■プロフィール

Anesth1975

Author:Anesth1975
麻酔科医です。

健診でIgA腎症が発覚。

医者が患者の立場になってみて初めてわかったこと、感じたことなどを綴っていこうと思います。

'13.12.10 腎臓内科初診
'13.12.17 腎生検目的で入院
'13.12.18 腎生検 
'13.12.21 退院 食事制限開始
'14.01.06 診断確定
'14.01.29 扁摘パルス目的で入院
'14.01.30 口蓋扁桃摘出
'14.02.05 パルス1クール開始
'14.02.12 パルス2クール開始
'14.02.19 パルス3クール開始
'14.02.21 退院 → 4週毎の外来受診
'14.11.04 食事制限解除
'14.12.02 寛解のお言葉を頂戴する
'15.01.27 外来受診8週毎に
'15.09.09 外来受診12週毎に

現在の処方 '14.12.02〜
 オルメテック(20mg) 1錠
 ノルバスク(5mg)1錠

■個別の連絡をご希望の方は以下のフォームをご利用ください

名前:
メール:
件名:
本文:

■クリック頂けると励みになります

にほんブログ村 病気ブログ IgA腎症へ


■ご訪問者数

since Feb.13, 2014

■ブロとも一覧
■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■ランキングに参加しています

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■リンク
東京医科大学の裏口入学事件を見て思うこと③
ネットニュースを見ていると、「汚職事件」としての報道は影を潜め、入学試験のスキャンダルがクローズアップされるようになってきましたね。まあ、案の定です。
私立医科大学の入試スキャンダルなんて、マスコミにとっては格好の的でしょう。

多浪生不利に女性不利と、私が前回・前々回の投稿で触れた件が明るみ(?)に出てきて、「けしからん!」という論調が多数を占めているようです。
「(?)」と書いたのは、これらの内容は今まで広く知られていなかっただけで、別に隠されていたわけではないからです。私を含め私立大学医学部の関係者であれば多くの人間が知っていたことですし、口止めされているわけでもないので家族や友人にも普通に話します。医療とは全く無関係の人が知っていても、何ら不思議はなかったことなのです。

浪人生不利に関しては、国公立大学でもその傾向が見てとれる大学があります。例えば、この国の大学入試の最難関である東京大学理科Ⅲ類(≒医学部)の合格者は、現役生が毎年7割前後を占めます。8割の年もありました。
逆に、浪人生有利な国公立大学もあります。
現役 or 浪人による有利不利については、試験問題の難易度や出題傾向によって左右される部分も多いので、作為があるとは限らないのですが…。しかし視点を変えれば、現役生(あるいは浪人生)が合格しやすいような試験問題を作る、という時点で作為が働いているとも言えますよね。

こう考えると、公平と不公平の境界線を明確に定めるなんてことは不可能なわけです。
結局は「一定以上の学力を有し、かつ大学側が欲しいと思える人材」が合格するわけです。これは医学部に限ったことではないでしょう。

女性不利についての私の考えも、総論的には上記と同様です。
女性医師の待遇問題については私なりに持論がありますが、デリケートな問題なのでここでは書きません。ただ私の妻も医師ですし、女医さんを貶めるつもりは一切ありません。要はバランスの問題です。

この件に関してYahoo!ニュースのコメント欄を見て思うのは、「世の中の人々は現場のことがわかってないなあ」ということです(まあ当然なのですが)。そんな中で、ある女医を名乗る人物のコメントは非常に説得力があり、公平なものでした。詳細は省きますが、これを男性医師ではなく、女性医師が言っているというところに価値があります。
あるいは、今朝のテレビ番組での某女性タレント(女医)のコメントも、(内容の是非は別として)現場のことがわかっているからこそのものでした。正直なところ彼女のことはあまり好きではありませんが、ちょっと見直しました。ネットニュースで検索すれば読めると思います。

女性不利にせよ浪人生不利にせよ、一次試験の合格者については明確に点数で決定し、「二次試験においては本人の医師としての適性を総合的に判断し、合格者を決定した」と言ってしまえば文句はつけられないでしょう。
ただ今回、東京医科大学が女性や3浪以上の浪人生の点数を「減点していた」と発覚してしまったのは、やはりマズかったでしょうね。


さて、話を裏口入学の件に戻します。
ここ最近マスコミが流しているニュースに関しては、私にしてみれば「何を今さら?」と思うことばかりで、今まで何も知らなかった一般の方々を「私立医大、憎し!」へと煽り立てるのが目的であると思わざるを得ません。
ただ東京医科大学が行った「点数操作による裏口入学」に関しては、やはり著しく公平性を損なうものであると思います。

どうやら件の学生の点数操作は一次試験の段階で行われていたようで、一説には10点の上乗せをしたとか。
前回の投稿をお読みいただければと思いますが、やはり一次試験の点数を、一次試験合格発表の前に操作するのは明らかに「不正」だと考えます。しかももし10点の加点が本当だとすれば、結果的に数百人単位の受験生をゴボウ抜きしていた可能性があります。

もはや件の学生は、顔も名前も白日の下に晒されてしまい、このまま在学し続けるのは困難でしょう。
ではもし今回の件がバレなかったらどうなっていたか?
次回はその辺りの私の考えを述べて、この件は終わりにしようと思います。


スポンサーサイト



麻酔科医として | 23:24:57 | トラックバック(0) | コメント(2)