■プロフィール

Anesth1975

Author:Anesth1975
麻酔科医です。

健診でIgA腎症が発覚。

医者が患者の立場になってみて初めてわかったこと、感じたことなどを綴っていこうと思います。

'13.12.10 腎臓内科初診
'13.12.17 腎生検目的で入院
'13.12.18 腎生検 
'13.12.21 退院 食事制限開始
'14.01.06 診断確定
'14.01.29 扁摘パルス目的で入院
'14.01.30 口蓋扁桃摘出
'14.02.05 パルス1クール開始
'14.02.12 パルス2クール開始
'14.02.19 パルス3クール開始
'14.02.21 退院 → 4週毎の外来受診
'14.11.04 食事制限解除
'14.12.02 寛解のお言葉を頂戴する
'15.01.27 外来受診8週毎に
'15.09.09 外来受診12週毎に

現在の処方 '14.12.02〜
 オルメテック(20mg) 1錠
 ノルバスク(5mg)1錠

■個別の連絡をご希望の方は以下のフォームをご利用ください

名前:
メール:
件名:
本文:

■クリック頂けると励みになります

にほんブログ村 病気ブログ IgA腎症へ


■ご訪問者数

since Feb.13, 2014

■ブロとも一覧
■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■ランキングに参加しています

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■リンク
麻酔科医のあり方について
先日、退院した患者さんからお手紙をいただきました。
骨折の手術のために入院し、私が麻酔をかけた患者さんで、退院後の外来受診で来院された際に病院の受付にお手紙を託してくださったようです。

その内容に、入院中に私が患者さんの部屋に何度も(数回なのですが)足を運んだことに対してとても感謝している、心強かった、というものがありました。

私は、麻酔科医の存在など患者さんには忘れ去られてしまうくらいが丁度良いと思っています。治療するのは言うまでもなく各科の主治医ですし、だいたい麻酔科医が目立つ時というのはほとんどの場合、患者さんにとって良くない事態が生じた時なのです。
例えば手術後の痛みに関して言えば、とくに痛くなければ「なんだ、手術の痛みってこんなもんか」と思うはずで、それは私の仕事が上手くいったことを意味するわけです。

ですので普段からあまり目立たないように仕事をしてきましたが、非日常的で不安な環境にある患者さんにとっては、医者が顔を見に来るだけでも意義のあることなのだろうと思わされました。

仕事のしかたを少々改めるべきなのかも知れません。
スポンサーサイト





麻酔科医として | 00:47:48 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する