■プロフィール

Anesth1975

Author:Anesth1975
麻酔科医です。

健診でIgA腎症が発覚。

医者が患者の立場になってみて初めてわかったこと、感じたことなどを綴っていこうと思います。

'13.12.10 腎臓内科初診
'13.12.17 腎生検目的で入院
'13.12.18 腎生検 
'13.12.21 退院 食事制限開始
'14.01.06 診断確定
'14.01.29 扁摘パルス目的で入院
'14.01.30 口蓋扁桃摘出
'14.02.05 パルス1クール開始
'14.02.12 パルス2クール開始
'14.02.19 パルス3クール開始
'14.02.21 退院 → 4週毎の外来受診
'14.11.04 食事制限解除
'14.12.02 寛解のお言葉を頂戴する
'15.01.27 外来受診8週毎に
'15.09.09 外来受診12週毎に

現在の処方 '14.12.02〜
 オルメテック(20mg) 1錠
 ノルバスク(5mg)1錠

■個別の連絡をご希望の方は以下のフォームをご利用ください

名前:
メール:
件名:
本文:

■クリック頂けると励みになります

にほんブログ村 病気ブログ IgA腎症へ


■ご訪問者数

since Feb.13, 2014

■ブロとも一覧
■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■ランキングに参加しています

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■リンク
東京医科大学の裏口入学事件を見て思うこと②
前回のつづきです。
繰り返しますが、ここで述べることには私の憶測が多く含まれます。真偽のほどは定かではない様々な噂を吟味して、私なりの考え方に整理したものです。本当かどうかはわかりません。

前回、入学辞退者がでた場合に補欠合格を誰にするか決める際には、点数以外の部分が影響してきてもおかしくはないと書きました。しかしこれは補欠合格ばかりでなく、正規合格者を選ぶ際にもあり得ることだと思います。どんなに高得点をとっていても、◯浪以上している受験生は合格させない大学がある、なんて話を聞いたこともあります。試験の点数と合格順位が入れ替わる可能性は十分にあると思います。

ただこういう操作ができるのは、2次試験の段階でしょう。1次試験(学力試験)は明確な点数が出てしまうので、ここで操作を加えるのは困難でしょうし、それをやったら明らかに「不正」だと思います。1次試験で何人程度の合格者を出すかは予め決まっているはずなので、それに近い人数になるようにボーダーラインが設定されます。このボーダーラインを少し下げるくらいの操作はできるかもしれません。特定の受験生の点数に下駄を履かせるのは「不正」ですが、合格基準点を決めるのはあくまで大学側の裁量です。人数の制約がある以上、大きく下げるのは難しいと思いますが。

2次試験は通常は面接と小論文ですから、なかなか点数化できるものではありません。逆に言えば、どうにでも点数を決められるということです。
私立大学である以上、大学側にとって都合の良い学生を集めたいと思うのはある意味当たり前なわけです。これを「不正」と言ってしまうと、他学部でのスポーツ推薦や、最近増えているAO入試などは成り立たないでしょう。さらには一般的に私立大学医学部の学費は高額ですから、親にそれを支払えるだけの経済力を求めるのも当然です。

ここで言いたいのは、私立大学医学部合格のためにいわゆる「コネ」を使うにしても、1次試験に合格できるだけの学力がなければ意味がないということです。
「私立大学の医学部なんて、金持ちのバカ息子が行くところだ」と思っている方は今でも多いようです。しかし最近は空前の医学部人気と、学費を下げる大学も増えてきている影響で(それでも十分に高額なのですが)、かなりの難関です。大学受験の情報誌などによれば、最低でも早慶の理工学部と同等程度とされています。はるか昔まで遡れば、そういう時代もあったと聞きますが…。

今回の事件で私が興味を持っているのは、問題となった「加点」がどの段階で行われ、何点の上乗せであったかということです。
ネットニュースを調べた限りではあまり定かではないものの、1次試験で加点していた疑いがあるようです。今後の報道に注目したいと思います。

意外に誤解されがちなのは、今回の事件はあくまで「汚職事件」だということです。
文部科学省の(元)局長が逮捕されましたが、容疑は「収賄」です。息子を裏口入学させたから逮捕されたわけではなく、文科省の幹部として大学に便宜を図った見返りとして、「接待」を受けたから逮捕されたのです。
どうやら私立大学の場合、裏口入学は必ずしも違法行為ではないようですね。もちろん、だからと言って今回の裏口入学を擁護する気は全くありません。この辺りのことはまた次回以降で。

正直にお話ししておくと、私自身も某私立大学を卒業しています。
両親は医者ではなく、親戚にも医者はいません。比較的余裕のある家庭で育ちましたが決してお金持ちではなく、私も当然ながら国公立大学を目指していました。
私が高校3年生だった当時、学費が比較的安く、うちの家庭でもどうにか手が届きそうな私立大学がわずかながらありました。それらの大学であれば受けても良いと両親の許しを得て、大学受験に臨みました。
国公立の医学部であればどこでも良かったので、少しでも受かる可能性が高い所を狙おうと、かなり遠方の(今では飛行機で行くのが当たり前の)地方国立大学を2校受験しました。しかし結局は一歩及ばず、唯一合格した私立大学に入ることになります。両親には本当に迷惑をかけました。

