■プロフィール

Anesth1975

Author:Anesth1975
麻酔科医です。

健診でIgA腎症が発覚。

医者が患者の立場になってみて初めてわかったこと、感じたことなどを綴っていこうと思います。

'13.12.10 腎臓内科初診
'13.12.17 腎生検目的で入院
'13.12.18 腎生検 
'13.12.21 退院 食事制限開始
'14.01.06 診断確定
'14.01.29 扁摘パルス目的で入院
'14.01.30 口蓋扁桃摘出
'14.02.05 パルス1クール開始
'14.02.12 パルス2クール開始
'14.02.19 パルス3クール開始
'14.02.21 退院 → 4週毎の外来受診
'14.11.04 食事制限解除
'14.12.02 寛解のお言葉を頂戴する
'15.01.27 外来受診8週毎に
'15.09.09 外来受診12週毎に

現在の処方 '14.12.02〜
 オルメテック(20mg) 1錠
 ノルバスク(5mg)1錠

■個別の連絡をご希望の方は以下のフォームをご利用ください

名前:
メール:
件名:
本文:

■クリック頂けると励みになります

にほんブログ村 病気ブログ IgA腎症へ


■ご訪問者数

since Feb.13, 2014

■ブロとも一覧
■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■ランキングに参加しています

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■リンク
存在価値 おまけ
前回は職場での自分の存在価値について思うところを書きましたが、今日それをまた少し感じられることがあったので記しておこうと思います。

医師であればその多くは自身の専門領域に関する学会の学会員になっており、かく云う私も日本麻酔科学会という学会に所属しています。我々の学会では麻酔科医としての経験や試験の結果に応じて、下から順に認定医→専門医→指導医という資格が与えられます。これらの資格の有無と麻酔科医としての能力とは必ずしも一致するものではないのですが、一定レベルの修行を積んだという証しにはなります。私も指導医資格を持っています。

専門医または指導医の資格を持った麻酔科医が常勤として所属していて、かつ麻酔の設備や手術件数など一定の基準を満たしている病院は、学会の審査を通過すると認定病院として認められます。
私の病院も基準を満たしていたので、先日学会に認定病院の申請をしたところ無事に受理され、認定証が届きました。今日、スタッフがそれを仰々しく額に入れ、手術室の入口に掲示してくれました。



ちょっと箔がついた感じです(笑)。

認定病院になったからといって別に何かが変わるわけでもないのですが、患者さんに対して「この病院はきちんとした麻酔を受けられますよ」というアピールには一応なるかと思います。私が居ることによって病院のアピールポイントがちょっとでも増えるのであれば、自分も少しは役立っているのかなと思えた出来事でした。
スポンサーサイト





麻酔科医として | 23:39:24 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する