■プロフィール

Anesth1975

Author:Anesth1975
麻酔科医です。

健診でIgA腎症が発覚。

医者が患者の立場になってみて初めてわかったこと、感じたことなどを綴っていこうと思います。

'13.12.10 腎臓内科初診
'13.12.17 腎生検目的で入院
'13.12.18 腎生検 
'13.12.21 退院 食事制限開始
'14.01.06 診断確定
'14.01.29 扁摘パルス目的で入院
'14.01.30 口蓋扁桃摘出
'14.02.05 パルス1クール開始
'14.02.12 パルス2クール開始
'14.02.19 パルス3クール開始
'14.02.21 退院 → 4週毎の外来受診
'14.11.04 食事制限解除
'14.12.02 寛解のお言葉を頂戴する
'15.01.27 外来受診8週毎に
'15.09.09 外来受診12週毎に

現在の処方 '14.12.02〜
 オルメテック(20mg) 1錠
 ノルバスク(5mg)1錠

■個別の連絡をご希望の方は以下のフォームをご利用ください

名前:
メール:
件名:
本文:

■クリック頂けると励みになります

にほんブログ村 病気ブログ IgA腎症へ


■ご訪問者数

since Feb.13, 2014

■ブロとも一覧
■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■ランキングに参加しています

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■リンク
血糖値
高血糖もステロイドパルス療法の代表的な副作用ですね。

調べたところでは40歳以上の方に多いとのこと。
自分はもうすぐ39歳。ビミョーなところです。

これまでに9回の血糖測定がありました。結果は以下の通りです(単位はmg/dl)。

      起床時   朝食2時間後 昼食2時間後 夕食2時間後
2/5                        191       187
2/6     126       152       152       160
2/7     115       141       148

血糖値には「空腹時血糖」と「随時血糖」があり、この場合は起床時の測定値が前者に当たります。これが126以上だと糖尿病と診断されます。起床時以外の3回の測定値は随時血糖に当たりますが、これが200以上の場合も糖尿病の診断基準を満たすことになります。
←おおまかに書いています。また診断基準は時代とともに変化しますので、もしかしたら違っているかも知れません。

2/5は、午前中にまだ耳鼻咽喉科病棟に入院中だった時にステロイド投与しました。血糖測定の指示は内科病棟にしか出ていなかったため、朝の2回は測定していません。
昼食後に191、夕食後に187。200はきっていますが、なかなかの高値で驚きました。さすがはステロイドです。

2/6の起床時が126。やっぱり高めです。あとの3回は意外に大丈夫。
2/7もだいたい前日と同じくらいか。大丈夫そうならば測定は止めるとのことだったので、夕食後に測定されなかったのは、大丈夫だと判断されたということなのでしょう。


異常な高値になったとしてもまぁ仕方がないかな、と思ってもいました。
麻酔科医的な発想で言えば、異常な反応であってもその原因がわかっていれば対処のしようはあります。本当に怖いのは原因がわからない、あるいは原因が想定できない異常反応です。今回の血糖値の上昇は、その原因がステロイドであることはほぼ間違いないわけです。

まぁなんにせよ、ホッとしました。
スポンサーサイト





パルス 1クール | 00:13:44 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する