■プロフィール

Anesth1975

Author:Anesth1975
麻酔科医です。

健診でIgA腎症が発覚。

医者が患者の立場になってみて初めてわかったこと、感じたことなどを綴っていこうと思います。

'13.12.10 腎臓内科初診
'13.12.17 腎生検目的で入院
'13.12.18 腎生検 
'13.12.21 退院 食事制限開始
'14.01.06 診断確定
'14.01.29 扁摘パルス目的で入院
'14.01.30 口蓋扁桃摘出
'14.02.05 パルス1クール開始
'14.02.12 パルス2クール開始
'14.02.19 パルス3クール開始
'14.02.21 退院 → 4週毎の外来受診
'14.11.04 食事制限解除
'14.12.02 寛解のお言葉を頂戴する
'15.01.27 外来受診8週毎に
'15.09.09 外来受診12週毎に

現在の処方 '14.12.02〜
 オルメテック(20mg) 1錠
 ノルバスク(5mg)1錠

■個別の連絡をご希望の方は以下のフォームをご利用ください

名前:
メール:
件名:
本文:

■クリック頂けると励みになります

にほんブログ村 病気ブログ IgA腎症へ


■ご訪問者数

since Feb.13, 2014

■ブロとも一覧
■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■ランキングに参加しています

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■リンク
四十路 時期外れの夏休み
今日は(もう日付は替わってしまいましたが)私の40回目の誕生日でした。
とうとう40です(-_-)。

私の父親が40歳になった時の私は小学校5年生でしたが、当時は父親のことが随分とオッサンに見えたものでした。自分自身は20代の頃と大して変わっていないつもりではいますが、子供や若い人達から見れば私もすっかりオッサンに見えるのでしょうね。

今週は時期外れもいいとこの夏休みをいただいています。
土曜日から月曜日は浜名湖旅行、誕生日当日の火曜日は久々に妻と二人でデートでした。水曜日から金曜日はお泊まりディズニーの予定。天気予報によればかなり寒くなるようですが…。

思えば昨年の誕生日はステロイドパルス中の病室で迎えたものでした。なんだかあっという間の1年でした。
スポンサーサイト





日常(寛解後) | 00:24:04 | トラックバック(0) | コメント(5)
コメント
igaに悩まされている35歳男性です。
去年の11月にigaと診断され12月に扁桃腺をとりステロイドパルスも12月から1月初めにかけておわりましたが潜血と蛋白が一度減ったんですがまたでてきています。。。。Bスポット治療もして現在治療中です。まわりに同じ病気の人がいないのでとても不安でまいにちがくるしいです。。一つ質問なんですが毎日のおしっこのいろって寛解するまえとかわりましたか???最近いつも濃い黄色なのでとても不安です、あと蛋白が出ると泡が出るというんですがおしっこって上から落ちればあるていど泡立ちますよね?そこらへんの見かたとかあればおしえてください。 なおるまで病巣の原因となるぜんぶをつついていこうかと思っています。
2015-03-04 水 18:45:27 | URL | igaに悩まされている35歳男性です。 [編集]
Re: igaに悩まされている35歳男性です。
同志の方からのコメント、とても嬉しいです。ありがとうございます。

昨年春頃の投稿をご覧いただければと思いますが、私も潜血に関してはパルス直後はマイナスになったものの、その後しばらくは陽性に転じています。ステロイドパルス療法というのは本当に尋常ではない大量のステロイドを投与しますので、その強力な抗炎症作用により一旦は良くなるものの、止めれば再びデータが悪くなるのはある程度仕方ないのではと考えています(正しいか否かはわかりません)。

尿の色や泡立ちに関しては主観的なものなので、その時その時の感情によって良く見えることも悪く見えることもあると思います。ですので私はこれらのことはほとんど無視していました。色の濃淡に関しては水分の摂取量にも左右されますしね。客観的な検査データだけを信じるようにしていました。ちなみにタンパクが陰性となった今でもそれなりに泡立ちますよ。

この仕事をしていると、同年代や若い人で重い病気を抱えた患者さんに多く出会います。自分がIgA腎症と診断された時、治る可能性があり、治らなくても生きてはいける病気であっただけむしろラッキーだと思いました。生きていれば身体にそれなりの支障がでてくるのは当たり前。我々男性であれば頭髪が薄くなる、お腹が出てくる、体臭があるといったこともそれに含まれると考えることにしています。幸い私はそれらとは(今のところ)無縁なので、その替わりに病気を与えられたのだと思えば、まあ納得できなくもありません。

私も寛解したとはいえ、楽観してよいとは思っていません。鼻咽腔治療は続けていますし、食事に関しても制限はなくなったものの、減塩に努めるようにはしています。塩分を控えて血圧を抑えれば、動脈瘤破裂や脳出血などで命を落とす可能性はかなり低くなるはずです。IgA腎症になった替わりにこれらの致死的な病気にならずに済むのであれば、ある意味ツイているのかも知れません。

長くなった上にあまり答えになっておらず、申し訳ありません。
お役にたてれば幸いです。
2015-03-04 水 22:42:17 | URL | Anesth1975 [編集]
病院の先生も教えてくれなかったので、本当にたすかります!!
とにかくきにしないことも大事ですね。。 まだパルスをして3ヶ月ちょっとです、これからですかね、、なかなか病院の先生がわからないばっかりで、このさき悪くなった場合どんな治療するとか聞いても、こたえてくれません。。。 プレドニンも数値がよくなってないのにすでにもう10グラムまで落とされています。それであってるのかな??ととても不安になってきます、ステロイドのせいで顔は腫れるし、顔に産毛がたくさん生えてくるし、体には湿疹がでるし、なんとなくだるい。。ブログを読むとみんなもそうなんだと少し元気が湧きます。
長々すみません!!返信ありがとうございました!!
2015-03-05 木 11:58:13 | URL | igaに悩まされている35歳男性です。 [編集]
はじめまして
私も先月、腎生検後にIGA腎症と言われました。29歳にして血圧も高いです。ひとつ不安な事があります。
前職は管理栄養士ですが、また管理栄養士として働きたいと思っています。
この病気がある事で採用に不利になる事はあるんでしょうか。
2015-03-21 土 01:14:49 | URL | あつこ [編集]
Re: はじめまして
コメントありがとうございました。

2014年の2月〜6月ころの投稿をご覧いただければと思いますが、私はIgA腎症になってから2回職場を替えました。1回目は病気が発覚する前から決まっていた話で、治療のために2ヶ月入職を延ばしてもらっただけで済みました。その後わずか2ヶ月で再び職場を移るハメになりましたが、それはIgA腎症とは全く関係ない事情であり、次の職場(つまり現在の職場です)を探す際にも全く影響はありませんでした。

もちろん病気のことは正直にお話しし、月に一回の外来受診が必要であること(当時)、仮に治らなくても仕事に影響を及ぼすことはないということは説明しました。2回目の就職活動はかなり慌ただしいものであり、急いで複数の病院に面接に行きましたが、幸いすべての病院から採用したいとの報せをいただきました。

私の例はある意味特殊ですのであまり参考にならないかも知れません。しかし同じ病気を持つ同志の方々のブログを拝見しても、職を失ったという方は今のところ見かけませんよ。

この病気になった時、私も栄養士さんにはとてもお世話になりました。是非またお仕事に復帰できるようお祈りいたします。
2015-03-22 日 00:04:49 | URL | Anesth1975 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する