■プロフィール

Anesth1975

Author:Anesth1975
麻酔科医です。

健診でIgA腎症が発覚。

医者が患者の立場になってみて初めてわかったこと、感じたことなどを綴っていこうと思います。

'13.12.10 腎臓内科初診
'13.12.17 腎生検目的で入院
'13.12.18 腎生検 
'13.12.21 退院 食事制限開始
'14.01.06 診断確定
'14.01.29 扁摘パルス目的で入院
'14.01.30 口蓋扁桃摘出
'14.02.05 パルス1クール開始
'14.02.12 パルス2クール開始
'14.02.19 パルス3クール開始
'14.02.21 退院 → 4週毎の外来受診
'14.11.04 食事制限解除
'14.12.02 寛解のお言葉を頂戴する
'15.01.27 外来受診8週毎に
'15.09.09 外来受診12週毎に

現在の処方 '14.12.02〜
 オルメテック(20mg) 1錠
 ノルバスク(5mg)1錠

■個別の連絡をご希望の方は以下のフォームをご利用ください

名前:
メール:
件名:
本文:

■クリック頂けると励みになります

にほんブログ村 病気ブログ IgA腎症へ


■ご訪問者数

since Feb.13, 2014

■ブロとも一覧
■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■ランキングに参加しています

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■リンク
仕事を「する」ということについて
3月の初旬に病院の全職員を対象にした講習会が予定されており、講師の依頼を受けています。何事も直前にならないとなかなかやる気にならないのは悪いクセですが、明日からその準備に取りかかるつもりです。

テーマは人工呼吸。麻酔科医の仕事は言うまでもなく「麻酔をかける」ことですが、これは単に「眠らせる」ことや「痛みをとる」ことだけではなく、手術を受けている患者さんの全身を管理することを意味しています。麻酔や手術という、生理的な状況とは著しく異なる状況にある患者さんの身体を、できる限り通常と同じ状態に保ち、手術が終わったらまた元に戻します。
そのため我々は蘇生も得意としており、呼吸管理も麻酔科医の得意分野のひとつです。

これまで医学部の学生や看護学生の授業を受け持つ機会も多くありましたが、その都度思うのは、「講義をしても理解してもらえなければ意味がない」ということ。ただ自分勝手に喋るだけでも狭い意味で「講義をした」ことにはなるのでしょうが、理解してもらえなければ本来の意味で自分の任務を遂行したことにはならないと考えます。

これは何事にも通じるのではないでしょうか。医師の仕事であれば例えばカルテを書くということ。他人が見ても読めないような、何が書いてあるのかわからないようなカルテを書く医師はたくさんいます。そもそも何のためにカルテ(=記録)を残すのか?言うまでもなく、後で見返すためでしょう(実際に見返すかどうかは別として)。そして見返すのは自分とは限りません。だとすれば他人が読めないカルテなど書いたとしても、何も書いていないのと同じです。「読めない記録は記録じゃない」と、後輩などには言うようにしています。
字がキレイかどうかという問題ではなく、きちんと記録として残す意図が有るかどうかということです。カルテを見るだけでも、ある程度その医師の人となりは読み取れると思います。

話は逸れましたが、今回の講習会も、引き受けた以上はきちんとやりたいと思います(正直面倒なのですが…)。以前にも書きましたが、私は自分の力で病院や患者さんに貢献することはできません。私の立場など常に不安定なものです。できることなら聞いてくれる職員の人たちにとって、少しは役に立つような話をして、「〇〇先生、使えるじゃん」と思ってもらえたらなと思います。

今回も長くなりました。
ちなみに明後日は外来受診です。またご報告します。
スポンサーサイト





麻酔科医として | 22:46:57 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する