ではまた次回。


スポンサーサイト



麻酔科医として | 00:20:37 | トラックバック(0) | コメント(0)
東京医科大学の裏口入学事件を見て思うこと
鼻の手術は無事に終わり、はや3週間が経とうとしています。

手術のご報告をすべきところなのですが、今回は東京医科大学の裏口入学が発覚した事件について、思うところを書きたくなりました。以下の内容は私の憶測も多く含まれていることをご了承ください。
また予めお断りしておきますが、裏口入学をした学生やその親、裏口入学を受け入れた大学を擁護するつもりは全くありません。絶対にあってはならないことだと思っています。

文部科学省の局長が、大学に便宜を図る見返りとして自身の息子を裏口入学させていたという汚職事件です。今月のはじめ頃に報道されていたかと思います。

私立大学医学部の入学試験では、1次試験と2次試験を課すのが一般的です。1次試験は筆記試験で、これに合格した受験生だけが2次試験に進むことができます。2次試験は面接と小論文で、これをパスして晴れて合格となります。2次試験を点数化している大学もあるとは思いますが、通常はよほど人間性に問題がない限りは、1次試験の点数順に最終合格者が決まっていると思います。
そして合格者から入学辞退者が出ると、不合格者の中から上位の受験生が順次くり上がって補欠合格となります。しかし1次試験で不合格となった受験生が補欠合格することは絶対にありません。

1次試験は満点が400〜500点程度に設定されていることが多いかと思います。近ごろ医学部は大人気で、100名程度の募集定員に対して2000〜3000人以上の受験生が殺到するのはザラです。

さて、400点満点の試験を2000人が受験したとします。仮に1点から満点まで均等に分布したとしても、各点数において同点の受験生が5人存在する計算になります。実際にそんなことはあるわけがなく、1点の中にもっともっと多くの受験生がひしめくことになります。

これはある本を読んで知ったことですが(数字はうろ覚えで適当です)、ある年の某私立医科大学では定員100人に対し、最終的に160人の受験生が合格したそうです。つまり正規合格者100人のうち60人が入学を辞退し、その分60人が補欠合格したということです。そしてなんと正規合格者と補欠合格者の合格ラインの差は、わずか2点しかなかったということです。単純に計算すると、当落線付近では1点の中に30人の受験生がひしめいていたということです。
100位の受験生と101位の受験生が、160位と161位が同点であった可能性も大いにあります。

1人の入学辞退者が出たとして、同点の中にひしめく何人もの受験生のうちの誰を繰り上げ合格させるか?
もちろん面接や小論文が優秀だったという理由で選べればベストなのでしょうが、それは困難でしょう。高校時代の成績を点数化するという手もありますが、それでも同点者は出てしまうでしょう。そこで、色々な思惑が絡んでくるのも不思議ではないと思います。
親が大学OBである。親が医者である。よく噂されるのが幾ら寄付金を払えるのか。多浪生を意図的に外すところもあると聞きます。あるいは性別が影響するところもあるとか…。
このように書くと多くの方は不快に感じると思いますが、私立大学である以上、これらは決して「不正」とは言えないわけです。


・・・。


無計画に書いていると、際限なく長くなってしまいそうです・・・。「で? 何が言いたいの?」と言われてしまいそうですね。
私自身、ここから話をどうやって件の事件に繋げていくのか、きちんとできる自信がありません(・・;)。

今日は一旦ここで打ち切ります。続きは次回以降で。


麻酔科医として | 23:41:16 | トラックバック(0) | コメント(0)
明日、手術です
以前の投稿にも書きましたが、明日7/3、鼻の手術を受けに行ってきます。

明日と、その3日後の7/6にももう一度手術を受けます。
1回目(明日)は鼻中隔彎曲症の手術で、2回目は「後鼻神経切断術」という手術を受けます。
明日から4日間は休暇をいただきました。

全身麻酔や手術に関しては全くといって良いほど心配していないのですが、気懸りなのは明日の手術終了後から2回目の手術を受ける時まで、鼻に詰め物をされてしまうことです。その詰め物にはストローのような管が通っていて、手術直後は鼻は塞がらないようなのですが、結局出血によって塞がってしまうため、鼻では全く呼吸ができない状態になってしまうのだそうです…。

手術の日程を決める際、その期間をできるだけ短くしたいと伝えたところ最短で中2日と言われ、その結果として今回のような日程になったという経緯があります。

2回目の手術の後も1週間詰め物をされてしまうのですが、それは辛いものではないようです。

明日は朝8時にクリニック前で父と待ち合わせして、受付を済ませます。
手術の後の回復室で過ごす時間も含め、お昼頃にはすべて終了するようです。その後父の運転する車で千葉の実家に行き、7/8の日曜日までは実家でゴロゴロしながら過ごすことにします。

今晩0時から絶食、明日の朝6時から絶飲食になります。
妻と子供達は向こうの実家に行っているので、これからひとりで夕飯を食べに出かけることにします。
「最後の晩餐」は何にしようかな…。


人として 患者として | 20:57:35 | トラックバック(0) | コメント(0)