■プロフィール

Anesth1975

Author:Anesth1975
麻酔科医です。

健診でIgA腎症が発覚。

医者が患者の立場になってみて初めてわかったこと、感じたことなどを綴っていこうと思います。

'13.12.10 腎臓内科初診
'13.12.17 腎生検目的で入院
'13.12.18 腎生検 
'13.12.21 退院 食事制限開始
'14.01.06 診断確定
'14.01.29 扁摘パルス目的で入院
'14.01.30 口蓋扁桃摘出
'14.02.05 パルス1クール開始
'14.02.12 パルス2クール開始
'14.02.19 パルス3クール開始
'14.02.21 退院 → 4週毎の外来受診
'14.11.04 食事制限解除
'14.12.02 寛解のお言葉を頂戴する
'15.01.27 外来受診8週毎に
'15.09.09 外来受診12週毎に

現在の処方 '14.12.02〜
 オルメテック(20mg) 1錠
 ノルバスク(5mg)1錠

■個別の連絡をご希望の方は以下のフォームをご利用ください

名前:
メール:
件名:
本文:

■クリック頂けると励みになります

にほんブログ村 病気ブログ IgA腎症へ


■ご訪問者数

since Feb.13, 2014

■ブロとも一覧
■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■ランキングに参加しています

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■リンク
鼻づまり④
鼻づまりのその後です。

毎日朝夕の鼻洗浄とステロイドを欠かすことなく続けていたところ、症状は次第に改善し、市販の点鼻薬はほとんど使わなくても済むようになりました。

そして12/6に再診。症状が改善していることを伝えた後、再び内視鏡で鼻腔内の写真を撮りました。
前回に比べ、明らかに粘膜の腫脹が改善していました。

担当医「ここまで改善していれば積極的に手術をすることもないと思いますが、手術を希望されますか?」
私「でも、これは毎日の鼻洗浄とステロイドのおかげですよね?理想はステロイドも洗浄もしなくても症状がなくなることだと思うんですが...。」
担当医「手術をしたとしても、鼻洗浄は続けていただきます。現在の医療では、鼻炎を完全に治すことはできないんです。手術も鼻炎を治すものではなく、あくまで症状を軽くするためのものだと思ってください。」
私「なるほど。」
担当医「私としては、積極的に手術をお薦めする状況ではないと思いますが...。」
私「ん〜。・・・。」
担当医「迷っていらっしゃるようでしたら、とりあえず鼻洗浄だけにして、ステロイドはたまに使う程度にしてみて様子をみましょうか?」
私「じゃあそうしてみます。」

ということになりました。

あれから3週間ほど経ちました。
毎日朝夕の鼻洗浄は続け、ステロイド点鼻は週に1〜2回程度にしていますが、毎日欠かさずステロイドを用いていた頃に比べるとやはり鼻づまりを自覚することが増えています(それでも治療する前に比べれば劇的に改善しているのですが)。

次回の受診は2/21。
さて、どうしたものか...。


スポンサーサイト



鼻づまり | 00:33:45 | トラックバック(0) | コメント(0)