■プロフィール

Anesth1975

Author:Anesth1975
麻酔科医です。

健診でIgA腎症が発覚。

医者が患者の立場になってみて初めてわかったこと、感じたことなどを綴っていこうと思います。

'13.12.10 腎臓内科初診
'13.12.17 腎生検目的で入院
'13.12.18 腎生検 
'13.12.21 退院 食事制限開始
'14.01.06 診断確定
'14.01.29 扁摘パルス目的で入院
'14.01.30 口蓋扁桃摘出
'14.02.05 パルス1クール開始
'14.02.12 パルス2クール開始
'14.02.19 パルス3クール開始
'14.02.21 退院 → 4週毎の外来受診
'14.11.04 食事制限解除
'14.12.02 寛解のお言葉を頂戴する
'15.01.27 外来受診8週毎に
'15.09.09 外来受診12週毎に

現在の処方 '14.12.02〜
 オルメテック(20mg) 1錠
 ノルバスク(5mg)1錠

■個別の連絡をご希望の方は以下のフォームをご利用ください

名前:
メール:
件名:
本文:

■クリック頂けると励みになります

にほんブログ村 病気ブログ IgA腎症へ


■ご訪問者数

since Feb.13, 2014

■ブロとも一覧
■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■ランキングに参加しています

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■リンク
病気を受け入れるということ
12/2の外来受診で、嬉しい嬉しい「寛解」という言葉を頂きました。

治療を始めた頃、もし寛解したら嬉しくて泣いてしまうかも知れないなと思っていました。

ところが実際に寛解と言われてみると、勿論ものすごく嬉しかったのですが、意外とあっさりとその言葉を受け止めていました。前回の投稿で記したように、あまりにも意外で唖然としてしまったからというのもあるかと思います。

あれから5日が経過しましたが、私の毎日は以前と同じように流れています。

自分なりにこの心境を分析してみて思ったのは、私はIgA腎症という病気をすでに受け入れており、この病気と共存して生きて行くことに対する覚悟がある程度できていたのではないかということです。

私は麻酔科医です。これまでの15年間、手術を受ける多くの患者さんと関わってきました。そして中には厳しい状況にある患者さんもたくさんいました。しかし手術の前日に麻酔の説明をしに行くと、そのほとんどの人達は冷静に私の話を聞いて下さり、「よろしくお願いします」と言ってくれました。それがどんな気持ちなのか想像ができずにいましたが、今は少しわかるような気がします。ヒトの強さというものを、漠然とではありますが感じています。

幸い私は大した苦労もしておらず、しかもたったの1年でここまで来てしまいました。ですのでこの投稿は、病気と戦う多くの人々に対して失礼な内容であるかもしれません。しかしこの経験は間違いなく私のこれからの仕事にプラスになると思います。

スポンサーサイト





人として 患者として | 22:09:53 | トラックバック(0) | コメント(3)
コメント
ステ服用中の風邪薬
はじめまして、最近、先生のブログ読むようになりました。
寛解おめでとうございます!
今朝、息子が風邪を引いたようで、葛根湯を服用させて学校へ送り出したのですが・・・ 前に貰ってる抗生剤+PL顆粒とかの方が良かったのかと・・・ 腎臓内科に診て貰ったほうがいいのか、近医でいいのかも不安です。 扁桃とった耳鼻科も予約制で人気があり一ヶ月先とかしかあいてなく診てもらえません・・・
不安な気持ちをこちらにぶつけてしまってすみません。
2014-12-16 火 11:17:20 | URL | igaママ [編集]
Re: ステ服用中の風邪薬
コメントありがとうございます。私もigaママさんのブログは拝見していますよ。
お返事が遅くなり、申し訳ありません。

IgA腎症であることやステロイド服用中であることを話せば、医師であれば専門分野が何であれ、ある程度の判断はできるのではないかと思います。私は麻酔科医ですが、風邪や腹痛といった一般的な内科診察は一応できるつもりではいます。

IgA腎症に関する詳しい知識はないとしても(恥ずかしながら私自身も自分がかかるまではそうでした)、ステロイドという薬の特徴や注意点は医師であれば知っているでしょうし、腎機能に影響する薬剤を選択肢から外すこともできると思います。

ご心配ならばやはり医師の診察を受けるのが良いかと。まあ個人的には、風邪をひいたら暖かくして軽く酒を飲んで寝るのが一番!と思っていますが(笑。高校生にお酒はダメですね)。

話は少々逸れますが、私は鼻咽腔治療に通い始めてからは風邪らしい風邪はひかなくなりました。

あまり答えになっておらず、申し訳ありません。
これからもブログを拝見させていただきます。お互いに頑張りましょう。
2014-12-18 木 22:29:17 | URL | Anesth1975 [編集]
お返事ありがとうございます
丁寧に説明してくださってありがとうございます。
先生から麻酔を受ける患者さんは安心だろうな~って
印象を受けました。 術前、不安でいっぱいですもん。

腎内じゃないと!?と不安に思ってましたが、
医師なら当たり前の知識ですよね。安心しました。

不安だったので、腎内に電話したら、これまた丁寧に教えてくださり
家にある薬2種類を服用させて経過観察中です。

私、息子の風邪がうつって、ダウン中です。
暖かくして、卵酒でも作って、寝るとします^^

お仕事頑張って下さい^^

2014-12-19 金 22:01:14 | URL | igaママ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する