■プロフィール

Anesth1975

Author:Anesth1975
麻酔科医です。

健診でIgA腎症が発覚。

医者が患者の立場になってみて初めてわかったこと、感じたことなどを綴っていこうと思います。

'13.12.10 腎臓内科初診
'13.12.17 腎生検目的で入院
'13.12.18 腎生検 
'13.12.21 退院 食事制限開始
'14.01.06 診断確定
'14.01.29 扁摘パルス目的で入院
'14.01.30 口蓋扁桃摘出
'14.02.05 パルス1クール開始
'14.02.12 パルス2クール開始
'14.02.19 パルス3クール開始
'14.02.21 退院 → 4週毎の外来受診
'14.11.04 食事制限解除
'14.12.02 寛解のお言葉を頂戴する
'15.01.27 外来受診8週毎に
'15.09.09 外来受診12週毎に

現在の処方 '14.12.02〜
 オルメテック(20mg) 1錠
 ノルバスク(5mg)1錠

■個別の連絡をご希望の方は以下のフォームをご利用ください

名前:
メール:
件名:
本文:

■クリック頂けると励みになります

にほんブログ村 病気ブログ IgA腎症へ


■ご訪問者数

since Feb.13, 2014

■ブロとも一覧
■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■ランキングに参加しています

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■リンク
あれから4年
今日は1月30日。
私が扁桃摘出の手術を受けたのが2014年の1月30日。あれからちょうど4年が経ちました。

今日は午前中に大学病院(=扁摘を受けた病院)の手術室を手伝いに行く日でした。
手術室を歩いていると、当時の執刀医の先生が手術をしているのが見えたのでその部屋に入り、タイミングを見計らってその先生に話しかけてみました。ちなみにその部屋、私が手術を受けた部屋でした。

私「K先生!」
K「あ、おはようございまーす。」
私「K先生に扁摘していただいて、今日でちょうど4年になりました。」
K「ああ、もうそんなになりますかぁ。」
私「その節はお世話になりました。」
K「ってことはAnesth先生が大学を辞められてからもう4年経つってことですか?」
私「そう、もう4年も経つんですよね〜。」

周りのスタッフは「えっAnesth先生ここでオペしたの?」って顔で見ています。
4年も経てば手術室のスタッフもだいぶ入れ替わり、私が手術をしたことなど知らない人が増えています。

書類上は2014年の3/31に退職でしたが、常勤医として仕事をしたのは1/29が最後で、その日の夕方に入院。2/21の退院後は有休消化の形で休ませて頂きました。

あれからあっという間に4年です。入院中に見ていた冬季オリンピックが、もうすぐまた開催されます。

よく、年をとると時が経つのが速くなると云います。あれ、本当ですね。
ここのところ本当に、毎日が過ぎてゆくのを速く感じます。「手術をした4年前のあの日が昨日のように...」とまではいきませんが、1週間前くらいであれば本当に「昨日」です。

きっとこれから、もっと速く感じるようになるのでしょうね。


スポンサーサイト



日常(寛解後) | 22:28:28 | トラックバック(0) | コメント(0)
Noを言わない麻酔科医
麻酔科医は常に「患者の意思の代弁者」であることを求められます。

全身麻酔中の患者さんは、当然ながら自身で意思決定をすることができません。
そのため麻酔科医は手術中は常に患者さんの味方となり、危険と判断した場合には、場合によっては外科医に対して術式の変更や手術の中止を進言しなければなりません(ここでいう「外科医」とは、産婦人科や耳鼻科などを含めた手術をする全ての科の医師を指します)。

手術の前の段階でも、予定される手術や患者さんの術前状態を評価し、手術の施行が適切ではないと思われる場合には手術の延期または中止を決定できる権限を持っています。

そのためごくごく少数ではありますが、合併症や検査データの不足などを理由に、やたらと手術を中止にしてしまう麻酔科医が存在するのを今までに見てきました。手術が中止になれば自分の仕事が楽になるからです。

これをやってしまうと、たしかに仕事は減って楽はできますが、確実に外科医の信頼を失います。
以前の投稿にも書きましたが、我々麻酔科医への仕事の依頼主は患者さんではなく、外科医です。麻酔科医は外科医の信頼を失ったらおしまいです。

また狼少年の理屈と同じで、いつも中止ばかり言っていると、ごく稀にある本当に中止しなければいけない事態であっても信じてもらえなくなります。

年に1回あるかないかだと思いますが、経験上「これは絶対にやるべきではない!」という症例に出くわすことがあります。そんな時に自信をもって手術の中止または延期を決定できるように、そして外科医にそれを納得してもらえるようにするため、基本的に私はどんな症例でも(原則として)引き受けることにしています。

麻酔管理が困難だと思われる症例であっても、まずは「どうすればこの患者さんに手術・麻酔を受けさせてあげられるか」を考えます。最大限に考え、外科医とも相談し、それでも無理だと判断した場合に「最後の手段」として中止を決断します。
そんな時に、外科医に「あのAnesth先生が中止と言うならよっぽどだ」と思ってもらえれば楽です。

