■プロフィール

Anesth1975

Author:Anesth1975
麻酔科医です。

健診でIgA腎症が発覚。

医者が患者の立場になってみて初めてわかったこと、感じたことなどを綴っていこうと思います。

'13.12.10 腎臓内科初診
'13.12.17 腎生検目的で入院
'13.12.18 腎生検 
'13.12.21 退院 食事制限開始
'14.01.06 診断確定
'14.01.29 扁摘パルス目的で入院
'14.01.30 口蓋扁桃摘出
'14.02.05 パルス1クール開始
'14.02.12 パルス2クール開始
'14.02.19 パルス3クール開始
'14.02.21 退院 → 4週毎の外来受診
'14.11.04 食事制限解除
'14.12.02 寛解のお言葉を頂戴する
'15.01.27 外来受診8週毎に
'15.09.09 外来受診12週毎に

現在の処方 '14.12.02〜
 オルメテック(20mg) 1錠
 ノルバスク(5mg)1錠

■個別の連絡をご希望の方は以下のフォームをご利用ください

名前:
メール:
件名:
本文:

■クリック頂けると励みになります

にほんブログ村 病気ブログ IgA腎症へ


■ご訪問者数

since Feb.13, 2014

■ブロとも一覧
■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■ランキングに参加しています

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■リンク
鼻づまり③
前回の続きです。

10/31の朝、クリニックに向かいました。
8:40頃に到着。とても綺麗なクリニックです。いくら医療といえど、儲けがなければ経営は維持できません。やはり繁盛している病院やクリニックは治療成績は勿論のこと、設備の快適性やホームページの充実など、集客努力を怠っていないものだなと再認識。

患者は私の他には誰もおらず、受付の人も「かなりお待ちいただきますが、(クリニックの)中でお待ちになりますか?」。診療は10:00開始ですから、さすがに早すぎたかもしれません。
問診票を記載した後、持って行った雑誌を読んでのんびり待ちました。綺麗な待合室で快適です。こういう時間って実は貴重なんですよね。
9:30に奥の待合室に通され、10:00ちょうどに診察室へと呼ばれました。

初診担当は私より少し若いくらいの女医さんでした。問診票には職業を記載する欄もあったので、向こうも私が医者であることはわかっています。
問診の後、そばにあったベッドに寝かされ、内視鏡で鼻の中を覗きます。
ほんの数分で終わり、壁の大きなテレビに正常な画像と実際の私の鼻の中の画像が並べて映され、説明を受けます。私の鼻の中は明らかに粘膜が腫れていて、鼻腔が狭くなっています。これは慢性鼻炎ですね〜もっと奥の形を見るためにCTを撮りましょうと言われ、すぐにCT室へ案内されます。座って撮影するタイプの頭頚部用のCT(初めて見ました)で撮影。
10分ほど後にもう一度診察室へ。今度は壁のテレビに正常なCT画像と、私のCT画像が並んで映っています。

鼻の中、明らかに狭い!想像以上でした。こりゃあ鼻もつまるわ!

慢性的に鼻粘膜が腫れていたようです。
治療法としてはすぐに手術というわけではなく、まずはしばらく鼻洗浄とステロイドの点鼻で様子をみることになりました。

鼻洗浄の説明を受け、待合室へ。
会計の後で点鼻薬を受け取って終了。会計は約7000円でした。初診で内視鏡とCTをやって、薬代も込みなのでまあこんなもんでしょう。

クリニックを出たのは10:50頃だったでしょうか。意外と早く終わったのでのんびりと早めのランチを楽しみ、午後の仕事へと向かいました。


スポンサーサイト



鼻づまり | 17:35:19 | トラックバック(0) | コメント(1)
鼻づまり②
前回の続きです。

鼻づまりの根本的な解決を決心したわけですが、今までにかかったことのないあるクリニックを受診することにしました。

大学病院に行ったある日に麻酔科の先輩と話していた時、鼻づまりの治療をしようと思っていることを話したところ、都内某所に鼻に特化したクリニックがあることを聞きました。ネットでの評判もとても良く、手術も日帰りでやってくれるようです。実際に手術になるかどうかはわかりませんが、日帰りで済むというのは大きな魅力です。

仮に手術を受けるとすれば全身麻酔下の手術になりますが、日帰りでの全身麻酔手術は充分に可能であることは誰よりも私自身が理解しています(ただし患者の側にも、言われたことをきちんと守れる程度の理解力が必要です)。

ここでは具体的なクリニック名は記しませんが、ネットで検索すればいつも上位でヒットするクリニックです。

9月の下旬にそのクリニックに電話したところ、初診の予約は10/24まで埋まっており、10/25以降になると言われました。かなりの繁盛ぶりです。
私は現在、火曜日の午前中は自由がききやすいので、10/31(火)を希望しました。午後は仕事があるので一番早い時間帯を希望し、10:00からの枠での予約となりました。

予約枠はいちばん早くても10:00〜ですが、クリニックは8:30から開いているとのことでした。混んでいるようだし、午後の仕事のためにもできるだけ早く済ませられるよう、当日は8:30に着けるようにしようと思いました。
最近は毎朝子供たちの食事や着替えの世話を妻といっしょにした後、家族全員で家をでますが、いつもの時間に家を出ればちょうど8:30頃にはクリニックに到着できそうです。

というわけで、10/31に受診してきました。受診報告は「鼻づまり③」で。


鼻づまり | 21:45:35 | トラックバック(0) | コメント(0)
鼻づまり
すっかりご無沙汰してしまいました。
春頃からしばらく忙しかった時期があり、このブログからも遠ざかってしまっていました。更新しようと思いつつも、一度間をおいてしまうとなかなか戻れずにいました。その間にメールを下さった方、ありがとうございました。

さて。
以前にも書きましたが、私はずっと鼻づまりに悩まされています。いつからかは覚えていませんが、おそらくはずっと昔、小学生の頃から症状があったのではないかと思います。
いつもつまっているわけではなかったのですが、ちょっと風邪をひくたびに鼻がつまって不快だったのを覚えています。親に言っても「鼻をかめば治る」くらいの答えしか帰ってこず、仕方のないことなのだと諦めていました。いま思えばあの頃からすでにおかしかったのだと思います。
よく「つまっている側を上にして寝れば治る」といいますが(交代性鼻閉といいます)、それもあまり効果はなく、治ったとしても今度は反対側がつまるだけでなんの解決にもなりませんでした。

そのうち年中つまるようになり、30歳を過ぎた頃からは市販の点鼻スプレーが手放せない状態に。30代半ば頃からは毎晩のように夜中に鼻づまりで目が覚めてしまうようになりました(この状態は扁桃摘出後に若干改善しました。過去記事参照。)。

現在、私の周りには至るところに点鼻薬が置いてあります。自宅のリビング、寝室、カバンの中、車の中、職場のデスク、手術室、といったところでしょうか。使うのは起床時と、日中にせいぜい1〜2回なのですが、無いと不安で、海外旅行の時などはスーツケースに3個は入れて出かけます。

市販の点鼻薬を使い続けるのは良くないこと、私自身の全身麻酔・手術に対するハードルが低くなっていること、どうせ手術を受けるなら若ければ若いほど安全であることから、きちんと治療を受ける決心をしました。

つづきは次回。


鼻づまり | 12:52:40 | トラックバック(0) | コメント(0)