■プロフィール

Anesth1975

Author:Anesth1975
麻酔科医です。

健診でIgA腎症が発覚。

医者が患者の立場になってみて初めてわかったこと、感じたことなどを綴っていこうと思います。

'13.12.10 腎臓内科初診
'13.12.17 腎生検目的で入院
'13.12.18 腎生検 
'13.12.21 退院 食事制限開始
'14.01.06 診断確定
'14.01.29 扁摘パルス目的で入院
'14.01.30 口蓋扁桃摘出
'14.02.05 パルス1クール開始
'14.02.12 パルス2クール開始
'14.02.19 パルス3クール開始
'14.02.21 退院 → 4週毎の外来受診
'14.11.04 食事制限解除
'14.12.02 寛解のお言葉を頂戴する
'15.01.27 外来受診8週毎に
'15.09.09 外来受診12週毎に

現在の処方 '14.12.02〜
 オルメテック(20mg) 1錠
 ノルバスク(5mg)1錠

■個別の連絡をご希望の方は以下のフォームをご利用ください

名前:
メール:
件名:
本文:

■クリック頂けると励みになります

にほんブログ村 病気ブログ IgA腎症へ


■ご訪問者数

since Feb.13, 2014

■ブロとも一覧
■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■ランキングに参加しています

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■リンク
大腸内視鏡①
5/26(土)に、人生初の大腸内視鏡検査を受けてきました。
胃の内視鏡は職場の検診で毎年受けているのですが、大腸は初めてです。

大腸癌にかかる割合は40歳を過ぎたあたりから上昇すると言われています。
現在の日本人男性の癌で死亡数が多いのは、肺・胃・大腸の順です。近年は喫煙率が下がってきていますので、数十年後には肺癌は現在よりも減ると考えられます。また、胃癌に関してはその大部分でピロリ菌感染が原因となっていることがわかってきました。現在はピロリ菌感染の有無は検査で調べられますし、感染している場合は薬で除菌できますので、胃癌も今後は減りそうです。実際、私が医者になった頃と比べると、最近は胃癌の手術の麻酔をかける機会も非常に少なくなりました。

ちなみに私は生まれてこの方タバコには触ったこともありません。検診でピロリ菌がいないこともわかっています。
だとすると次に危ないのは大腸かな、と。

また今年は鼻の手術も受ける予定なので、年間を通した医療費の額もそれなりに高額になるのはわかっています。所得税の医療費控除のことを考慮すると、お金のかかる医療は今年中にまとめて受けてしまった方が得です(医療費控除についても別の機会に触れようかと思います)。

そんなわけで、そろそろ一度受けておこうかと思い、電車で10分くらいのところにあるクリニックを予約しておきました。
できれば眠った状態でやって欲しかったので、鎮静薬を使って施行していることと、土日でもやっているのを条件にネットで検索し、良さそうなところに決めました。院長は私と同世代の先生です。

検査の前に一度受診が必要ということで、2週間前の5/12(土)にまず初診でかかりました。
綺麗なクリニックで、先生もとても信頼できそうです。
その日は問診、採血、検査の説明、当日の指示がありました。事前のアンケートには職業を書く欄があったので正直に麻酔科医であることも伝えたところ、実際に使用する鎮静薬についても詳しく教えてくれました。
職場で受ける胃の内視鏡の際は鎮静薬を使ってもらえず(医療機関によって方針が違います)、いつもツラいのですが、今回は安心です。

5/26の検査は13:30〜。前の晩の20:00までに夕飯を済ませ、21:00に錠剤の下剤を内服するよう指示。翌朝は9:00から液体の下剤を飲み始め、便が透明の液体(汚くてスミマセン)になるまで飲み続けるようにと…。
また3日前からは食物繊維や脂肪の多い食事は控えるようにとも言われました。

