■プロフィール

Anesth1975

Author:Anesth1975
麻酔科医です。

健診でIgA腎症が発覚。

医者が患者の立場になってみて初めてわかったこと、感じたことなどを綴っていこうと思います。

'13.12.10 腎臓内科初診
'13.12.17 腎生検目的で入院
'13.12.18 腎生検 
'13.12.21 退院 食事制限開始
'14.01.06 診断確定
'14.01.29 扁摘パルス目的で入院
'14.01.30 口蓋扁桃摘出
'14.02.05 パルス1クール開始
'14.02.12 パルス2クール開始
'14.02.19 パルス3クール開始
'14.02.21 退院 → 4週毎の外来受診
'14.11.04 食事制限解除
'14.12.02 寛解のお言葉を頂戴する
'15.01.27 外来受診8週毎に
'15.09.09 外来受診12週毎に

現在の処方 '14.12.02〜
 オルメテック(20mg) 1錠
 ノルバスク(5mg)1錠

■個別の連絡をご希望の方は以下のフォームをご利用ください

名前:
メール:
件名:
本文:

■クリック頂けると励みになります

にほんブログ村 病気ブログ IgA腎症へ


■ご訪問者数

since Feb.13, 2014

■ブロとも一覧
■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■ランキングに参加しています

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■リンク
医者は魅力ある職業か?③
ネット上の医者専用サイトの掲示板などを見ていると、「給料が安い」と不満ばかり言っているコメントを非常に多く見かけます。まあもっとも満足している人はわざわざコメントなんかしないでしょうから、不満ばかりが目立つのかもしれません。

医者が「給料が安い」と言って「ウソをつく」場合には、それをウソだと分かっている場合と、ウソであることに気づいていない場合があると前回書きました。
これは個人的な考えですが、本気で自身の給料が安いと思っている医者は、親もまた医者である人が多いのではないかと思っています。医者の子が医者になるパターンが多いのは周知の事実です。
子供の頃から恵まれて育っていればそれが当たり前となり、自身が恵まれているということに気づけないのだと思います。そして子供の頃から医者になることを使命づけられていれば、他の職業のことなど理解できないでしょう。給料が安い安いと言いながら、普通にベンツやBMWに乗っていたりするものです。

私は中学・高校時代(中高一貫校でした)の友人との繋がりが今でも強く、全員集まれば8人程度になる仲間と年に3〜4回は飲みに集まります。その中にも一人、医者の子で自分も医者という友人がいるのですが、その彼もやはり仕事がキツいだの給料が安いだのといつも他の仲間に吹聴しまくっていました。
何年か前に私も彼もそれぞれの母校の大学病院で仕事をしていた頃、そろそろ大学を退職して再就職しようかな〜なんて話になったことがありました。
その時の彼のセリフ。
「でもさ〜、クリニックの雇われ院長なんかになったところで、たったの1500万ぽっちだぜ〜。」
この時、(気のせいかも知れませんが)場の雰囲気が一瞬おかしくなったのを感じました。

「医者の給料なんてたかが知れてる」「他の仕事をした方がもっと稼げる」…医者どうしの会話ではよくある論調です。
たしかに、どんなに優れた医師であっても5000万や1億といった超高額の年収を手にするのは至難の技でしょう。とはいえ、あるサイトによれば医師の平均年収は1477万円だそうです。これだけの年収を手にできる人が、この日本にどれだけいるでしょうか?一般社会では、非常に優秀な人が20年30年とキャリアを重ねて、やっとそこまで達するかどうか、といったレベルの金額でしょう。
しかし医師の場合、これは平均値ですから、単純に計算すれば働いた年数×1477万円の生涯所得が得られるわけです。医師免許さえ持っていれば、医師としてさほど優秀ではなくても、勤務態度があまり良くなくても、この程度は十分に稼げてしまいます。

5000万や1億といった年収を稼ぎたいのであれば、あるいは稼げるだけの才能があるならば、たしかに医者になるべきではないでしょう。しかしそれが可能なのはごく少数の限られたほんのひと握りの、いや、ほんのひとつまみの、常人離れした才能の持ち主だけです。

「他の職業についたほうが稼げる」と言っている医者を見ると、「ふーん、あなたはスゴい才能に恵まれているんだね〜」と皮肉を言ってやりたくなります。


スポンサーサイト



麻酔科医として | 20:35:21 | トラックバック(0) | コメント(0)