診8週毎に
'15.09.09 外来受診12週毎に

現在の処方 '14.12.02〜
 オルメテック(20mg) 1錠
 ノルバスク(5mg)1錠

■個別の連絡をご希望の方は以下のフォームをご利用ください

名前:
メール:
件名:
本文:

■クリック頂けると励みになります

にほんブログ村 病気ブログ IgA腎症へ


■ご訪問者数

since Feb.13, 2014

■ブロとも一覧
■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■ランキングに参加しています

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■リンク
1/21 外来受診
1/10(火)に採血・採尿、1/21(土)に受診でした。
季節外れの夏休みをいただき、1/14〜1/20で家族旅行に出かけていたため、検査と受診の間が11日もあいてしまいました。検査データ自体は1/10の時点ですでに自分で見てあったので、別に問題はないのですが。

潜血 − (前回 −)
蛋白 − (前回 −)
尿比重 1.002
Cre 0.86 (前回 0.89)
BUN 11 (前回 10)
eGFR 78 (前回 76)

特に変化なし、です。
飲水療法のせいで尿比重が異常低値になっておりますが…。

今までも何度か書いたかと思いますが、尿の潜血や蛋白というのは量ではなく濃さを測るものです。本来は潜血や蛋白がプラスになるべき病態であっても、飲水療法によって尿が薄くなることで、見かけ上マイナスになってしまう可能性もあるのではないかという心配があったので質問してみました。

「(尿が)薄くなっても、出ていればプラスになります。先生(私のこと)の場合は赤血球もゼロですし、まず大丈夫だと思います。」
とのことでした。

そういえば前回の受診報告で、飲水療法として1日2リットルの水を飲むように指示されたと書きましたが、3リットルの間違いでした…( ꒪⌓꒪)。かなりの量です。まあ頑張ってみます。

飲水療法が有効である理由についても話してくれましたが、なにぶん専門外なもので、細かい用語に自信がないのでここでは書かないことにします。今後論文を読み、私自身が理解できるようになった時に改めて紹介させていただきます。

処方は変わらず。次回は3/28(火)に採血・採尿、4/1(土)に受診です。


スポンサーサイト



受診報告(寛解後) | 01:18:45 | トラックバック(0) | コメント(0)
自分を客観的に評価する
なんだか妙なタイトルになってしまいました。

このブログを始めておよそ3年が経ちました。このブログの一番の目的は、「記録を残すこと」です。

そして記録を残したいと思った理由は、
①当時の自分もIgA腎症の先輩方のブログがとても参考になり、そして大きく力づけられたことから、自分も誰かの役に立ちたいから
②自分の気持ちや考え方を目に見える形で残したいから
でした。

①については現在GFRの数値に不安があるものの、とりあえず寛解に漕ぎつけたので、ほぼその目的は果たしたと考えています。同じ病気で悩む方々にとって、運よく寛解してしまった人間の自慢話など読んでも面白くないだろうと思うのです。実はこれは、ブログの更新頻度が下がってしまった理由の一つでもあります。

そこで②です。
諸先輩方にに比べればまだまだ若輩者ですが、ここまで生きてきて、或いは医者として社会人として17年間働いてきて、自分がどういう人間なのかということが徐々にわかってきました。ただそれは漠然としたものなので、今後はその断片について、思いついたときに文章にして記してみようかと思います。その都度思いつきで書くつもりですので、企画倒れになるかも知れません。私のブラックな部分に言及せざるを得なくなるかも知れないため少々勇気が要りますが、よろしければご覧ください。


その手始めとして、今回のタイトルについて。
自分の能力・性格・立場などを客観的に評価するということは、とても大切なことだと思っています。自分の良い部分も悪い部分もある程度は理解しておかないと、行動を誤る怖れがあります。良い部分に関しては大いに自信を持って良いと思いますし、悪い部分についても冷静に受け止めるべきでしょう。

自分の能力を過信して虚勢を張る人と関わるのは言うまでもなく不快ですし、逆に能力があるにも関わらず自分を卑下してばかりいるような人は、他人から見ればイヤミでしかありません。

常に謙虚な姿勢を保ちながら、傲慢にならず、卑下もしないというバランス感覚が必要なのだと思います。
ただ残念ながら、私がそれを実践できているかどうかを評価するのは他人ですので、私は一生それを知ることはできないのですよね(笑)。



麻酔科医として | 00:24:40 | トラックバック(0) | コメント(2)
飲水療法
新年初投稿です。
「続きは次回」などともったいぶっておきながら、1ヶ月以上もご無沙汰してしまいました。

前回の外来で提案されたのは、「飲水療法」なるものでした。
言葉通り、ただ水を飲むということです。尿量を増やすことによってGFRの低下を防げるという説があるそうで、今までの日常生活での飲水量に加えて1日2リットル水を飲むようにと言われました。

「ただ単にクレアチニンの数値が下がって、それでGFRが良くなってるように見えるだけじゃないかとも言われてるんですけどね〜。でも最近の報告だとエビデンスも出てきてるんですよ。」
と主治医。

eGFRというのは実測値ではなく、計算式に基づいた推定値です。例えば下記のサイトをご覧ください。

腎臓の働きをしらべる eGFRの測定

ここで計算式に影響するのはクレアチニン値、年齢、性別だけです(他にも身長や体重などを加味して補正する式もあるようですが)。
クレアチニン値の単位はmg/dlですので、水をたくさん飲むことによって血液を薄めてしまえば数値は下がり、その結果eGFR値も(数値上は)良くなるわけです。

「ただ水道をひねって水を飲むだけですので、やってみませんか?」
というようなことを言われ、私も
「じゃあやってみます。」
と答えました。

特別なことをするわけでもありませんし、お金がかかるわけでもありませんので、これでもし腎機能が保たれるのならば儲けもんです。

ただ実際やってみると2リットルの水を飲むというのはなかなか大変で、毎日必ずというわけにはいきませんが、一応今も続けています。


最後になりましたが、あけましておめでとうございます。
サボってばかりのこのブログですが、面白いものにできたら良いなと考えています。今年もよろしくお願いします。


日常(寛解後) | 22:03:36 | トラックバック(0) | コメント(0)