検査当日の様子はまた次回。

スポンサーサイト



人として 患者として | 14:01:09 | トラックバック(0) | コメント(0)
鼻 手術へ②
7/3(火)と7/6(金)に手術を受けることになりました。
1回目は鼻中隔彎曲症に対する手術、2回目は慢性鼻炎に対する手術です。
どちらもさほど長い手術ではないのですが、確実に時間内に終わらせるために2回に分けて行う方針なのだそうです。

日帰り手術とはいえ全身麻酔下に施行しますので、翌日は仕事を休むよう指示されています。7/5は仕事をしても構わないようなのですが、この日も大事をとって休むことにし、7/3〜7/6の4日間はお休みをいただくことにしました。時期的にちょうど「夏季休暇」の名目で休暇を申請できるので好都合でした。医者になって以来、夏休みを夏にとる習慣がないもので…。

2回の手術ともに、必ず付き添いがつくこと・術後はタクシー又は本人以外が運転するクルマで帰ることも誓約しなければならないので、それは私の両親に頼むことにしました。7/3(火)は都内の自宅からクリニックへ行き、術後は父の運転するクルマで千葉の実家に帰り、7/6(金)も父のクルマで実家とクリニックを往復、そのまま7/8(日)まで実家で過ごすことにします。
自宅にいても妻や子供たちの足手まといになりそうなので…(笑)。

あと、術後1ヶ月間は禁酒(!)だそうです。

日帰り手術とはいえ費用もそれなりにかかるため、健康保険組合に「限度額適用認定証」も請求しました。

私にとっては扁桃摘出以来の全身麻酔です。実は6歳の時に鼡径ヘルニアの手術を受けていますので、今回が人生で3回目と4回目の全身麻酔下手術になります。
先日の5/16に術前検査のために受診し、次回は6/20に術前説明を聞きに受診するのですが、その時に全身麻酔の話もあるのでしょう。

手術にせよ麻酔にせよ、当然ながら危険性はないとはいえませんが、とくに心配はしていません。
長年の鼻づまりから解放されることを期待して、7月を待つことにします。

鼻づまり | 09:31:12 | トラックバック(0) | コメント(0)
鼻 手術へ①
すっかりご無沙汰してしまいました。

タイトル通り、鼻を手術することになりました。
ブログの更新をサボっているせいで経緯を記すことができておらず、申し訳ありません。

年末の投稿に書いたように、2/21に受診したのですが、実はその時に手術を決心しました。
ただこれも年末の投稿に書いた通り、手術は鼻炎を「治す」ものではなく「症状を和らげる」ためのもので、やっても改善しない可能性も1割程度あるようです。
手術は日帰りでやってもらえるのですが、術後しばらくは鼻の奥に詰め物をした状態で口呼吸で過ごさねばならないそうで、それが心配です。慢性的に鼻づまりに悩まされてきたせいで、「鼻がつまる」ということにある種の恐怖感があるため、詰め物をした状態でまともに仕事や日常生活ができるのかとても不安です。

とはいえやはり「諸悪の根源」であるこの鼻づまりが良くなる可能性があるならばと、手術を受けることにしました。

人気のクリニックであるため手術の予約も数ヶ月先までいっぱいで、また私も仕事にできるだけ影響しない日程を選びたかったため、かなり先延ばしになってしまい、7月初旬となりました。

手術は2回に分けて行うそうで、7/3(火)と7/6(金)です。
日帰り手術とはいえ全身麻酔下に行うため翌日も仕事は休む必要があるので、2回のうち1回は金曜日にしてもらいたかったこと、鼻に詰め物をして過ごす期間(1回目〜2回目の間)をできるだけ短くしたかったことを考慮した結果、このような日程となりました。
2回目の手術の後も一週間は詰め物をして過ごし、7/13(金)にそれを抜きに行きます。残念ながらこの一週間は短くすることができないそうなのですが、この詰め物はあまり辛いものではないようです。

長くなりそうなので続きは次回にします。

鼻づまり | 14:16:38 | トラックバック(0) | コメント(0)