■プロフィール

Anesth1975

Author:Anesth1975
麻酔科医です。

健診でIgA腎症が発覚。

医者が患者の立場になってみて初めてわかったこと、感じたことなどを綴っていこうと思います。

'13.12.10 腎臓内科初診
'13.12.17 腎生検目的で入院
'13.12.18 腎生検 
'13.12.21 退院 食事制限開始
'14.01.06 診断確定
'14.01.29 扁摘パルス目的で入院
'14.01.30 口蓋扁桃摘出
'14.02.05 パルス1クール開始
'14.02.12 パルス2クール開始
'14.02.19 パルス3クール開始
'14.02.21 退院 → 4週毎の外来受診
'14.11.04 食事制限解除
'14.12.02 寛解のお言葉を頂戴する
'15.01.27 外来受診8週毎に
'15.09.09 外来受診12週毎に

現在の処方 '14.12.02〜
 オルメテック(20mg) 1錠
 ノルバスク(5mg)1錠

■個別の連絡をご希望の方は以下のフォームをご利用ください

名前:
メール:
件名:
本文:

■クリック頂けると励みになります

にほんブログ村 病気ブログ IgA腎症へ


■ご訪問者数

since Feb.13, 2014

■ブロとも一覧
■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■ランキングに参加しています

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■リンク
「なりたい自分」になれますか?
静かにコンピュータの前に座る時間ができたので、珍しく連日の投稿です。

医学部の5年生として病院実習をしていた頃、ある先生に言われたことが今でも心に残っています。
「優れている人の真似をしようとしたってなかなかできるものではない。でも他人の悪いところを真似しないようにするのならできるだろう?」
という内容でした。

私には医師として誰よりも尊敬する大先輩が一人います。その先生に少しでも近づきたいと思ってはいるものの、とにかくスゴすぎて、おそらく追いつくことはできないでしょう。

毎日色々な人と関わっていれば、不快な思いをすることも残念ながら多々あります。或いは自分にとってはあまり不快でなくても、他人からは嫌がられるような人に出会うこともあります。
なぜ自分は不快なのか?なぜこの人は嫌がられるのか?それに気付くことができれば、それを真似しないように努める。もし自分にも同じような心当たりがあれば、(すぐに直せるかどうかは別として)それを教訓にする。

「なりたくない自分」にならない努力をすれば、もしかしたら「なりたい自分に」近づけるかもしれません。
ふとそんなことを考えたりします。
スポンサーサイト





人として 患者として | 23:12:20 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する