■プロフィール

Anesth1975

Author:Anesth1975
麻酔科医です。

健診でIgA腎症が発覚。

医者が患者の立場になってみて初めてわかったこと、感じたことなどを綴っていこうと思います。

'13.12.10 腎臓内科初診
'13.12.17 腎生検目的で入院
'13.12.18 腎生検 
'13.12.21 退院 食事制限開始
'14.01.06 診断確定
'14.01.29 扁摘パルス目的で入院
'14.01.30 口蓋扁桃摘出
'14.02.05 パルス1クール開始
'14.02.12 パルス2クール開始
'14.02.19 パルス3クール開始
'14.02.21 退院 → 4週毎の外来受診
'14.11.04 食事制限解除
'14.12.02 寛解のお言葉を頂戴する
'15.01.27 外来受診8週毎に
'15.09.09 外来受診12週毎に

現在の処方 '14.12.02〜
 オルメテック(20mg) 1錠
 ノルバスク(5mg)1錠

■個別の連絡をご希望の方は以下のフォームをご利用ください

名前:
メール:
件名:
本文:

■クリック頂けると励みになります

にほんブログ村 病気ブログ IgA腎症へ


■ご訪問者数

since Feb.13, 2014

■ブロとも一覧
■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■ランキングに参加しています

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■リンク
虫歯
大変お恥ずかしい話ですが、私の歯は虫歯(の治療跡)だらけです。
歯磨きをサボっていたつもりはないのですが、子供のころからよく虫歯になって歯医者さんにかかることが多かったように思います。磨き方が悪い、といわれればそれまでですが、どんなにきちんと磨いたつもりでも、虫歯になっては治療するの繰り返しでした。

今から1年くらい前でしょうか。現在かかりつけの歯科のクリニックで、歯のレントゲン写真を撮ったときに言われたこと。
「Anesth先生、虫歯が異様に多いですよね。見たところ歯磨きのしかたは悪くないようですし、きっと何らかの虫歯になりやすい原因があるんだと思います。」

「IgA腎症」「扁桃炎」「鼻づまり」「虫歯」
私のブログをお読みになっている方ならば、ピンときた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

鼻がつまると、口呼吸になります。すると、本来ならば鼻というフィルターを通して吸い込むべき空気が、フィルターを通さない状態で体の中に入ってきます。そのために扁桃が汚れた空気にさらされて扁桃炎を起こす→IgA腎症に繋がる、という流れは、この病気の同志の皆さんならばよくお分かりかと思います。

唾液にはタンパク分解酵素が含まれており、それにより殺菌作用があります。唾液が我々の口の中を守ってくれているわけです。
ところが口呼吸により唾液が乾燥してしまうと、唾液による殺菌作用が弱まります。そしていくら乾燥するといっても口の中はカラカラに乾くわけではなく、湿った状態です。人間の体温の温かさで、湿っていて、唾液による殺菌作用が弱まっているとなれば、菌が繁殖するにはうってつけの環境です。さらに、寝ている間というのは唾液の分泌が少なくなるため、寝ている時に口呼吸などしようものなら菌は繁殖し放題というわけです。

歯科の先生に鼻づまりのことを話すと、
「あぁ、それは充分ありえますね〜。」
と言われました。

真偽のほどは確かめようもありませんが、扁桃炎とそれに起因するIgA腎症、そして虫歯は慢性的な鼻づまりが原因だったと考えて良さそうです。また毎年冬になると悩まされる咳も、ついこのあいだ咳の外来で、鼻炎が関与しているかもしれないと指摘されたばかりです。

そして鼻づまりは睡眠にも影響を及ぼしました。

憎んでも憎みきれない鼻づまり。
これさえなければ人生が違っていたかも…。


スポンサーサイト



人として 患者として | 20:52:31 | トラックバック(0) | コメント(0)
43歳
一昨日の2/17は43回目の誕生日でした。

この時期になると、扁摘パルスでの入院生活を思い出します。あれから4年経ちました。
今年の東京は4年ぶりの大雪に見舞われました。そして冬季オリンピック。

4年前の入院生活はステロイドのおかげで全然眠くならず、夜中にテレビでソチオリンピックを観ていたのは良い思い出です。そしてあの年も東京は大雪が降りました。
そんなわけで、今年の誕生日は何か感慨深いものがありました。

同世代(2学年上)で、今でも一線で活躍されているスキージャンプの葛西紀明選手をずっと応援しています。
4年前に個人ラージヒルで銀メダルを獲った時には本当に嬉しくて、涙が出てしまったのを今でも憶えています。病室で、すごく勇気づけられたものです。

今年は私の誕生日当日が個人ラージヒルでしたが、残念ながら上位には食い込めず。厳しいことはわかっていましたが、45歳の葛西さんが表彰台に登る姿を見てみたかった!
そして今晩は団体戦。状況は厳しいようですが、応援したいと思います。

私はスポーツに限らず、どんな世界でも、長い間継続的に活躍し続ける人を尊敬します。
葛西さんは8回目のオリンピック出場。初出場から実に26年です!

今後どうされるのかはわかりませんが、競技を続ける限り、応援し続けたいと思っています。


日常(寛解後) | 16:46:49 | トラックバック(0) | コメント(0)