■プロフィール

Anesth1975

Author:Anesth1975
麻酔科医です。

健診でIgA腎症が発覚。

医者が患者の立場になってみて初めてわかったこと、感じたことなどを綴っていこうと思います。

'13.12.10 腎臓内科初診
'13.12.17 腎生検目的で入院
'13.12.18 腎生検 
'13.12.21 退院 食事制限開始
'14.01.06 診断確定
'14.01.29 扁摘パルス目的で入院
'14.01.30 口蓋扁桃摘出
'14.02.05 パルス1クール開始
'14.02.12 パルス2クール開始
'14.02.19 パルス3クール開始
'14.02.21 退院 → 4週毎の外来受診
'14.11.04 食事制限解除
'14.12.02 寛解のお言葉を頂戴する
'15.01.27 外来受診8週毎に
'15.09.09 外来受診12週毎に

現在の処方 '14.12.02〜
 オルメテック(20mg) 1錠
 ノルバスク(5mg)1錠

■個別の連絡をご希望の方は以下のフォームをご利用ください

名前:
メール:
件名:
本文:

■クリック頂けると励みになります

にほんブログ村 病気ブログ IgA腎症へ


■ご訪問者数

since Feb.13, 2014

■ブロとも一覧
■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■ランキングに参加しています

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■リンク
12/2 外来受診 まさかの宣告
12/2(火)の外来受診のご報告です。

子供が保育園でもらってきたと思われるウィルス性腸炎が私にもうつってしまったようで、直前の土日はエラい目に遭いました。月曜日はどうにか仕事には行けたので、発症したのが週末だったのはラッキーでした。

12/2にはだいぶ回復していたものの本調子ではなかったため、少々不安な外来受診でした。

潜血 ± (前回 −)
蛋白 − (前回 −)

12/173/185/136/108/59/910/711/412/2
蛋白定性+4+1+1-±-+1-
潜血定性+3+2+2±--±-±
BUN9105688111011
Cre0.980.920.760.750.740.770.780.840.8
eGFR697491939490898286
(蛋白の定量値が測定感度以下となったため、蛋白/Cre比は時系列表から削除しました)

主治医「先生(私のこと)、イイですね!」
私  「そのようですねぇ。」
主治医「いまのところ完全寛解と言って良いと思います。」
私  「!!」

ビックリのひと言でした。

私  「こんなに早く良くなるとは思いもしませんでしたよ。」
主治医「うーん、これは人によります。」

左の方に記してある通り、腎臓内科に初診でかかったのが昨年の12/10。ちょうど1年で「寛解」のひと言にたどり着いてしまいました。
とんでもない量のタンパク質が尿中に排泄されている現実を目の当たりにした頃から、寛解という言葉までは望まないことにしていましたし、仮に行き着けるとしてももっともっと先のことだと考えていました。ですので、なんだか唖然としていましました。

応援して下さった方々に、そして誰よりも、支えてくれた妻に感謝。
スポンサーサイト





受診報告(退院後〜寛解) | 23:50:10 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する