■プロフィール

Anesth1975

Author:Anesth1975
麻酔科医です。

健診でIgA腎症が発覚。

医者が患者の立場になってみて初めてわかったこと、感じたことなどを綴っていこうと思います。

'13.12.10 腎臓内科初診
'13.12.17 腎生検目的で入院
'13.12.18 腎生検 
'13.12.21 退院 食事制限開始
'14.01.06 診断確定
'14.01.29 扁摘パルス目的で入院
'14.01.30 口蓋扁桃摘出
'14.02.05 パルス1クール開始
'14.02.12 パルス2クール開始
'14.02.19 パルス3クール開始
'14.02.21 退院 → 4週毎の外来受診
'14.11.04 食事制限解除
'14.12.02 寛解のお言葉を頂戴する
'15.01.27 外来受診8週毎に
'15.09.09 外来受診12週毎に

現在の処方 '14.12.02〜
 オルメテック(20mg) 1錠
 ノルバスク(5mg)1錠

■個別の連絡をご希望の方は以下のフォームをご利用ください

名前:
メール:
件名:
本文:

■クリック頂けると励みになります

にほんブログ村 病気ブログ IgA腎症へ


■ご訪問者数

since Feb.13, 2014

■ブロとも一覧
■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■ランキングに参加しています

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■リンク
肋骨骨折
少々古い話になりますが、2月の中旬頃、右の側胸部に痛みを感じるようになりました。
結構な痛みで、仕事や日常生活はどうにか普通にこなせるものの、右腕を大きく動かすと「う、イテッ!」となります。

そのうち治るだろうと放置していたのですが、日を追うごとに痛みは増してきます。
よくよく探ってみると、ピンポイントに痛い箇所があり、骨か筋肉の痛みのようです。

そこで頭に浮かんだ病名は「肋骨骨折」。
強くぶつけたりした覚えはありませんが、実は…。

年末頃、咳がひどいので専門の外来を受診したことを過去の投稿で書きました。そして年が明けてから良くなってきたと書きましたが、実はその後も風邪をひいては咳がぶり返す繰り返しで、結局ついこの間までゲホゲホやっていて、今でも少々咳が残っています。
もしかして咳のしすぎで肋骨にヒビでも入ったか?

3月の始め頃、同級生の整形外科医に胸の症状と咳のことを話すと、「あぁたぶん肋骨骨折だね〜、ヒビ入ってるんじゃない?」「たまにいるよ」「痛みは1か月くらい続くと思うよ」。
ってことはあと2週間は痛いのかい…。

その後10日くらい経って、痛みは気にならなくなりました。
健康というのはとても有難いものです。



スポンサーサイト



人として 患者として | 22:33:54 | トラックバック(0) | コメント(0)