■プロフィール

Anesth1975

Author:Anesth1975
麻酔科医です。

健診でIgA腎症が発覚。

医者が患者の立場になってみて初めてわかったこと、感じたことなどを綴っていこうと思います。

'13.12.10 腎臓内科初診
'13.12.17 腎生検目的で入院
'13.12.18 腎生検 
'13.12.21 退院 食事制限開始
'14.01.06 診断確定
'14.01.29 扁摘パルス目的で入院
'14.01.30 口蓋扁桃摘出
'14.02.05 パルス1クール開始
'14.02.12 パルス2クール開始
'14.02.19 パルス3クール開始
'14.02.21 退院 → 4週毎の外来受診
'14.11.04 食事制限解除
'14.12.02 寛解のお言葉を頂戴する
'15.01.27 外来受診8週毎に
'15.09.09 外来受診12週毎に

現在の処方 '14.12.02〜
 オルメテック(20mg) 1錠
 ノルバスク(5mg)1錠

■個別の連絡をご希望の方は以下のフォームをご利用ください

名前:
メール:
件名:
本文:

■クリック頂けると励みになります

にほんブログ村 病気ブログ IgA腎症へ


■ご訪問者数

since Feb.13, 2014

■ブロとも一覧
■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■ランキングに参加しています

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■リンク
11/25 歯科治療
予定通り、11/25に歯科治療を受けました。

火曜日の午前中は大学病院にお手伝いに行く日なのですが、この日はお休みして普段の勤務先へ。着替えずに私服のまま歯科外来の待合室に座っていると、通りかかった何人かの患者さんに「先生!」と声をかけられてしまい、ちょっと気マズい感じです。

治療の細かい内容は省きますが、40分程度の小手術でした。
私がお願いしている歯科の先生はとても上手で紳士的で、医者の自分からみてもオススメできる先生です。毎回、局所麻酔の注射でもほとんど痛みを感じることはなく、今回の治療中も全くと言ってもいいほど辛くありませんでした。上の前歯の歯茎の治療なので口を大きく開く必要がなかったのもラクでした。

抗菌薬と鎮痛薬を処方してもらい、ついでに事前に自分で処方しておいた別の鎮痛薬も飲んで午後はいつも通り神奈川県某所の病院に行って麻酔業務。術後はしばらく痛いですよ、と言われていたものの、局所麻酔が切れても大して痛みはでてきませんでした。

その後も押したり洗顔や歯磨きをすると痛い程度で、現在まで鎮痛薬はほとんど必要としていません。ただ翌日くらいから、治療した右側の頬が視界の下の方に妙に見えるようになってきたので鏡をみたところ、右の頬全体が若干腫れていました。他人から見ても分からないレベルだとは思いますが、自分で見るととても変です。3日経った今でも治っていません。

もうすぐ忘年会シーズンです。早く治ってほしいもんです。

スポンサーサイト





受診報告(退院後〜寛解) | 15:33:06 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する