■プロフィール

Anesth1975

Author:Anesth1975
麻酔科医です。

健診でIgA腎症が発覚。

医者が患者の立場になってみて初めてわかったこと、感じたことなどを綴っていこうと思います。

'13.12.10 腎臓内科初診
'13.12.17 腎生検目的で入院
'13.12.18 腎生検 
'13.12.21 退院 食事制限開始
'14.01.06 診断確定
'14.01.29 扁摘パルス目的で入院
'14.01.30 口蓋扁桃摘出
'14.02.05 パルス1クール開始
'14.02.12 パルス2クール開始
'14.02.19 パルス3クール開始
'14.02.21 退院 → 4週毎の外来受診
'14.11.04 食事制限解除
'14.12.02 寛解のお言葉を頂戴する
'15.01.27 外来受診8週毎に
'15.09.09 外来受診12週毎に

現在の処方 '14.12.02〜
 オルメテック(20mg) 1錠
 ノルバスク(5mg)1錠

■個別の連絡をご希望の方は以下のフォームをご利用ください

名前:
メール:
件名:
本文:

■クリック頂けると励みになります

にほんブログ村 病気ブログ IgA腎症へ


■ご訪問者数

since Feb.13, 2014

■ブロとも一覧
■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■ランキングに参加しています

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■リンク
11/4 外来受診 吉報
11/4に外来受診しました。
結論から先に言いますが、とても嬉しい日になりました。

潜血 − (前回 ±)
蛋白 − (前回 +)

前回の反省を踏まえ、膀胱を十分に満たしてから検査に臨みました(笑)。

12/173/185/136/108/59/910/711/4
蛋白定性+4+1+1-±-+1-
尿中Cre112.04112.7836.5371.14137.32
蛋白/Cre比1.070.210.290.250.210.20
潜血定性+3+2+2±--±-
BUN91056881110
Cre0.980.920.760.750.740.770.780.84
eGFR6974919394908982

主治医「いいですね!予定通り、プレドニンOFFにしましょう。ベネットもタケプロンも中止、と。血圧はどうですか?」
私  「110を切ることが多くなりました。」
主治医「じゃあノルバスクも半分で。ステロイド止めると血圧も下がるかも知れないので。」
私  「今後、食事はどうすれば良いでしょうか…。」
主治医「あぁ、もう気にしないで普通でいいです。」
私  「!!」

思いがけない返答に少々拍子抜けしましたが、嬉しい言葉をいただきました!

主治医「食事を戻せば貧血もBUNも正常化するでしょう。IgA腎症も、治る時代になったんですよね〜。」

ん?治ったってこと?
まあいいでしょう。いずれにせよ、再燃のリスクとつきあい続けることに変わりはありませんので。


受診から数日経ちました。制限がなくなって気楽になったものの、1年近く続けてきた食生活が身に染み付いてしまったようで簡単には変えられないようです。これからも、ほどほどにやっていこうと思います。

スポンサーサイト





受診報告(退院後〜寛解) | 09:10:59 | トラックバック(0) | コメント(7)
コメント
おめでとうございます!
おめでとうございます^^
もう寛解といってもいい感じですよね!
治った、という言葉まで出て素晴らしい~!

ブログを読んでるたくさんのお仲間の励みになります
2014-11-12 水 23:51:39 | URL | りみ [編集]
りみ様
お返事が遅くなりました。

ありがとうございます!
食事制限がなくなったのは正直に嬉しいです。

受診から2週間近く経ちましたが、食生活は実際のところあまり変わっていません。「一病息災」を座右の銘として、これからも健康に気をつけていこうと思います。ただ貧血(ごくわずかなのですが)は治したいですね^^;
2014-11-16 日 21:55:45 | URL | Anesth1975 [編集]
はじめまして。 おめでとうございます
パルス1クール開始から9ヶ月くらいで寛解できるのですねー
人によると思いますけど励みになります。

私はまだ11月5日に1クール終わったばかりで
3ヶ月おきにステロイドを行う方針みたいなので
パルス3クール開始は来年5月くらいになりそうです。

やっぱり口蓋扁桃摘出手術ってやらないといけないんでしょうか?
全身麻酔とか自身の出血しやすいとかのことで、恐れています。
どこかの本に3万人に1人は事故死もあると書いてありました。
病気について知らないことが多くて悩んでいますよろしくお願いします。







2014-11-19 水 09:36:35 | URL | しもっき [編集]
Re: はじめまして。 おめでとうございます
しもっきさん、コメントありがとうございます。

主治医の口から「寛解」という言葉がでたわけではないのですけどね。私の勝手な憶測ですが、仮に寛解(といえる状況)だとしても「寛解です」とは言われないのではないかと思っています。投稿の中でも記しましたが、寛解してもしなくても今後の心構えが変わるわけではないので、ここまで数値が改善して食事の制限もなくなったのであればこれで十分だと思っています。

本当にツイていました。このような公共の場で自身の病気が軽快してゆく様を発信することによって、しもっきさんのように「励みになりました」と仰ってくださる方がいらっしゃるのを嬉しく思う反面、多くの方々に申し訳ないと思う自分がいることもまた事実です。たいした苦労も努力もしてはおりませんので。

長くなってきました。ご質問に対する回答は後ほど改めて。
2014-11-20 木 09:02:08 | URL | Anesth1975 [編集]
完治された方がいらっしゃいます
この病気を薬も使わず、完治させた親子さんを知っています。
ご存知かもしれませんが、豊田美都先生と後藤牧子先生という先生方が書かれた本に載っています。
ぜひ、ご覧になってみてください。
2014-11-20 木 16:58:25 | URL | キャンベル [編集]
Re: 完治された方がいらっしゃいます
ご助言ありがとうございます。
2014-11-21 金 08:00:19 | URL | Anesth1975 [編集]
しもっき様
改めまして。


> やっぱり口蓋扁桃摘出手術ってやらないといけないんでしょうか?

 これに関しては私は医者とはいえ専門外ですので、個人的な意見として言わせて頂きますが…。
 扁桃炎がないのだとしたらやる必要はないのかしれません。私もこれまでに扁桃炎の症状を経験したことはなかったので、実際に受けるまでは扁桃摘出の是非に関しては疑問でした。しかし実際に扁桃を摘出してみたら炎症が起こっていたことがわかり、結果として摘出して良かったと思っています。現状ではやってみなければわからない、ということなのかも知れません。
 私が腎臓内科の先生から受けた説明では、「この治療法はまだ始められてから日が浅いので有意差が出る(統計学的に有効性を証明できること)には至っていない。しかしこのままいけばいずれ有意差は出るだろう。」とのことでした。


> 全身麻酔とか自身の出血しやすいとかのことで、恐れています。
> どこかの本に3万人に1人は事故死もあると書いてありました。

 我々医療従事者が行うすべての行為には、残念ながら100%大丈夫といえるものはありません。麻酔が直接的な原因となって死亡に至る例は10万件に1件と言われています。私も患者さんに麻酔の説明をする際には正直にお話ししています。
 ただ近年は麻酔に用いる道具や薬剤もとても進歩していて、非常に安全になってきているのもまた事実です。

 最終的に治療法を選択するのは他ならぬご自身です。自身で納得して選んだ方針であれば、その結果にも納得できるのではないでしょうか。
2014-11-21 金 08:44:28 | URL | Anesth1975 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する