■プロフィール

Anesth1975

Author:Anesth1975
麻酔科医です。

健診でIgA腎症が発覚。

医者が患者の立場になってみて初めてわかったこと、感じたことなどを綴っていこうと思います。

'13.12.10 腎臓内科初診
'13.12.17 腎生検目的で入院
'13.12.18 腎生検 
'13.12.21 退院 食事制限開始
'14.01.06 診断確定
'14.01.29 扁摘パルス目的で入院
'14.01.30 口蓋扁桃摘出
'14.02.05 パルス1クール開始
'14.02.12 パルス2クール開始
'14.02.19 パルス3クール開始
'14.02.21 退院 → 4週毎の外来受診
'14.11.04 食事制限解除
'14.12.02 寛解のお言葉を頂戴する
'15.01.27 外来受診8週毎に
'15.09.09 外来受診12週毎に

現在の処方 '14.12.02〜
 オルメテック(20mg) 1錠
 ノルバスク(5mg)1錠

■個別の連絡をご希望の方は以下のフォームをご利用ください

名前:
メール:
件名:
本文:

■クリック頂けると励みになります

にほんブログ村 病気ブログ IgA腎症へ


■ご訪問者数

since Feb.13, 2014

■ブロとも一覧
■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■ランキングに参加しています

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■リンク
IgA腎症患者としての私の近況
お久しぶりです。

8月上旬頃にひいた風邪が長引き、例によって咳だけがなかなか治らないという状況が続いていました。それに伴ってか、肩コリがひどくて時に頭痛が起こる始末。
体調が良くないけれど悪いというほどでもなく、仕事にも差し支えることはないけれど元気に働けるわけでもないという日々を過ごしていました。

できるだけ体を休めようと早く寝るよう努めていたら、ブログの更新がすっかりご無沙汰となってしまいました。
体調はようやく戻りました。


10/16に採血採尿、10/20に外来受診してきました。
昨年の1/21の受診(検査は1/10)以来、受診のご報告を全くしておりませんでしたので、まとめてご報告しておこうかと思います。

20172018
01/1003/2806/1309/1211/2802/1304/1707/1710/16
BUN1197.610.510.98.414.28.813.3
Cre0.860.900.820.840.820.880.880.750.90
eGFR7875.082.580.382.576.375.890.374.0
潜血--------
タンパク------±±-

とくに大きな変化はありません。
クレアチニン(Cre)の値は正常範囲内とはいえ若干高めで、糸球体濾過量(GFR)はCre値から計算で出る数字なので、こちらも正常〜軽度低下のあたりをウロチョロしている感じです。まあ問題ないでしょう。

先日の受診でも、主治医によれば「もう腎症の活動性は無いと言えるでしょう」とのことでした。
降圧薬の処方もずっと変わっていません。

日常生活ではIgA腎症のことはほとんど忘れており、食事の制限もしていません。
ただ減塩のクセはついたままで、調味料はあまりかけないようになりました。また、外食では味噌汁や漬物は半分残すことにしています。効果は微々たるものだと思いますが、心構えとして。


今年の夏、私の母方の祖父が97歳で他界しました。冬に患ったインフルエンザがきっかけとなって急に衰え、静かに世を去りました。かといって身体のどこかが悪いというわけでもなく、死因は「老衰」でした。
祖母ももう90歳ですが、まだまだ元気でシャキシャキしています。70年連れ添った祖父を喪って寂しそうではあるものの、介護から解放されたせいか体調は以前にも増して良くなっているように見えます。

祖父母のようにとまではいかないまでも、子供たちのためにもできるだけ長く元気でいたいと思います。



スポンサーサイト



受診報告(寛解後) | 22:41:21 | トラックバック(0) | コメント(0)