私は「Noを言わない麻酔科医」でありたいと思っています。それは言い換えれば「いざという時に自信を持ってNoを突きつけられる麻酔科医」ということです。

この「No」は保険と同じで、いつ使うことになるかわかりませんし、使うことなんかないかもしれないし、使わないに越したことはありません。それでも万が一使うことになった時のための「保険料」として、ただ淡々と仕事を引き受けることにしています。


麻酔科医として | 23:58:18 | トラックバック(0) | コメント(0)
関東は大雪です。
とは言っても、北国の方から見れば全然大したことのないレベルなんでしょうね。

ステロイドパルスで入院していた時も大雪が降ったことを思い出します。

そしてもうすぐ冬季オリンピック。前回のソチオリンピックの時はステロイドのおかげで夜も眠くならず、毎晩のようにテレビでオリンピックを見ていました。あれからもう4年ですか。

雪が降っても病室で寝ていれば良かった4年前と違って、明朝の出勤が心配です...。


日常(寛解後) | 02:31:49 | トラックバック(0) | コメント(2)
咳の外来 受診
遅くなってしまいましたが、12/22に「咳の外来」を受診した際の報告です。

その日は午後の手術が比較的早く終わったので、17:00の終業と同時に職場を出てクリニックへ。職場から近いので、初診受付の締め切りの17:30に間に合いました。
とても綺麗なクリニックで、結構な混雑です。

問診票には詳しい症状や、IgA腎症のこと、鼻づまりの治療中であること、自分が麻酔科医であることも書き、今までに試した薬も全て正直に書きました。
かなりの混雑でかなり待たされそうでしたが、持って行った雑誌を眺めながら気長に待ちました。こういう時間は結構好きだったりします。

30分くらい待ったでしょうか、レントゲン室へ呼ばれて胸のレントゲンを撮り、再び待合室へ。

そのあと20分くらい経って、診察室へ通されました。
男の私から見て、かなりカッコいい先生です!歳は私より5-6歳上といったところでしょうか。呼吸器外科出身の先生のようでした。
聴診も非常に丁寧で、説明もわかりやすく理論的です。私が医者であることもわかっているので、かなり専門的に詳しく説明してくれました。繁盛しているのも納得です。

私の病状に関しては詳しい部分は省きますが、気道の過敏性が異常に亢進している状態で、おそらく慢性鼻炎もひとつの原因になっているだろうとのこと。ここでも鼻づまりが悪さをしていたようです。

「普通なら咳止めを出すところですが、私は咳止めは使いません。2週間を目標に治療しましょう。きっと良くなるはずです。」と、吸入薬2種類と内服薬3種類を処方されました。
隣にある薬局に行って薬をもらって終了。全部で1時間半くらいだったかと思います。

言われた通りに薬を使ってみて、すぐに良くはなりませんでしたが、数日後から少しずつですが咳が減ってきました。お正月も少し咳が残りましたが大したことはなく、1/4頃からはかなり良くなって現在に至ります。

見た目・診察の仕方・話し方・話す内容と、どれをとってもハイレベルな先生でした。混んでいたけれど、またこの先生に診てもらおうという気にさせられます。
素晴らしい医師に出会えました。


人として 患者として | 22:24:33 | トラックバック(0) | コメント(0)
あけましておめでとうございます。新年初投稿です。

このブログを見てご連絡をいただける方もあり、少しはお役に立てているようで嬉しく思います。
今年は真面目に(?)更新したいと思いますが・・・。

さて、「咳」です。

若い頃からよく咳をしていました。風邪をひいた時などはいつも咳だけが最後まで残っていました。

そして10年ほど前からは風邪をひいた後、他の症状が治っても咳だけが妙に長引くようになり、最近の3年間では毎年咳だけが2〜3ヶ月は続くようになりました。
喘息やアレルギーの検査をしても異常はなく、もちろんインフルエンザでもなく、どこの耳鼻科にかかっても改善せず、自身で色々な薬を試してみても効果はありませんでした。

いつも1月に風邪をひき、1週間程度で症状が治まった後も咳だけが残り、3月か4月になると治るという繰り返しで、ずっとゲホゲホしているという有様。黙っている時は良いのですが、喋ると咳がでてしまい、会話もままならないほどでした。
麻酔をかけるのは喋らなくてもできるので良いとしても、術前や術後の説明や診察には大きく支障を来し、患者さんに心配されてしまうという体たらくでした。

そして今シーズンも。
11月下旬に風邪をひき、今年は数日で喉の症状も治まってきたな〜と思っていたら再び咳がで始め、例年と同じ状態に。
2週間経っても当然のように治りません。このままだと年末年始休みもこの状態だろうなと諦めかけていたところ、たまたま職場の近くに咳を専門にしているクリニックがあることを知り、受診してみることにしました。

12/22に受診しました。
長くなりそうなので続きは次回。


人として 患者として | 23:35:40 | トラックバック(0) | コメント(0)